JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > 手倉森監督、「強化しながら選手の絞り込みを加速させたい」 ~5月11日、U-23代表ガーナ戦へ~

ニュース

手倉森監督、「強化しながら選手の絞り込みを加速させたい」 ~5月11日、U-23代表ガーナ戦へ~

2016年05月07日

手倉森監督、「強化しながら選手の絞り込みを加速させたい」 ~5月11日、U-23代表ガーナ戦へ~

U-23日本代表の手倉森誠監督は5月6日(金)、MS&ADカップ2016 ~九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本~(11日、佐賀/ベストアメニティスタジアム)でガーナ代表との対戦に臨むメンバーを発表し、負傷から復帰したFW浅野拓磨選手(サンフレッチェ広島)ら23人を選出しました。

今年8月のリオデジャネイロオリンピックを約3ヶ月後に控えて、手倉森監督は「この試合と次のトゥーロン国際大会は、強化しながらメンバーの絞り込みを加速させていく試合。チームの軸になりたければがんばれ」と話し、選手たちの発奮に期待を寄せています。

今回の顔ぶれには、オリンピック最終予選を兼ねたAFC U-23選手権を戦ったMF原川力選手(川崎フロンターレ)やDF岩波拓也選手(ヴィッセル神戸)ら15人のほか、現在J1リーグで好調な柏レイソルのMF伊東純也選手とDF山中亮輔選手、同じく横浜F・マリノスのFW富樫敬真選手らが加わりました。

MF大島僚太選手(川崎フロンターレ)も負傷から復帰しましたが、DF遠藤航選手は所属の浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を控えており、リーグ戦を含めた連戦に配慮して、今回のメンバーには入りませんでした。

試合は熊本地震の復興を支援するチャリティーマッチとして佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで行われ、収益金の全てが義援金として寄付されます。

また、試合前日の公式トレーニングは一般公開とし、練習開始前の16:30から17:00まで同スタジアムのコンコースにて選手や手倉森監督らが募金活動を行います。

手倉森監督は、「大きなものを背負って戦う覚悟と勇気、勝利へ挑む姿勢を示して被災地へエネルギーを届けたい」と話し、「東日本大震災の年になでしこジャパンが世界一になった。『次は我々の番だ』という覚悟を持たせて、U-23ジャパンを奮い立たせたい」と語りました。

チームは9日(月)から佐賀県内で合宿を開始します。

手倉森監督は「ガーナ戦は本番初戦で対戦するナイジェリアを想定して、今回素晴らしいチームと対戦ができる。アフリカ勢との対戦で我々がどう工夫すべきか、その手応えをこの試合で掴みたい」と話しました。

試合は5月11日(水)、19:15キックオフの予定です。

コメント

手倉森誠 U-23日本代表監督
オリンピックまで3ヶ月を切って、この試合とトゥーロン国際大会では強化をしながらメンバーの絞り込みを加速させていくことになります。本大会での我々の可能性と目標への可能性を高めるために、アフリカ勢との対戦で我々がどう工夫しなければいけないのかという手応えをこの試合で掴みたいと考えています。本大会の暑い環境ではプレーのメリハリが大事になります。いつパワーを出すのか、そういうものを理解し合えるグループを作らなくてはなりません。その意味で選手一人一人にもっとポリバレント性を植え付けないとならないと考えています。

今回、国内組のガーナA代表を迎えてタフな試合になると思いますが、苦しい局面でもしっかり凌いで勝利を目指す姿勢を被災地に示せればと思っています。悪いことが起きるのも人生ですが、良いことも人間の力で起こさなくてはなりません。スポーツの力で明るい要素を届けられるということを、東日本大震災後に(当時監督をしていた)ベガルタ仙台ですごく感じました。また、チームというのは、国民の思いを感じて戦うことで思いもしない力を発揮できます。メダル獲得という我々の目標に、また一つ大きなものを背負って戦うことが課せられましたが、自分たちにもそういう力が必要なのだと認識しました。打撃を受けた被災地、九州の力、日本の力を我々が世界で逞しさとして示せればと思っていますし、そういう集団だということを今回の90分で示したいと思います。

霜田正浩 JFAナショナルチームダイレクター
熊本の地震で被災された方々に心からのお見舞いを申しあげたいと思います。この試合をチャリティーマッチとし、収益金の全てを義援金として被災地に寄付させていただくことになりました。オリンピックまであと3ヶ月になり、ここからいろいろな試合を経験して国際大会を戦うモードにしていければと思っています。シーズン中の平日にもかかわらず、ガーナが来てくれて試合ができることはありがたく、いい試合にしたいと思っています。

JFA-TV

MS&ADカップ2016~ 九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本 ~

U-23日本代表 vs ガーナ代表
2016年5月11日(水) 19:15キックオフ(予定)
佐賀/ベストアメニティスタジアム

チケット絶賛発売中!

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー