btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > 出場チーム紹介vol.5 バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会

ニュース

出場チーム紹介vol.5 バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会

2014年12月30日

出場チーム紹介vol.5 バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会

バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会が、2015年1月4日(日)より6日(火)まで東京都の駒沢オリンピック公園体育館と大田区総合体育館で開催されます。1次ラウンドは48チームを4チームずつ12グループに分けてリーグ戦を行い、各グループ1位チーム及び2位のうち成績上位4チームが決勝トーナメントへ進出します。決勝トーナメントは16チームによるノックアウト方式で行います。
今回は下記6チームをご紹介します。

巣南サッカースポーツ少年団(岐阜県)

竹田朗徳 監督
岐阜県瑞穂市(旧巣南町)で活動しているサッカー少年団です。
全国大会は初めての出場となります。
個性豊かな選手が多く、アイデアあるプレーで勝利を目指します。

竹田司 選手
チーム一丸となり、自分たちの持っている力を精一杯出し切り、勝利を目指します。

オールサウス石山SCJr(滋賀県)

川﨑覚 監督
チーム一丸となって上位を狙います。

新田陽人 選手
フットサル経験は浅いですが、息の合ったパスワークで上位を狙います。

京都リノ2001FC(京都府)

辻川裕樹 監督
まずは、今大会出場にあたり、たくさんの方にご尽力いただいた事に感謝いたします。キャプテンのコメントの通りみんなで楽しむことを忘れずに戦いたいと思います。 そしてもっとフットサルをみんなが好きになってもらえたら嬉しいです。

荻野元伸 選手
一戦一戦を大切に、チーム一丸となって最後まであきらめず、粘り強く、京都代表として全力で戦います。
そして初出場の全国大会をみんなで楽しみ、多くの事を学びたいと思います。
がんばるぞー!

ドリームFC(大阪府)

桑野賢二 監督
DREAMは試合の中で真剣に遊べる選手を目指してテクニックのマスターを最優先に考える個人育成主義のチームです。
選手たちが次のステージで大活躍する為にも慌てずに焦らずにじっくりと個人を育てたいと思っています。
この素晴らしい舞台で、一生懸命にこだわりながら努力して身につけた自分だけの武器を前面に出しつつ、のびのびと楽しみながら超攻撃的にチャレンジしてほしいと思います。

石川晴也 選手
みんなで力を合わせてアイデア豊かに一生懸命に頑張ります。
個人的には縦ドリブルで突破してクロスをあげてアシストし全国優勝を目指します!

長尾ウオーズフットボールクラブ(兵庫県)

山田暢彦 監督
チーム創立から26年を迎えた宝塚のサッカーチームです。コーチは全員ボランティアで、地域の小学校中心に110名の子供たちと「裾野は広く、頂は高く」をモットーに全力で活動しています。

池田遥人 選手
絶対 勝つぞ!!

小林遼生 選手
得点を決めて決勝ラウンドに進みたい!!

高木隆飛 選手
今までコーチに教えてもらった全てを出し切って悔いのない試合にしたいです。そして、優勝を目指して頑張ります。

永井亮成 選手
長尾ウオーズはサッカーチームだけどフットサルといって気を抜かず頑張ります。兵庫県代表なので良い成績を残します。

原颯汰 選手
点を入れられるよう頑張ります!!

平岡大陽 選手
やるからには優勝目指して頑張ります!!

村田雄紀 選手
全国へ優勝目指し頑張るぞ!

母谷向日葵 選手
全力でベストを尽くして頑張ります。

柳生泰輝 選手
全国大会に出られてうれしいです。練習の成果を発揮して、悔いのないプレーをしたいです。優勝目指して頑張ります。

山本涼太郎 選手
兵庫県代表として誇りを持ち、チームに貢献出来るよう、優勝目指して頑張ります。

ディアブロッサ高田FC(奈良県)

川上弘仁 監督
奈良県代表として、全員攻撃・全員守備で、1戦1戦全力でチャレンジします。

大川立樹 選手
優勝目指して全力でチャレンジします。

バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会

2015年1月4日(日)〜1月6日(火)
東京/駒沢オリンピック公園体育館、大田区総合体育館

大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー
[an error occurred while processing this directive]

JFA.jp SITEMAP