JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2015年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 マッチレポート 第22回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 5位/6位決定戦 vs.U-17スロバキア代表

ニュース

U-17日本代表 マッチレポート 第22回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 5位/6位決定戦 vs.U-17スロバキア代表

2015年08月23日

U-17日本代表 マッチレポート 第22回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 5位/6位決定戦 vs.U-17スロバキア代表

第22回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 5位/6位決定戦 vs U-17スロバキア代表
2015年8月22日(土) キックオフ 11:00 試合時間 90分(45分×2)
LAZNE BOHDANEC(チェコ)

U-17日本代表 3-1(前半1-1、後半2-0) U-17スロバキア代表

得点
27分 失点(U-17スロバキア代表)
37分 宮崎幾笑(U-17日本代表)
74分 菅大輝(U-17日本代表)
88分 中村駿太(U-17日本代表)

スターティングメンバー
GK:山口瑠伊
DF:長谷川巧、森下怜哉、橋岡大樹、杉岡大暉
MF:堂安律、冨安健洋、佐々木匠、宮崎幾笑
FW:中村駿太、吉平翼

サブメンバー
GK:脇野敦至
DF:立田悠悟、森岡陸
MF:安井拓也、梶山幹太、渡辺皓太
FW:菅大輝、伊藤遼哉

交代
61分 杉岡大暉 → 渡辺皓太
67分 宮崎幾笑 → 菅大輝
73分 吉平翼 → 梶山幹太

マッチレポート

第22回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント、グループステージを3位で終えた日本の5位/6位決定戦の相手は、グループBを同じく3位で終えた、スロバキア代表となりました。

大会最終戦を勝って終えようと、試合開始からお互いにアグレッシブな展開が続きます。前半も中盤に差しかかり、日本は支配率で相手を圧倒するも、あと一歩の所で最後のフィニッシュの精度に欠け、得点を奪えません。そして27分、右サイドをスピードあるドリブルで突破され、シュートを決められ、スロバキアに先制点を与えてしまいます。負けられない日本は37分、左サイドでボールを受けた、MF宮崎幾笑選手が、ドリブルで中央に切り込み、右足で2試合連続となるゴールを決め、同点に追いつき、前半を終えます。

後半も終始日本ペースで試合を進め、74分には、FW中村駿太選手が左からのクロスを合わせ、相手GKが弾いたボールを、後半途中から入ったFW菅大輝選手が押し込み、逆転に成功します。

その後も手を休ませない日本は、試合終了間際にもMF堂安律選手の完璧なスルーパスをFW中村駿太選手が相手GKとの1対1を冷静に決め、3-1で試合終了。

日本は、大会参加8チーム中5位という結果で大会を終えました。

選手コメント

橋岡大樹 選手(浦和レッズユース)
今回の遠征では、1つ上の学年の選手たちの中で、トップチームの試合にも出ている選手や海外のチームでプレーしている選手たちと一緒にプレーすることで、色々な事を学び経験出来たと思います。海外のチームとの試合では、自分の特徴である気持ちの入ったプレーや、ヘディングの競り合いの場面では絶対に負けない気持ちでプレーしました。空中でのボールの競り合いでは、体の大きな海外の選手たちにも幾度も勝つことが出来ましたが、まだまだパスミス等が多かったので、一つ一つのプレーの質をもっと上げていけるように、所属チームに戻ってもしっかりトレーニングに励みたいと思います。

伊藤遼哉 選手(FCシャルケ04)
今大会に向けて、チーム全員が揃ったのが初戦前日の夜となってしまい、コンビネーション等の面で不安がありましたが、試合を重ねるにつれ、一つのチームとして良くなっていけたと思います。しかし、その中で勝ち切れずに落としてしまった試合もあり、最終順位は5位で大会を終えました。今大会を通し、しっかりと難しい試合でも、勝ち切る事の大切さを学べたと思います。また、普段自分はドイツでプレーしているので、日本の同年代の選手たちとプレーする事でとても良い刺激になりました。

スケジュール

第22回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント
8月18日(火) AM
2-0
トレーニング
vs  ウクライナ代表(Lazne Bohdanec)
8月19日(水) 1-4 vs  チェコ代表(Vysoke Myto)
8月20日(木) AM トレーニング
8月21日(金) 2-2 vs  ハンガリー代表(HLINSKO)
8月22日(土) 3-1 vs  スロバキア代表(LAZNE BOHDANEC)

 ※時間はすべて現地時間

第22回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 参加国

グループA:チェコ、ハンガリー、日本、ウクライナ
グループB:スロバキア、スロベニア、アメリカ、ロシア

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー