JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー

ニュース

SAMURAI BLUE 11月最終予選に初招集2人を選出、森保監督「最高勝点獲得」へ意欲

2021年11月05日

SAMURAI BLUE 11月最終予選に初招集2人を選出、森保監督「最高勝点獲得」へ意欲

SAMURAI BLUE(日本代表)の森保一監督は11月4日(木)、FIFAワールドカップカタール2022へと続くアジア最終予選(Road to Qatar)のベトナム代表戦(11日、ハノイ)とオマーン代表戦(16日、マスカット)に臨む日本代表メンバーを発表。三笘薫選手(ユニオン・サンジロワーズ)と旗手怜央選手(川崎フロンターレ)が初選出となり、指揮官は「全力で戦い最高の勝点を勝ち獲る」と強い意気込みを述べました。

最終予選を戦う中でこれまでにはなかったアウェイ2連戦へ向けて、コロナ禍で選手の途中入れ替えが難しいことを考慮して27人を招集。今夏からベルギーへ活躍の場を移した三苫選手、川崎のJリーグ2連覇に貢献した旗手選手をはじめ、Jリーグ得点ランクトップの前田大然選手(横浜F・マリノス)や上田綺世選手(鹿島アントラーズ)が2019年以来の代表復帰となり、東京オリンピックで活躍した顔ぶれが加わりました。

リーグ優勝を決めたばかりの川崎から、谷口彰悟選手と山根視来選手も名を連ね、それぞれ今年6月、9月以来の代表活動です。元同僚で10月のオーストラリア戦で得点を決めた田中碧選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)や、所属チームで好調を維持している古橋亨梧選手(セルティック)、冨安健洋選手(アーセナル)も引き続き選出されています。

また、負傷の影響で招集が懸念されていた大迫勇也選手(ヴィッセル神戸)と伊東純也選手(KRCヘンク)も選ばれて、吉田麻也選手(サンプドリア)や南野拓実選手(リバプールFC)ら馴染みのメンバーとともにアウェイ2連戦に臨みます。

「ベトナム戦とオマーン戦で勝利を収めるためにベストなメンバーを選んだ」という森保監督は、初選出の三笘選手について「欧州で戦う中でしっかり力をつけてきていて、攻撃力は武器になる」と説明。所属チームでウィングバックをこなしている点にも触れて、「今回の厳しい最終予選でも力を発揮してくれるだろう」と期待を示しました。

日本はここまでの4戦を2勝2敗で現在グループ4位。出場権自動獲得圏の2位のオーストラリアとの差は勝点3差です。9月、10月のシリーズではいずれも一戦目を落としていますが、今回初戦のベトナム戦での勝点3獲得は不可欠です。

現在グループ最下位のベトナムとの対戦は2019年AFCアジアカップ準々決勝(1-0)以来。また、日本と同じ勝点ながら総得点で上回って3位につけているオマーンとは、9月の大阪での最終予選初戦(0-1)のリターンレッグになります。

森保監督はベトナムについて、「監督が長期政権でチームづくりをしていて、ユース年代からフル代表につなげている。2019年のチームよりもかなりレベルアップしている。今回も難しい試合になると思うが、死に物狂いで戦ってくる相手に上回り、相手以上の戦いができるようにメンタル面でも準備したい」と話しています。

指揮官は勝利が求められる現状を「非常に厳しい状況と認識している」としつつ、10月初戦のサウジアラビア戦では結果にはつながらなかったものの、9月の反省を生かして「短い準備期間で修正して臨めた」と言及。2戦目のオーストラリア戦では「内容的にもチーム状態が上がって結果も伴っている」と、手ごたえを感じています。

チームは11月8日(月)からハノイで練習を始めます。なお、ベトナムはコロナ禍の影響で国際便の渡航制限があるため、欧州組のメンバーでも試合開催日が早い場合には日本を経由しての移動となり、それ以外の欧州組はチャーター便を利用しての現地入りとなります。

森保監督は、「一戦一戦、全力を出し切って戦うことで最高の勝点を勝ち獲り、最終的にワールドカップ出場権を勝ち獲ることができるという強い思いを持って臨みたい」と力強く語りました。

試合はベトナム戦が11日(木)19:00(日本時間21:00)、オマーン戦が16日(火)20:00(日本時間17日(水)1:00)キックオフの予定です。

コメント

森保一 SAMURAI BLUE(日本代表)監督
11月のワールドカップ最終予選はアウェイでの2連戦になります。我々がいま置かれている状況は非常に厳しい状況であると認識した上で、土俵際の戦いの残り6試合を一戦一戦、全力を出し切って戦うことで最高の勝点を勝ち獲り、最終的にワールドカップ出場権を勝ち獲ることができるという強い思いを持って、この11月の戦いに臨みたいと思います。
ベトナム戦は準備期間やアウェイでの戦いで、難しい厳しい戦いになると思いますが、最善の準備で勝利できるようにして、次のオマーン戦にも勝利できるように臨みたい。9月と10月シリーズの初戦で敗れた反省を踏まえて臨まなければなりませんが、10月のサウジアラビア戦では9月の痛い敗戦から改善して、勝利にはならなかったものの、短い準備期間で試合に向けてやらなくてはいけないことは修正して臨めました。(第2戦の)オーストラリア戦では内容的にもチーム状態が上がって結果も伴っているので、この流れはできるだけ大事にしていきたい。戦い方の形は、現地での練習で選手のコンディションなどを見て選択したいと考えています。
ベトナム戦へ選手全員が揃うのは試合2日前ですが、ピッチ上での練習、全体と個別でのミーティングでそれぞれの役割を伝えて、チームとして絵を持って、選手がそれぞれの役割をクリアにして思い切って戦えるようにしたいと思います。(集合前の)直近の試合から選手たちのコンディションを見極めて、長距離移動や時差、気候など普段とは異なる環境でプレーすることを選手たちにしっかりインプットしてもらえるようにしたい。暑熱対策の点でも、できる限りコンディションを整えていけるようにしたいと考えています。

反町康治 JFA技術委員長
今度の戦いは11日にアウェイでベトナム戦、16日にもアウェイでオマーン戦という今までにない形でのアウェイ2試合です。その意味では、選手の体調管理などいろいろな意味で我々の総合力、マネジメント力が問われると思っています。我々が置かれている状況は重々承知しています。ここで最高勝点を取って日本に帰って来られるように、全力を尽くしたい。応援してくださる皆さんにも、是非ともサポートしていただき、力を与えていただいて、いいゲームでいい結果を持って帰って来られるようにしたいと思っています。

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • Toyo Tire Corporation
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー