JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 2017年 > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表、快勝スタート~AFC U-19選手権2018 予選グループI(11/4~8@モンゴル)

ニュース

U-18日本代表、快勝スタート~AFC U-19選手権2018 予選グループI(11/4~8@モンゴル)

2017年11月05日

U-18日本代表、快勝スタート~AFC U-19選手権2018 予選グループI(11/4~8@モンゴル)

AFC U-19選手権2018予選 第1戦 vs U-18モンゴル代表 
2017年11月4日(土) キックオフ時間 16:00(現地時間) 試合時間 90分(45分×2)
Football Centre MFF(モンゴル/ウランバートル)

U-18日本代表 7-0(前半3-0、後半4-0)U-18モンゴル代表

得点
13分 原大智(U-18日本代表)
37分 オウンゴール(U-18日本代表)
41分 郷家友太(U-18日本代表)
46分 安藤瑞季(U-18日本代表)
51分 オウンゴール(U-18日本代表)
67分 谷口栄斗(U-18日本代表)
86分 田中陸(U-18日本代表)

スターティングメンバー
GK:大迫敬介
DF:川井歩、橋岡大樹、谷口栄斗、荻原拓也
MF:堀研太、齊藤未月、川村拓夢、郷家友太
FW:安藤瑞季、原大智

サブメンバー
GK:若原智哉、猿田遥己
DF:石原広教、杉山弾斗、中村勇太
MF:田中陸、藤本寛也、伊藤洋輝、杉浦文哉
FW:安部裕葵、田川亨介

交代
64分 堀研太 → 藤本寛也
64分 郷家友太 → 田中陸
82分 原大智 → 田川亨介

マッチレポート

U-18日本代表のAFC U-19選手権2018予選第1戦の対戦相手はU-18モンゴル代表。試合は序盤から日本のペースで進むと、13分には左サイドバックの荻原拓也選手が相手右サイドをドリブル突破し、左足でゴール前に低くて早いクロスボールを入れます。このボールに原大智選手がニアサイドに飛び込み、足で合わせて先制します。37分には再び荻原選手が右サイドでボールを受けると、今度は右足でゴール前にクロスボールを入れ、安藤瑞季選手がヘディングシュートを放ちます。一度はゴールポストに当たりますが、跳ね返ったボールが相手ゴールキーパーにあたってボールがゴールネットを揺らし、追加点を奪います。さらに41分。同じく相手右サイドで得たフリーキックで川井歩選手が右足でゴール前にクロスボールを入れると、郷家友太選手が飛び込んでヘディングシュートを決め、3-0で前半を折り返します。

後半に入っても日本のペースは変わらず、後半開始30秒にはキャプテンマークをつけた齊藤未月選手がセンターサークル付近から相手右サイドに正確なパスを送ると、郷家選手がボールをキープし、オーバーラップしてきた荻原選手がパスを受けてゴール前にクロスボールを入れます。原大智選手がワンタッチで空いていたスペースに落とすと、走り込んできた安藤選手が冷静に右足でシュートを決めて4-0とします。さらに5分後の51分、相手右サイドで得たコーナーキックをショートコーナーで受けた齊藤選手が右足でクロスボールを入れると、安藤選手が飛び込みます。惜しくもボールに触れませんでしたが相手ディフェンダーにあたってゴールに入り5点目を奪います。67分にも再び相手右サイドでのコーナーキックからゴール前にボールが入り、一度は相手の左サイドにボールが移動しますが、このボールを途中出場の藤本寛也選手が再びゴール前に入れると、相手ゴールキーパーが弾いたボールを谷口栄斗選手が奪って右足でシュートを決めて6-0。最後は86分、途中出場の田中陸選手が相手の左サイドでボールをキープし、ゴール前に右足でクロスボールを入れます。ニアサイドに入り込んできた安藤選手が相手ゴールキーパーとディフェンダーよりも先にボールに触ったかのように見えましたが、ボールはそのままゴールネットを揺らし、7-0で試合終了。U-18日本代表は大事な初戦に快勝し、良いスタートを切ることができました。11月6日(月)に行われる第2戦は、U-18シンガポール代表と対戦します。

選手コメント

GK #1 大迫敬介 選手(サンフレッチェ広島ユース)
予選初戦ということもあり、とても良い緊張感で試合をすることができました。多くのチャンスをものにでき、守備ではチャンスをほとんど作らせなかったことは良かったと思います。中一日で次の試合があるので、チームとして一試合一試合勝てるようにしっかり準備します。

MF #6 田中陸 選手(柏レイソルU-18)
チーム全体として最善の準備をして、初戦を迎えることができました。早い時間に先制点を取り、その後もサイドを起点としながら得点を重ねることができました。後半に入ってからも攻守ともに集中を切らすことなくプレーをし続けることができました。後半からの途中出場で、個人としては前向きでボールを持っている人に対しての裏への抜け出しや、前線での守備では自分らしさを出せたと思います。ただ、決定的なチャンスで決めることができませんでした。次の試合に向けて、チームとしても個人としても少しでも良くなるよう、トレーニングに取り組んでいきます。

MF #14 郷家友太 選手(青森山田高校)
AFC U-19選手権2018予選に招集されたことを嬉しく思います。今日は初戦ということで難しさはありましたが、自分たちのサッカーができたと思います。左サイドハーフで出させてもらい、1得点ではありましたが結果を残せたので勢いに乗れると思います。まだ1試合しか勝っていないので、残りの2試合も圧倒して勝てるようにしたいです。

スケジュール

AFC U-19選手権2018 予選グループI
11月4日(土) 7-0 vs U-18モンゴル代表(Football Centre MFF)
11月5日(日) TBC トレーニング
11月6日(月) 12:00 vs U-18シンガポール代表(Football Centre MFF)
11月7日(火) TBC トレーニング
11月8日(水) 12:00 vs U-18タイ代表(Football Centre MFF)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

【AFC U-19選手権2018】
予選各グループの1位(10チーム)と、各グループの2位の中から成績上位の5チームと開催国を加えた16チームで、2018年 10月18日~11月4日に開催予定。

AFC U-19選手権2018 予選

大会期間:2017/10/31(火)~11/8(水)

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー