JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー

ニュース

SAMURAI BLUE 全28選手がハノイに集結

2021年11月10日

SAMURAI BLUE 全28選手がハノイに集結

SAMURAI BLUE は9日(火)18時から、ハノイで2度目となるトレーニングをHang Day Stadiumで行いました。この日のトレーニングは冒頭15分のみメディアに公開されましたが、その短時間に地元・ベトナムのメディア各社が取材のため来場、ベトナム国内におけるサッカーの関心の高さをうかがい知る一幕となりました。

8日夜にハノイに到着した12選手を加えた17選手がこの日、トレーニングを行いました。ウォーミングアップの後は非公開トレーニングに突入。11日(木)のベトナム代表戦での勝利のために、それぞれが集中力を高めながらトレーニングに没頭していました。

その後22時過ぎにヨーロッパで所属クラブの試合を終えた11人選手がハノイに到着。途中、行程が遅延する時間もありましたが、当日中に選手たちはチームホテルに入りました。直ちにコロナウイルス検査を受け、いよいよ翌日のトレーニングから招集全28選手が揃い、ベトナム代表戦に向けた活動を行います。

選手コメント

DF 長友佑都 選手(FC東京)
ベトナム代表の試合映像を見ましたが、後ろのスペースをしっかり消して、前にもボールを運べてスピードのある選手がいる印象です。相手が攻めた後のカウンターが強みでもあるので、ケアして連動性を高めなければと感じました。自分の中では2019年のアジアカップでの印象がすごく残っていて、非常に良いチームで多くチャンスを作られました。その試合は勝ちましたが、難しい試合で強いチームだった印象です。その彼らがまだ勝ち点を取れていないのが不思議だとも感じています。次の試合でもブロックを作って中央を締めてくるかもしれませんが、外では勝負できる印象です。裏への対応時のポジショニングの隙を突き、中央も大きい選手がそこまでいないので、良い質のクロスを上げられれば得点になると思います。サイド攻撃と裏をいかに狙えるか、しっかりと話し合っていきたいと思います。

MF/FW 田中碧 選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
長距離移動で合流し疲労は多少あるとは思いますが、個人的にはドイツ2部リーグでの移動の方が大変なので大丈夫です。コンディションは実際にやってみないと分からないところもありますが、今のところはそこまで疲労は感じていません。前回のオーストラリア戦を経て周囲の期待をすごく感じていますし、嬉しいことです。次のベトナム戦もただ、チームが勝てれば良いと思っています。今は勝つことが1番ですし、ワールドカップに行きたいという思いは選手だけではなく、日本全体が望んでいることだと思います。誰が試合に出ても2連勝すれば良いし、自分も貢献できれば良い。前回以上のパフォーマンスができればと思っています。

MF/FW 浅野拓磨 選手(VfLボーフム/ドイツ)
前回のオーストラリア戦は、オウンゴールになりましたが途中から出場して得点に絡んで、チームは勝利することができました。今までの積み重ねがたまたまあの試合でああいった結果になったと思いますし、毎試合「自分がやってやるぞ」という気持ちは持っているので、その気持ちでまずはベトナム戦に向けて良い準備をしたいです。自分自身、どのポジションで出るかによって役割は変わりますが、常にゴールは目指しています。今回も全員で練習をして合わせられる機会は限られていますが、大事なのは代表で集まった時でもチームでやっていること、個人個人のプレーを100%出すことだと思います。ピッチの11人が合わさったときに、チーム力が上がっていれば良いと感じています。

MF/FW 上田絢世 選手(鹿島アントラーズ)
SAMURAI BLUEに招集されたのは久しぶりですが、クラブでの活動を認めてもらえたのは自信になりました。すごく嬉しいですし、プレーで表現したいと思います。今回招集された選手の数は多いですが、同じ特長を持っている人はいないし、自分にしかできないことをピッチの中で表現して、必要だと思ってもらえれば試合に出られると思います。動き出しの幅や種類、タイミングは引き出しを増やしてきたつもりです。まずは味方のプレースタイル、ボールの持ち方、くせを理解して、顔を上げるタイミングを見つけて、トライして、うまくすり合わせていければと考えています。自分自身はベトナムとは世代別でしか対戦したことがないですが、個々の技術も高いチームだと思います。球際含めて粘り強く戦っていきたいと思います。
自分が小さい頃から日本はワールドカップに出場してきましたが、それはすごく難しいことですし、ギリギリまで粘って勝ち得た大会もあったと思います。今回も同じで、難しい状況であることは間違いありません。粘り強く、日本らしく戦えたらと思うし、簡単な試合は無いと思うので、得点などでチームの助けになれたらと思います。

アジア最終予選(Road to Qatar)

2021年11月11日(木) 19:00 キックオフ(日本時間 21:00)vs ベトナム代表
会場:ハノイ(ベトナム)/My Dinh National Stadium
大会情報はこちら

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • Toyo Tire Corporation
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー