JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-17日本女子代表、大量5得点で好発進!FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016

ニュース

U-17日本女子代表、大量5得点で好発進!FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016

2016年10月02日

U-17日本女子代表、大量5得点で好発進!FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016

9月30日(金)に開幕したFIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン 2016、グループDのU-17日本女子代表は10月1日(土)、ザルカのPrince Mohammed International StadiumでU-17ガーナ女子代表との初戦を迎えました。

両者とも得点機をうかがう中、先にチャンスを得たのは日本。6分、高平美憂選手がCKのこぼれ球を拾って中央に折り返すと、フリーの宝田沙織選手がヘディングシュートで相手ゴールを脅かします。この一撃は得点にこそなりませんでしたが、「早い時間にシュートを打てたことで良い雰囲気になった」(植木理子選手)とチームに自信をもたらします。

直後の7分、金勝理央選手の縦パスに反応した植木選手がGKとの1対1を制し、貴重な先制点を挙げました。この1点で肩の力が抜けた日本は、ショートパスを駆使した攻撃でガーナを圧倒し始めます。18分には遠藤純選手が菅野奏音選手のパスに抜け出すと、左足の強烈なシュートで2点目を記録。その3分後には再び遠藤選手がゴールを挙げ、リードを3点に広げます。

日本の攻撃は、とどまることを知りません。26分、右サイドを突破した植木選手のクロスボールに宝田選手が走り込み、鮮やかなヘディングシュートで4-0とします。日本はこの後も植木選手がクロスバー直撃のシュートを放つなど得点意欲を存分に発揮、4点リードで前半を折り返しました。

前半から一変、後半は両者が拮抗した展開になります。堅守をベースに戦いつつ、速攻で好機を見出そうとするガーナに対し、日本はやや攻めあぐねました。それでも、軽率なミスは少なく、ボールを失った後の守備意識も高く保ち続けます。

「後方の選手が味方のカバーリングを怠らなかった」という楠瀬直木監督の言葉どおり、最初の守備者がかわされてもカバーに入った選手が相手の突破を阻止。ピンチを未然に防いでいきました。遠目からのシュートに対してもしっかりと寄せるなど、最後まで危機管理を徹底します。迎えた83分には菅野選手、宝田選手とつないで、途中出場の千葉玲海菜選手がスコア。ダメ押し点を挙げた後も落ち着いて試合を運んだ日本が5-0でガーナを下し、勝点3を獲得しました。

試合詳細はこちら

なお、この後、日本戦と同じ会場で行われたU-17アメリカ女子代表とU-17パラグアイ女子代表の一戦は、アメリカが6-1で快勝。総得点で日本を上回り、グループD首位に立っています。

監督・選手コメント

楠瀬直木 監督(U-17日本女子代表監督)
初戦ということで選手たちはかなり緊張していたのですが、植木選手が先制点によって、安心してゲームを進めることができました。意図的にボールを動かしながら相手を崩し、最後は決めるべき選手が決める。アジア予選から求めてきたサッカーが、徐々に形になりつつあると感じています。後半から、われわれがガーナの個々の力強さに苦しむシーンが目立ち始めただけに、前半のうちにゴールを重ねられたことが勝因だと思います。

FW #9 植木理子 選手(日テレ・メニーナ)
先制点の場面は、パスの出し手となった金勝理央選手と同じイメージを描くことができました。自分にチャンスが来たら決めてやろうと思っていたので、いい流れで得点を挙げることができてよかったです。自分の得点以外でも、3点目、4点目のアシスト役という形でゴールに絡めた部分は自信になります。大会の初戦に臨むにあたってチームとして気合が入っていましたし、今日の勝利は全員にとってとても大きいと思います。

DF #4 高平美憂 選手(JFAアカデミー福島)
「正確にパスをつないでゴールを挙げる」というテーマでこの一戦に臨みました。慌ててパスを出すなど細かいミスはありましたが、プレーを続けているうちに体が慣れて、短いパスをうまくつないで、ゴールに結びつけることができました。それを試合序盤からできればよかったです。DFとしてはラインコントロールを意識しました。練習で取り組んできたことをしっかりと表現できたと思います。大差がついた中、最後までみんなと声を掛け合い、集中を切らさなかったことも収穫です。

Evans ADOTEY 監督(U-17ガーナ女子代表)
序盤に喫した2失点が痛かったです。攻撃的に戦いつつ、無失点で試合を運びたかったのですが、およそ10分の間に2失点した後は、守備の整備に追われる時間が長くなりました。結果的に0-5というスコアで敗れましたが、われわれは全てを失ったわけではありません。選手たちの後半のパフォーマンスには手ごたえを感じていますし、次のアメリカ戦、パラグアイ戦に向けて万全の準備をしたい。そして自分たちの力を証明したいと思います。

スケジュール

FIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン2016
9月30日(金)   トレーニング
10月1日(土) 5-0 vs  ガーナ(Prince Mohammed International Stadium)
10月2日(日)   トレーニング
10月3日(月)   トレーニング
10月4日(火) 19:00 vs  パラグアイ(King Abdullah II International Stadium)
10月5日(水)   トレーニング
10月6日(木)   トレーニング
10月7日(金)   トレーニング
10月8日(土) 19:00 vs  アメリカ(Amman International Stadium)
10月9日(日)   トレーニング
10月10日(月)   トレーニング
10月11日(火)   トレーニング
10月12日(水)   トレーニング
10月13日(木) 16:00/19:00 準々決勝(Al Hassan International Stadium)
10月14日(金)   トレーニング
10月15日(土)   トレーニング
10月16日(日)   トレーニング
10月17日(月) 16:00/19:00 準決勝(King Abdullah II International Stadium)
10月18日(火)   トレーニング
10月19日(水)   トレーニング
10月20日(木)   トレーニング
10月21日(金) 17:00/20:00 3位決定戦/決勝(Amman International Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

 

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー