JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > ハリルホジッチ監督、「我々の真の姿を見せなくてはならない」 ~ワールドカップ・アジア2次予選シリア戦へ~

ニュース

ハリルホジッチ監督、「我々の真の姿を見せなくてはならない」 ~ワールドカップ・アジア2次予選シリア戦へ~

2015年10月08日

ハリルホジッチ監督、「我々の真の姿を見せなくてはならない」 ~ワールドカップ・アジア2次予選シリア戦へ~

SAMURAI BLUE (日本代表)のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は10月7日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア2次予選第4戦のシリア戦を翌日に控えて、オマーンのマスカットで前日公式会見に臨み、「明日は最も難しい試合になる。我々は真の姿を見せなくてはならない」と話して、選手たちの奮起を求めました。

シリアは3戦3勝で勝ち点9、しかも総得点は13、失点はゼロという好成績でグループEの首位を走り、2勝1分けで2位に付ける日本は勝ち点2差で追っています。無条件で最終予選へ進出できる1位通過を確保するためには、今回のシリア戦は勝利が求められる重要な戦いです。

FIFAランクでは日本の55位に対してシリアは123位。両者の通算対戦成績は日本の7勝1分けですが、僅差が多く、前回の対戦となった4年前のAFCアジアカップ・グループステージでは終盤のPKで日本が2-1で競り勝ちました。また、U-23世代では、2012年ロンドンオリンピック最終予選のアウェイ戦で、日本は1-2で敗れて苦しい状況に追い込まれました。日本にとって予断を許さない相手です。

ハリルホジッチ監督は、中立地でホームゲームを行わざるを得ないシリアの情勢不安も相手選手のモチベーションを高める要素だと指摘。「彼らは国のために何かを見せようと真剣に戦ってくるだろう。我々はフィジカル、メンタルでしっかり準備をして、厳しさを見せないとならない」と話しています。

シリアのFajr Ibrahim 監督は、「目的は勝ち点3獲得以外にはない。日本のことは全て掴んでいる。準備は万端で全く不安はない。3戦全勝していることがその証拠だ。国の人々のために、我々の存在を示したい」と話しています。

シリアは3試合で総得点13、失点はゼロという好成績で、FW Omar Kharbin 選手が3得点、同じくReja Rafe 選手が2得点を挙げていますが、彼ら以外の8選手が各1点ずつ得点しており、チーム全体での得点への意識の高さが伺えます。

しかし、ハリルホジッチ監督は、「我々の選手全員のモチベーションはかなり高く、昨日の戦術練習でも高い意識を見せてくれていた」と、準備には手応えを示していました。

また、夕刻でも35℃近くある気温と高い湿度も、日本にとっては懸念材料です。

「暑さは想像以上」と話すFW岡崎慎司選手(レスター・シティ)は、「立ち上がりが重要。自分たちの気持ちがどれだけ相手より上回れるかだと思う」と話し、「この環境なので相手もプレッシャーをかけ続けることはできない。その辺の駆け引きは自分たちの方が上回る」と、対応に自信を見せています。

DF長友佑都選手(インテル・ミラノ)も、「(プレスに行く時と行かない時という)チームとしてのメリハリが大事になる。チーム力、組織力も試されていると思う」と話しました。

試合は8日17時(日本時間22時)から、シーブスタジアムにて行われます。

選手コメント

FW 原口元気 選手(ヘルタ・ベルリン)
チームの勝利だけを考えて、得点を決め、得点に絡むなど(自分が)チームに求められていることをやりたいです。シリアがどう出てくるかは試合が始まってみないと分かりませんが、いろいろ想定しているので、臨機応変にやりたいです。自分自身がもう一つ上に行くには日本代表で決定的な仕事をすることが必要だと考えています。そのためには得点を獲るしかないと思っています。コンディションもメンタルも良い状態なので、それを出せたらと思いますし、勝つことにすべてを集中して戦いたいです。

FW 岡崎慎司 選手(レスター・シティー)
個々の選手の調子がすごく良くて誰が出ても良い状態にあります。自分もコンディションは良いので、点を獲りたいという気持ちを出したいと思っています。チームがアフガニスタン戦から良い流れで来ているので、どれだけ良い形を多く作れるか、どれだけ結果を残せるかになると思いますが、そこは自分の仕事です。自分が主導権を握って先に動いて、そこにボール入れてもらえるようにしたいと考えています。自分のゴールでチームを楽にできるように、結果を出したいと思います。

GK 西川周作 選手(浦和レッズ)
明日に懸ける思いは強いですし、いろいろ準備をしてきました。なにがなんでも無失点で抑えたいという気持ちです。試合の入りが良ければ良いサッカーが出来ます。最初の15分と最後の15分に気をつけたいと思います。これまでなかなか試合に続けて出られませんでしたが、続けて出ることで気づくこともありました。FIFAワールドカップへ行くまで、この場所にしっかりと自分が座っていたいという強い気持ちがあります。それはプレーで示すしかありません。

DF 長友佑都 選手(インテル・ミラノ)
ピッチは芝が長くて柔らかいですが、今日練習してうまく対応できると思います。気候などで言い訳はできません。しっかりパフォーマンスを出せるように頑張りたいです。相手はカウンターを狙ってくると思うので、しっかり対策をして、1対1では絶対に負けないことから入りたいと思います。暑さを考えると90分間前からプレスに行くことはできないので、チームとしてのメリハリが大事になります。チーム力、組織力も試されていると思います。

MF 清武弘嗣 選手(ハノーファー96)
明日は一番大事な試合だと思います。与えられたポジションでしっかりやって、その中で結果を求めるだけです。本田選手や香川選手などゴール前で仕留められる選手が多いので、そういう選手になるべく多くボールを触らせてリズムが出るようにしたいと思います。ロンドン五輪予選には僕は怪我で出ていませんが、自分たちの世代は悔しい思いをしているので、明日はしっかり叩きたいと思っています。

Fajr IBRAHIM シリア代表 監督
明日は非常に重要な試合で勝ち点6の価値があります。代表監督として通算10年仕事をしてきて、ほとんどの選手が国外でプレーしていても、彼らのことは十分把握していますし、選手同士も長く一緒にプレーしてお互いをよく分かっています。準備は万端で不安もありません。日本のことは全て掴んでいて、リスペクトしていますが恐れてはいません。勝ち点3を獲るつもりです。

JFA-TV

  • 原口元気 選手(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)インタビュー

  • 岡崎慎司 選手(レスター・シティー/イングランド)インタビュー

  • 長友佑都 選手(インテル・ミラノ/イタリア)インタビュー

スケジュール

10月5日(月) PM トレーニング
10月6日(火) PM トレーニング
10月7日(水) 16:30
17:00
公式会見(シーブスタジアム)
公式練習(シーブスタジアム)
10月8日(木) 17:00 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼AFCアジアカップUAE2019予選
vs  シリア代表 (シーブスタジアム)
大会情報はこちら
10月9日(金) PM トレーニング
10月10日(土) PM トレーニング
10月11日(日) PM トレーニング
10月12日(月) 16:30
17:00
公式会見(アザディスタジアム)
公式練習(アザディスタジアム)
10月13日(火) 17:00 国際親善試合
vs  イラン代表 (アザディスタジアム)
大会情報はこちら

2018FIFA ワールドカップロシア™ アジア2 次予選兼AFC アジアカップUAE2019 予選

10月8日(木) 日本時間 22:00キックオフ(予定)
オマーン/シーブスポーツスタジアム
シリア代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域を除く)
詳細情報はこちら

国際親善試合

10月13日(火) 日本時間 22:30キックオフ(予定)
イラン/アザディスタジアム
イラン代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域を除く)
詳細情報はこちら
在イラン日本大使館からのお知らせ~イラン代表戦を観戦される皆様へ~

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー