JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー

ニュース

SAMURAI BLUE、イラク戦へ現地で初練習

2017年06月10日

SAMURAI BLUE、イラク戦へ現地で初練習

SAMURAI BLUE(日本代表)は6月9日(金)、2018年FIFAワールドカップアジア最終予選のイラク戦へ向けて、試合を行う中立地テヘランに到着。現地での練習を開始しました。

乗り継ぎを含めて東京から空路約16時間の旅を終えて、選手たちを待っていたのは、強い陽射しが照り付ける快晴と日中の最高気温38℃という猛暑でした。

市内から約20キロ離れたテヘラン近郊の練習場入口には、7日にテヘラン市内で発生したテロ事件を受けて、イラン警察の治安維持隊を含めて通常より多い30人を超える警察官が警備についたものの、それ以外は目立った混乱や緊張感などは感じられず、落ち着いた雰囲気の中で練習が始まりました。

7日のシリア戦で右足を痛めたMF山口蛍選手(セレッソ大阪)は、引き続きホテルで静養に努めましたが、前日の練習を休んだDF吉田麻也選手(サウサンプトン)とDF酒井宏樹選手(オリンピック・マルセイユ)は復帰しています。

夕方からの練習冒頭、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がイラク戦への気構えなどを選手たちに話して注意を促し、長旅とシリア戦の疲労を考慮して、この日はランニングを中心にボール回しやストレッチなど、軽めの内容で1時間ほど調整しました。

なお、ランニングの途中で右足内転筋に軽い張りのあったDF長友佑都選手(インテル・ミラン)は、それ以降の練習から外れました。

練習開始前には、テヘラン日本人学校の児童を中心に約50人の子どもたちとピッチで記念撮影に臨み、撮影後、子供たちは選手たちから記念のペナントを受け取っていました。

練習は、10日より大半を非公開として13日のイラク戦へ備えます。試合はイラクの不安定な国内情勢のために中立地であるテヘランで行われます。

最終予選で日本は7試合を終えて現在グループBの首位に立っています。7日に2位のサウジアラビアが3位のオーストラリアに2-3で敗れ、8試合を終えて勝点16で日本と並びましたが、1試合消化の少ない日本は、13日のイラク戦に勝てば6大会連続6度目のワールドカップ出場へ大きく前進します。

選手コメント

FW 乾貴士 選手(SDエイバル)
暑いので厳しい試合になると思います。どっちが先にバテるかだと思うので、できるだけこっちがボールを支配して相手を動かすということをやれれば一番良い。90分の試合マネジメントはすごく大事で、特に前半ですが、前半で失点するときつくなるので、前半は得点がゼロでも失点しないことが大事です。イラクは日本であれだけの試合ができる、怖い相手です。どれだけ自分たちがボールを持てるかが鍵になりますし、まして、この暑さです。すぐにボールを失ってしまうとキツイので、慌てないことだと思います。

MF 倉田秋 選手(G大阪)
怪我人が出ていますが、ミーティングも戦術の確認もあと3日あるので、全員でしっかり話をして、こういう時はどうするということを確認したいです。前の試合もいつ出番が来てもいいように準備していましたし、今回も先発でも途中からでも行ける準備はしています。今、自分ができることをしっかり整理してチームに貢献出来るようにしたいです。シリア戦ではクロス一発でやられるのが世界の戦いです。本番でなくてよかったですが、小さなミスが大きな点につながると思うので、もっともっと集中しないといけないと感じました。

DF 昌子源 選手(鹿島アントラーズ)
こんなに暑いとは、湿度が低いので喉が凄く乾くと思います。試合前日から水分を摂る対策をしないとなりません。この暑さで90分間アグレッシブにやるのは難しいので、試合の入りがすごく大事になります。左サイドバックが変わる可能性は、やってみないと分からないところがありますが、前の試合よりはすんなりと入れると思います。この前の試合の経験は大きかったと思います。吉田選手とシリア戦の映像を見て、プレーのすり合せもしています。セットプレーはイラクが強さを発揮してくるところで、特にセンターバック2枚とGKが集中してやらないといけないところだと思っています。

MF 原口元気 選手(ヘルタ・ベルリン)
暑さはこんなものだろうと思っていましたし、暑くても問題ありません。前から90分間行くのは難しいかもしれませんが、そこは監督が考えていると思います。左サイドバックに変更があっても、長友選手とも酒井高徳選手とも僕は2、3試合一緒にやっているので問題ありません。乾選手はドリブルの仕方もサッカー観も僕とは全然違いますが、いろいろと話をして刺激をもらっています。シリア戦は、チャンスはありましたし、チャンスに持って行くまでの過程も良かったので決めるだけでした。僕が決めていればと、反省しています。

スケジュール

5月28日(日) 17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
5月29日(月) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
5月30日(火) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
5月31日(水) 10:30/17:30 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)【一般公開】
6月1日(木) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
6月2日(金) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
6月3日(土) 10:30/17:30 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)【一般公開】
6月4日(日) 10:30 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)【一般公開】
6月5日(月) PM トレーニング *
6月6日(火) 17:00
17:30
公式会見(東京スタジアム)
公式練習(東京スタジアム)*
6月7日(水) 1-1 キリンチャレンジカップ2017
vs シリア代表(東京スタジアム)
6月8日(木) AM トレーニング
6月9日(金) PM トレーニング
6月10日(土) PM トレーニング *
6月11日(日) PM トレーニング *
6月12日(月) 未定 公式会見
公式練習(PAS Stadium)*
6月13日(火) 17:00 アジア最終予選
vs イラク代表(PAS Stadium)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※「*」は冒頭15分のみメディア公開となります。

アジア最終予選(Road to Russia)

2017年6月13日(火) 16:55 キックオフ(予定)
[ 日本時間:6月13日(火) 21:25 キックオフ(予定) ]
イラク代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
イラン/PAS Stadium

大会情報はこちら

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー