JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > 近賀ゆかり選手がアルガルベカップ2012のアメリカ女子代表戦を振り返るJFATV Classics Vol.11

ニュース

近賀ゆかり選手がアルガルベカップ2012のアメリカ女子代表戦を振り返るJFATV Classics Vol.11

2020年05月20日

近賀ゆかり選手がアルガルベカップ2012のアメリカ女子代表戦を振り返るJFATV Classics Vol.11

公益財団法人日本サッカー協会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため自宅で過ごされている全ての方にサッカー観戦をお楽しみいただけるよう、過去の日本代表戦をJFATV Classicsと題して配信しています。第11回はなでしこジャパン(日本女子代表)。2012年3月5日(月)にポルトガルで行われたアルガルベカップ2012のグループステージ第3戦、アメリカ女子代表との一戦です。

2011年のFIFA女子ワールドカップ決勝以来の顔合わせとなったこの試合。4ヶ月後にロンドン五輪を控え、再スタートを切ったなでしこジャパンは決勝進出をかけてアメリカと対戦しました。試合終了直後、佐々木則夫監督は「前半25分くらいは自分たちのサッカーが見せられた。選手たちが自分たちの足元を見つめて一戦一戦に臨み、課題を克服する意欲があるからこそ、勝ち得た」と振り返りました。約40年の日本女子代表の歴史のなかで、これが、アメリカに勝利した唯一の試合です(PK戦での勝利は記録上ドロー扱い)。

放送は5月20日(水)19:00より、YouTubeプレミア公開(同時視聴)で皆さまにお楽しみいただけます。試合はアーカイブされ、その後も視聴可能ですので、なでしこジャパンの一戦をぜひお楽しみください。
#StayHome #うちで過ごそう

ナビゲーター:近賀ゆかり選手(オルカ鴨川FC)

この試合はドイツ女子ワールドカップ決勝以来の再戦でしたが、自分たちがアメリカよりも力が上回っている感覚なんて少しもなく、対戦が決まって、選手同士でいろいろなことを確認して対策を考えた記憶があります。アルガルベカップは次へのステップアップのためにトライ&エラーをする時間ではあるものの、同時に結果も出さなくてはいけない大会でした。特にこの2012年大会はワールドカップ後ということもあり、かつてない注目度。なおかつ、大黒柱の澤さんが体調不良で不在だったこともあり、より一層全員が責任感を持つ必要がありました。

この試合もやはり多くのピンチを凌いで掴んだ勝利だったので、試合後は嬉しい気持ちもありましたが、安堵したという方が大きかったです。アメリカもロンドン五輪に向けて様々なことを試していたように感じましたが、それでも勝ったという事実から得たものは大きかったと思います。

2011年から2012年にかけてのなでしこは、いま考えるとチームとしての成熟度や各選手のコンデイションがいい状態にあったと思います。佐々木監督は試合前日でも紅白戦をしたり、ハードな練習が連日続いたりと、選手としては疲労を感じる合宿や大会が多くありましたが、そういうなかで、大会がハードスケジュールになればなるほど、どの国よりもタフに戦える基盤のようなものが出来上がっていたように感じます。

チームとしては、特に守備陣では「クロスの対応・ロングボール・サイドチェンジへの対策」、この3つの大きな課題について多くの時間を費やして話し合いを重ねました。ワールドカップや親善試合を踏まえて、自分たちの独自の守り方、対処の仕方を見つけていきました。ときに、サッカーの基本と言われることからも逆らうようなやり方もあったと思います。でもそれは、失点・失敗・ピンチから学び、サッカーの正解を探すというよりも、自分たちの考えを統一して整理して、お互いの考えを動きに落とし込んで理解できるようすり合わせて、どうやったら強豪国に勝てるかを常にみんなが考えていたからこそでした。

新型コロナウイルスの影響を受け、サッカーができることの幸せを改めて実感し、サッカー・スポーツから受ける刺激が自分の人生にとってどれほど大きいものなのかを日々感じています。なでしこリーグが開幕するときには、本気で戦う姿、サッカーに対する情熱、そして観ていて楽しいサッカーをお見せして、サッカーの面白さやスポーツの楽しさを少しでも多くの方に伝えられるように全力を尽くしたいと思っています。

私は、サッカーには大きな力があると2011年のFIFA女子ワールドカップから学びました。チームはサポーターや国民の方々から力をもらい、またチームが多くの方々にパワーを届けることができることを経験しました。昨年のフランス大会を観て、大会がいろいろな意味で確実に大きくステップアップし、女子サッカーの価値が何倍も大きなものになったと感じました。

そこで迎える2023年大会。
こうした新型コロナウイルスの状況を経て、このFIFA女子ワールドカップで日本から世界に、サッカー・スポーツの力で元気とパワーを送ることができるよう、日本開催の決定を願っています。

動画視聴はこちら(5/31(日)までの期間限定公開)

配信情報はこちら

JFATVとは

公益財団法人 日本サッカー協会の公式YouTubeチャンネル JFATVでは、日本代表メンバー発表会見のライブ配信やチームに密着したTeamCam、各種試合ハイライト動画やフルマッチライブ配信など、JFATV限定の動画コンテンツを無料で配信しています。

「チャンネル登録」していただいた方には、最新の動画情報をお知らせします。

 

 

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー