btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > 新1級審判員研修会を埼玉県で開催~新1級審判員紹介

ニュース

新1級審判員研修会を埼玉県で開催~新1級審判員紹介

2016年01月07日

新1級審判員研修会を埼玉県で開催~新1級審判員紹介

2015年1級認定審査に合格した審判員たちが1級審判員として初めて参加する「新1級審判員研修会」を2015年12月24日から28日の5日間、埼玉県さいたま市で開催しました。

1級審判員は、Jリーグ、J3、JFLのそれぞれ主審、副審担当とカテゴリーに分かれています。

1級審判員に昇級すると、まずこの研修会に参加します。そして、ここでのパフォーマンスにより最初に所属するカテゴリーが決定する、重要な研修会です。

審判員たちは連日行われた高校生の試合を担当し、ひと試合ずつ丁寧に分析を行い、インストラクターから指導を受けました。

フレッシュな審判員たちの今後の活躍にご期待ください。

受講者コメント

植松健太朗 新1級審判員(岩手県)
この度の1級取得に際し、東北サッカー協会の伊藤力喜雄審判委員長、岩手県サッカー協会の佐藤秀明審判委員長をはじめとするご指導いただいた多くの方々へ感謝しております。1級というスタート地点に立った今、これからの進化が重要だと思います。一つ一つの準備を大切にして目標を着実にクリアし、審判員としてはもちろん一人の人間としてステップアップして参ります。

野堀桂佑 新1級審判員(山形県)
いよいよという心行きでいっぱいです。これから様々な研修や試合を経験し、巡りあった仲間と情報を共有しながらライバルとして競争し合い、少しでも早くレベルの高い試合を任せてもらえるような審判員を目指したいと思います。また、これまでに出会った先輩方や地域の方々の感謝を忘れず、目標とされるような審判員になれるよう全力で頑張りたいと思います。

岩崎創一 新1級審判員(栃木県)
1級となって新しいステージに立ち、様々なレベルの高い試合に関われることをうれしく思います。「選手が安心して力を発揮できる環境を作ること」、「スピーディーでタフな魅力あるサッカーを演出すること」を念頭に置き、自分自身サッカーを楽しむことを忘れずに、日々努力していきたいと思います。

木内裕也 新1級審判員(東京都)
1級審判員としての自覚を持ち、人生のあらゆる要素を豊かにすることが、審判員としての向上にもつながると考えています。選手やその他の関係者にとってより魅力的なサッカーのために、より上のカテゴリーを目指して精一杯努力して参ります。

鈴木渓 新1級審判員(東京都)
今回の研修を通じて、1級審判員としての自覚と責任を改めて感じることができました。日々の努力を怠らず、準備をしっかりと整えて、一つ一つの試合に全力で取り組んでいきたいと思います。

松本瑛右 新1級審判員(長野県)
1級審判員としての責任と自覚を持つことができた研修会でした。チャレンジする気持ちを持ち続けて、今後も日々精進していきたいと思います。

坂本晋悟 新1級審判員(富山県)
1級審判員として自覚と誇りを持って活動し、夢に向かって今しなければならないことは何かと常に考え、謙虚に夢に向かってステップアップしていきたいです。まだまだ未熟な点ばかりですが、学ぶ姿勢を忘れず取り組んでいきたいと思います。

内山翔太 新1級審判員(静岡県)
今回の研修会で1級審判員としての心構えを学ばせていただきました。学んだ心構えとともに、1級審判員としての自覚・覚悟・責任感を持ち、トップレフェリーを目指し同期の仲間とともに切磋琢磨していきたいです。また、レフェリングを追求するだけでなく、一人の人としても成長できるよう自己研さんに励んでいきたいです。

中井敏博 新1級審判員(京都府)
日本のトップレフェリーとして、信念を持って審判活動に励んでいきます。そしていつの日か世界の舞台で活躍できるよう日々の努力を欠かさず、一歩一歩階段を上っていきたいです。

勝部健 新1級審判員(大阪府)
1級審判員になることができたのは、選手をはじめとする多くの方々のおかげです。これからは自分の持っている力を発揮して、良いパフォーマンスという形で選手をはじめとする多くの方々に恩返しをしていきます。

柳田翔 新1級審判員(大阪府)
1級審判員としての自覚と責任を持って取り組み、新シーズンより、一つでも上のステージを目指して活動していきますので、宜しくお願い致します。

若槻直輝 新1級審判員(島根県)
常に課題意識を持ち、日々の努力を怠らず課題を一つ一つクリアしステップアップしていき、ここからがスタートという新たな気持ちで審判活動に精進していきたいと思います。

石丸秀平 新1級審判員(広島県)
この度、新しく1級として昇級することができましたが、自分が1級になれたのではなく、応援して下さる周囲の方々が自分を1級に押し上げてくれたのだと感じています。今後は感謝の気持ちを忘れることなく、自分の特徴を生かして、サッカーを愛する全ての方々に恩返しが出来るように日々精進していきたいと思います。

鹿島裕史 新1級審判員(愛媛県)
これから1級審判員として新たなスタートを切ります。お世話になった多くの方々に感謝するとともに、1級審判員になれる喜びとそれ以上の責任感を持ち、日々精進していきます。

藤田優 新1級審判員(愛媛県)
毎試合、いい準備をして、自分の持っている力を最大限に出し、ベストなパフォーマンスをしていきたいです。何事も自覚と責任感を持ち取り組んでいきます。同期という仲間であり、ライバルと切磋琢磨して、成長していこうと思います。

先立圭吾 新1級審判員(福岡県)
競技規則と審判員の目標を基に、サッカーの魅力を引き出せる審判員を目指します。また、これまでお世話になった方々への感謝と謙虚な気持ちを忘れずに、目の前の1試合1試合を全力で取り組んでいきます。

緒方孝浩 新1級審判員(大分県)
今回、1級審判員となり初めての研修会に参加しました。研修会では同期の仲間と出会い、多くのことを学び考え、本当に刺激的で楽しい研修会でした。これからも、積極的に学び、経験し、審判員としてだけでなく、人間としても成長していきたいと思います。

関連情報
アーカイブ
NEWS メニュー

関連情報

  • 4級審判員向けJFAラーニング

JFA.jp SITEMAP