JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > 出場チーム紹介vol.6 バーモントカップ 第26回全日本少年フットサル大会

ニュース

出場チーム紹介vol.6 バーモントカップ 第26回全日本少年フットサル大会

2016年08月08日

出場チーム紹介vol.6 バーモントカップ 第26回全日本少年フットサル大会

8月12日(金)~8月14日(日)、東京都にてバーモントカップ 第26回全日本少年フットサル大会が開催されます。都道府県予選を勝ち抜いた47チームと前年度の予選参加チーム数が最も多かった北海道から1チームを加えた計48チームが参加。4チームずつ12グループに分かれリーグ戦(1次ラウンド)を行い、各グループ1位のチームと2位のうち成績上位4チーム、合計16チームがノックアウト方式の決勝ラウンドに進出し、小学生年代のフットサル日本一の栄冠を目指します。

今回は下記6チームをご紹介します。

アッズーロ和歌山フットサルクラブ(和歌山県)

中尾隼土 監督
2大会ぶりの出場となります。前回大会は全く成績を残せず悔しい想いをした分、今年はしっかり時間をかけてチーム作りが出来たと思います。冬開催から夏開催に変わり、昨年の子達にはチーム作りに十分な時間をかけられなかった事、そしてその子達の想いと、和歌山県大会で対戦したチームや悔しい想いをした参加チームの為にも、和歌山県代表の誇りをかけて全力で戦いたいと思います。

山田悠真 選手
前回は4年生で出場させてもらい、全く通用せず悔しい想いをしましたが、今回はキャプテンとしてチームを引っ張り、関西ジュニアフットサルリーグのみんなの想いも背負って、魅力あるフットサルで日本一を目指したいと思います。

鳥取KFC U-12(鳥取県)

山根健司 監督
フットサルの全国大会出場を目指し、第23回大会から参加してきたが、過去3年間の鳥取県大会は、あと少しのところで敗れてしまいました。今年のチームは、ハードワークを心がけて戦い、4年目で念願の全国大会の切符をつかみました。鳥取県東部地区で活動するチームとして、西部地区の強豪チームを圧倒し、まさに歴史を塗り替えた戦いでした。全国大会でも、鳥取県代表として、歴史を塗り替える活躍をしたいです。

椋健太 選手
鳥取県は、全国のみなさんに場所を聞いてもどこ?と言われるような小さな県ですが、この大会で鳥取KFCの底力を見せて、そのチームのいる県はここだ!と言われるくらいになりたいです。県大会で見せた堅守・猛攻を全国大会でも変えることなく突き進みたいです。

石見エスプリフットボールクラブ(島根県)

谷尾幸 監督
6年ぶり3回目の全国大会出場となり、前回、前々回に出場した当時の選手やその保護者の方々からもたくさんの激励を頂き、あらためてこの大会に出場出来る歓びを選手たちと共に噛みしめています。一人一人の選手がしっかりと自分の強みを出せるよう「心」の面でいい準備が出来るように働きかけ、ピッチに送り出してあげたいと思っています。チームのスタイルは激しく、粘り強い守備をしながら自分たちのリズムを作っていき、奪ったボールを全員で大切にしながらゴールを目指します。「エンジョイの中にこそベストパフォーマンスあり!!」の気持ちで全国大会の場も楽しみたいと思います。

長嶺岳人 選手
ぼくたちは今年2つのチームが一緒に活動することになり、新しい石見エスプリフットボールクラブになりました。2つのチームの良さを吸収しあい、お互いに競争し高め合っています。6年ぶりの全国大会では、みんなが強い気持ちを持って闘い、勝ち進みます。

Jフィールド岡山ジュニア(岡山県)

大西康平 監督
岡山県岡山市を拠点とし、設立11年目になるキッズからジュニアユースまで活動しているクラブチームです。この度、バーモンドカップ・全国大会初出場となります。全国大会という舞台で各県の代表チームとの対戦を楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

和田拓海 選手
バーモンドカップ初出場となりますが、僕たちは1勝が目標ではなく優勝を目標として全力で戦いたいと思います。

サンフレッチェ広島F.Cジュニア(広島県)

細渕隼 監督
Jリーグ サンフレッチェ広島の下部組織チームです。サンフレッチェ広島では、ジュニアからプロチームまで、一貫指導のコンセプトのもと、日々トレーニングに励んでおります。今大会では、選手たちがピッチ内・ピッチ外において、日ごろの成果が発揮できるように準備していきたいと思います。また、今シーズンのチームスローガン「挑戦」のように、チャレンジャー精神を貫き、一戦一戦勝利を目指し全力で戦っていきます。

山木孝祐 選手
チーム全員の思いを胸に一丸となって一戦一戦全力でプレーし、頂点を目指して頑張ります。

山口サッカースクール(山口県)

加藤浩 監督
「可能性へのチャレンジ」をモットーに1998年、山口市で立ち上がったチームです。今回9年ぶり7回目の出場を果たすことができました。第15回大会の3位が最高成績ですが、それを上回ることを目指し、チーム一丸となって全力で戦います。どうぞよろしくお願いします。

隅野遥喜 選手
山口県の代表として、全国大会に出場させていただくことに感謝します。一人一人が自分のやるべきことをよく考え、チームの勝利のために練習に励んできました。可能性を信じ、全国大会初優勝を目指してチーム全員で頑張ります。

バーモントカップ 第26回全日本少年フットサル大会

2016年8月12日(金)~14日(日)
東京/駒沢オリンピック公園体育館、大田区総合体育館
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

特別協賛

  • ハウス食品グループ本社株式会社
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー