JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 [11/17] TOP > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、シンガポールで調整後カンボジアへ移動

ニュース

SAMURAI BLUE、シンガポールで調整後カンボジアへ移動

2015年11月14日

SAMURAI BLUE、シンガポールで調整後カンボジアへ移動

SAMURAI BLUE(日本代表)は2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア2次予選のシンガポール戦から一夜明けた11月13日、シンガポール市内で軽めの調整を行いました。

雨季に入っている当地では連日スコールが続いていましたが、シンガポール最終日の練習では開始直前に雷警報が発令になり、解除になるまでチームはピッチに出られずに予定より15分遅れてスタート。練習中も時折激しい雨に見舞われました。

前日3-0で勝利したシンガポール戦に先発したメンバーと、それ以外のメンバー、さらにGK3選手に分かれて練習を行い、FW武藤嘉紀選手(1.FSVマインツ05)など先発した選手たちはランニングやストレッチ、体幹トレーニングなどのリカバリー中心のメニューで体を動かしました。

一方、交代出場したMF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)らを含めた控えの選手たちは、ドリブルや速いペースでのパス交換、5対5でのミニゲームなどを実施。その間、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がボールタッチや受け方などの指示を出しながら、選手の動きを注視していました。

なお、代表初ゴールで先制点を決めたFW金崎夢生選手(鹿島アントラーズ)とMF清武弘嗣選手(ハノーファー96)はそれぞれ打撲と靴擦れにより、大事をとって宿舎での調整となりました。

約1時間の調整を終えた選手たちが練習場を後にする頃、再び雷警報が発令。付近には大きな雷鳴が響き渡っていました。

チームは宿舎に戻って出発準備を終えると、午後のフライトで予選第6戦の開催地であるプノンペンへ移動しました。14日からはカンボジア戦(17日、プノンペン・ナショナルオリンピックスタジアム)へ向けて、現地で調整に入ります。

シンガポール戦での勝利でグループEの首位に立った日本に対して、カンボジアは12日にアフガニスタンと中立地のテヘランで対戦して0-3で敗れ、6連敗で勝ち点のないまま、最下位に位置しています。

選手コメント

DF 森重真人 選手(FC東京)
昨日は、柏木選手とうまくパス交換をしながら前線へ送るパスを探しましたし、リズム良く後ろからボールを繋げたので、前線の選手も動き出しやすかったのではないかと思います。長谷部選手と柏木選手のところで早くパス回しをしながら前線へボールを入れることができて、何回か良いシーンもあったので、ある程度は手応えを感じています。ポジション争いも、1試合1試合アピールを続けていくことが大事ですし、一喜一憂せずに根気よく続けていくことがスタメンへの近道だと思っています。カンボジア戦は人工芝ですが、自分はほとんど経験がないので、これからいろいろな情報を貰いながら準備したいと思います。

DF 酒井宏樹 選手(ハノーファー96)
シンガポール戦は勝ち点3が獲れてほっとしました。早い時間帯に点が獲れたことに尽きると思います。6月の試合も早い時間帯に点が取れていれば全く違った展開になっていたと思います。昨日の前半はリズムも良く、相手も引いていたので僕らがやりたいようにパスが回ったのは良かったのですが、後半は相手も出て来ましたし、僕らも集中を欠いたところがありました。相手のレベルが上がっても、毎回前半のようなプレーができるかが大事になってきます。柏木選手も本田選手もセンスがあるので、僕は機を見て走って合わせるだけでした。人工芝はユースの時に経験があります。

DF 吉田麻也 選手(サウサンプトン)
シンガポール戦の自分のゴールは、監督からもセットプレーで点を獲ろうと言われていたので、こぼれて来たのでラッキーでした。最初のヘディングの方で決めたかったですが。後半、前回の対戦の時よりも相手にチャンスを作らせてしまったことが気になります。でも、いろいろなポジションの選手が点を獲って、失点をゼロに抑えて終われたのは良かったです。新しい選手が結果を出せば、今まで試合に出ていた選手へのプレッシャーも強くなります。選手層が厚くないと、これからの予選や本大会では戦っていけないので、僕を含めて競争は有りだと思います。

FW 武藤嘉紀 選手(マインツ)
シンガポール戦では左サイドのFWとして最低限のことはやれたかと思います。引いて来る相手に対して高さは有効になります。自分のところのDFが小さかったので、自分に合わせてくれれば折り返せるし、叩けるからと試合前に本田選手や酒井選手と話していました。自分のアシストはその通りで、良いゴールでした。欲を言えば自分でもゴールを獲りたかったです。技術面でも戦術面でももっともっと良くなっていくと思いますし、自分の強引なところをもっと出していきたいです。

JFA-TV

  • 森重真人 選手(FC東京)インタビュー

  • 柏木陽介 選手(浦和レッズ)インタビュー

スケジュール

11月8日(日) AM トレーニング
11月9日(月) PM トレーニング
11月10日(火) PM トレーニング
11月11日(水) PM 公式会見
公式練習(ナショナルスタジアム)
11月12日(木) 3-0 2018FIFAワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼AFCアジアカップUAE2019予選
vs シンガポール代表(ナショナルスタジアム)
大会情報はこちら
11月13日(金) AM トレーニング
11月14日(土) PM トレーニング
11月15日(日) PM トレーニング
11月16日(月) PM 公式会見
公式練習
11月17日(火) 19:14
(現地時間)
2018FIFAワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼AFCアジアカップUAE2019予選
vs カンボジア代表(ナショナルオリンピックスタジアム)
大会情報はこちら

2018FIFA ワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼 AFC アジアカップUAE2019 予選

11月17日(火) 日本時間 21:14キックオフ(予定)
カンボジア/ ナショナルオリンピックスタジアム
カンボジア代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー