btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > U-20女子 2016年 > 最新ニュース一覧 > U-20日本女子代表 FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア2016 気を引き締めて、準決勝フランス戦へ

ニュース

U-20日本女子代表 FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア2016 気を引き締めて、準決勝フランス戦へ

2016年11月28日

U-20日本女子代表 FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア2016 気を引き締めて、準決勝フランス戦へ

FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア2016 準決勝フランス戦を2日後に控えたU-20日本女子代表は27日(日)、暑さも落ち着いた夕方からトレーニングを行いました。前日は一日オフとなり、しっかりと体を休めることができた選手たち。試合に向かう心と体に切り替えて、トレーニングに臨みました。1対1から始まり、ポゼッションやシュートの練習、最後は8対8+1フリーマンのゲームを行い、約1時間半のトレーニングを終えました。

U-20日本女子代表 対 U-20フランス女子代表の準決勝は11月29日(火)19:30(日本時間18:30)より行われます。

選手コメント

MF #8 長谷川唯 選手(日テレ・ベレーザ)
これまで速い、強いチームと対戦してきましたが、フランスはさらに「上手さ」が加わった印象です。日本は組織力のチームだと思いますが、個の能力がないとこの先やっていけない。予測の部分で上回る、攻撃で先手を取って勝ちにいくようにしたいです。ブラジル戦はこれまでの3試合の反省を生かすことが出来ました。積極的にゴールを狙い、ミドルシュートも決めていきたいと思います。

DF #3 北川ひかる 選手(浦和レッズレディース)
初足が速くて、突破力もある相手のキーマンを抑えること、また、無駄走りでも良いので攻撃に参加して、チームに貢献したいと思っています。攻守の切り替えを速くして、ボールを奪えていると思う。この舞台で出来るのは一生に一度、ピッチに入ったら楽しもうという気持ちで試合に臨んでいます。うまくいかないときでも、次のプレーで絶対良いプレーをしようと、プラスに考えて出来ているので、続けていきたいと思います。

MF #6 隅田凜 選手(日テレ・ベレーザ)
ゴール前での丁寧さに加え、ダイナミックなミドルシュートを打つことができれば、相手の脅威になるのではないかと考えています。これまでの4試合、守備に回ることが多かったのですが、積極的な攻撃参加をし、そろそろシュートを決めたいと思っています。

スケジュール

FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア 2016
11月13日(日) 6-0 vs  ナイジェリア(Bava Park)
11月14日(月) AM/PM トレーニング
11月15日(火) AM/PM トレーニング
11月16日(水) 0-1 vs  スペイン(Bava Park)
11月17日(木) AM/PM トレーニング
11月18日(金) AM/PM トレーニング
11月19日(土) AM/PM トレーニング
11月20日(日) 5-0 vs  カナダ(National Football Stadium)
11月21日(月) AM/PM トレーニング
11月22日(火) AM/PM トレーニング
11月23日(水) AM/PM トレーニング
11月24日(木) 3-1 準々決勝 vs ブラジル(National Football Stadium)
11月25日(金) AM/PM トレーニング
11月26日(土) AM/PM トレーニング
11月27日(日) AM/PM トレーニング
11月28日(月) AM/PM トレーニング
11月29日(火) 19:30 準決勝 vs フランス(Sir John Guise Stadium)
11月30日(水) AM/PM トレーニング
12月1日(木) AM/PM トレーニング
12月2日(金) AM/PM トレーニング
12月3日(土) 16:00/19:30 3位決定戦/決勝(National Football Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP