JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2014 11/18 > 最新ニュース一覧 > アギーレ監督、「勝ちにいかなければいけない試合だ」 ~キリンチャレンジカップ2014、ホンジュラス戦へ~

ニュース

アギーレ監督、「勝ちにいかなければいけない試合だ」 ~キリンチャレンジカップ2014、ホンジュラス戦へ~

2014年11月14日

アギーレ監督、「勝ちにいかなければいけない試合だ」 ~キリンチャレンジカップ2014、ホンジュラス戦へ~

SAMURAI BLUE (日本代表) のハビエル・アギーレ監督は11月13日、キリンチャレンジカップ2014のホンジュラス戦へ向けて愛知・豊田スタジアムで前日会見に臨み、「明日は勝ちにいかなくてはいけない試合だ」と語りました。

指揮官はこの日、母国メキシコでの殿堂入り式典から戻ってチームに再合流。試合会場で行われた公式練習の冒頭では、選手たちが狭いエリアでドリブルをして体をほぐす傍らで、アギーレ監督はスチュアート・ゲリングコーチの話を訊きながら、熱心にメモを取っていました。

また、追加招集でこの日から参加したMF森岡亮太選手(ヴィッセル神戸)も、元気に練習に取り組んでいました。
アギーレ監督は、「練習は全てプログラムして(メキシコへ)行ったが、映像を見ると、不在の間もプロフェッショナルな良い姿勢で、しっかり集中して出来ていた」と満足そうに話し、「たとえ、試合がうまくいかなくても言い訳は全くない」と明言しました。
監督はMF遠藤保仁選手の先発と、MF長谷部誠選手、MF本田圭佑選手と遠藤選手の3人をキャプテンに任命したことを明らかにして、「長谷部は経験豊富でピッチ内外でチームを安定させる重要な存在」と、チームのまとめ役としての期待を口にしました。

対戦相手についてアギーレ監督は、「ホンジュラスは若いチームだが、良いプレーをしようと常に心がけている。明日は密度の高い試合に、場合によってはシーソーゲームになるかもしれない」と話しています。

ホンジュラスは、今夏のFIFAワールドカップでグループステージ敗退に終わり、その直後の7月にエルナン・メドフォード監督を招聘して新体制を発足させました。

母国コスタリカのデポルティボ・サプリサを率いて2005年のFIFAクラブワールドカップで来日した経験もあるメドフォード監督の下、ホンジュラスは9月から6試合を戦い、戦績は先月アウェーで引き分けた(1-1)アメリカ戦を含めて3勝1分け2敗です。
今回の来日メンバーにはFIFAワールドカップ・ブラジル大会メンバーから、DFマイノル・フィゲロア(ウィガン)ら9選手がいます。この日は試合会場で公式練習に臨み、1時間ほど体を動かしました。
日本との対戦は2005年9月以来の3度目で、これまでの成績は日本の1勝1分けです。

コメント

ハビエル・アギーレ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
明日はホームですし、前回10月の試合の痛い負けで全員に刺さっている棘を抜くためにも勝ちが必要です。明日の試合に備えてフォーメーションと、前からプレスをかける練習などを行いました。遠藤(保仁)選手、今野(泰幸)選手、香川(真司)選手、本田(圭佑)選手というボール扱いの上手い選手がいるので、試合でもしっかりできることを望んでいます。私が不在中の練習の映像も見ましたが、事前にプログラムした通りに出来ていました。長谷部(誠)選手と共に、本田選手や遠藤選手という経験のある選手たちが若い人に力を貸してくれているので、若手の成長が期待できると思います。

MF  長谷部誠 選手(アイントラハト・フランクフルト)
監督には「いなかった間も非常に集中したいいトレーニングが出来ていた」と言ってもらえました。今日の練習では戦術的な要素が入って、監督がチームのやり方を示してくれたのでよくわかってきました。それを明日のピッチで出したいと思います。クラブでは中盤のアンカーとインサイドハーフのどちらもやっているので、どちらもできると思います。

FW  岡崎慎司 選手(1.FSVマインツ)
10月の試合では負けているので、チームとして勝ちにこだわらないといけないですし、内容と共に緊迫感や気持ちの熱さを出せればいいと思います。自分の仕事はゴールを決めることなので、得点を取れなくて物足りなく感じていますが、もっと良くなると思います。まずはチャンスの数を増やして、チャンスが少ない中でも決められるように、チームとしてクオリティを上げられるようにしたいです。ゴールを獲ってチームにとっての自分の価値を証明したいです。

エルナン・メドフォード ホンジュラス 監督
日本とホンジュラスは、どちらも新しい監督の下で考えや哲学をチームに浸透させていく時期にあります。われわれは攻守のバランスを重視しながら、後ろからボールを持って攻め込んでいくプレースタイルですが、私の着任からまだ3か月半で練習時間も少なく、選手たちは徐々に新しいスタイルに慣れてきたところです。日本の試合は数試合見ましたが、非常にいい試合でした。ブラジル戦は苦戦でしたが。欧州でプレーする選手が多くいる強豪なので、明日は難しい試合になると思いますが、勝つことは不可能ではないと思っています。攻撃的に仕掛けるスタイルで臨み、いい戦いをして勝ちたいです。

JFA-TV

  • アギーレ監督 前日記者会見

  • 長谷部誠 選手インタビュー

  • 吉田麻也 選手インタビュー

  • 岡崎慎司 選手インタビュー

キリンチャレンジカップ2014

11月14日(金) SAMURAI BLUE(日本代表) vs ホンジュラス代表
愛知/豊田スタジアム 19:35キックオフ(予定)/16:35開場(予定)
テレビ放送:テレビ朝日系列にて全国生中継
大会情報はこちら

11月18日(火) SAMURAI BLUE(日本代表) vs オーストラリア代表
大阪/ヤンマースタジアム長居 19:20キックオフ(予定)/16:20開場(予定)
テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー