JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 第21回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント マッチレポート vs U-17スロバキア代表

ニュース

U-17日本代表 第21回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント マッチレポート vs U-17スロバキア代表

2014年08月21日

U-17日本代表 第21回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント マッチレポート vs U-17スロバキア代表

第21回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 第1戦 vs U-17スロバキア代表
2014年8月20日(水) 17:00 キックオフ 90分(45分ハーフ)
ナヴァイドラ(チェコ/ズリーン)

U-17スロバキア代表 2-1(前半1-0、後半1-1)U-17日本代表

得点
25分 失点(U-17スロバキア代表)
58分 失点(U-17スロバキア代表)
78分 杉森考起(U-17日本代表)

スタ―ティングメンバー
GK:小島亨介
DF:村松航太、野田裕喜、町田浩樹、浦田樹
MF:髙木彰人、鈴木徳真、久保田和音、長沼洋一
FW:加藤陸次樹、小林颯

サブメンバー
GK:阿部航斗
DF:山川哲史
MF:坂井大将、井上潮音
FW:サイゴダード、杉森考起、岸本武流

交代
HT 村松航太 → 坂井大将
55分 加藤陸次樹 → 岸本武流
55分 小林颯 → 杉森考起
84分 長沼洋一 → サイゴダード

マッチレポート

U-17スロバキア代表との初戦。
スターティングメンバーは、7月の新潟国際に招集された選手が中心となりました。
前半は、芝が長いピッチに日本の選手が慣れず、パススピードが遅くなり相手にボールを奪われ攻撃を仕掛けられてしまいます。そして25分には、日本の右サイドで相手にフリーキックを与えてしまい、ゴール前に入ったクロスボールをヘディングで合わせられ先制を許してしまいます。
日本も前半終了間際にはパススピードを上げてリズム良くボールを動かすことができ、ボランチの鈴木選手がミドルシュートを打つなどチャンスを作りますが、ゴールを奪えず1点リードされて前半を終えます。

後半は、日本が同点ゴールを奪いに立ち上がりから仕掛けます。48分には長沼選手がスペースに抜け出しゴールキーパーと1vs1になりますがシュートを決めることができません。すると58分には、日本のゴール前での混戦から相手にドリブルで持ち込まれ、シュートを決められて追加点を奪われてしまいます。
しかし日本はここから反撃を開始します。途中出場の岸本選手、杉森選手が攻撃の起点を作り、右サイドの髙木選手と後半から出場の坂井選手がドリブルで仕掛け、相手ゴール前に何度もクロスボールを配給します。
そして、78分。右サイドから髙木選手が精度の高い速いクロスボールをゴール前に送ると、これを杉森選手が右足で合わせて決めて1点差。その後も杉森選手、坂井選手がゴール前でチャンスを作りシュートを放ちますが、ゴールポストおよびゴールキーパーの好セーブで阻まれてしまいます。
残念ながら試合はこのまま終了。1-2で初戦を落とした日本は明日ウクライナとグループリーグ第2戦を行います。日本は2点差以上の勝利でグループリーグを1位突破できる可能性が残っているので、気持ちを切り替えて次の試合に臨みます。

選手コメント

小島亨介 選手(名古屋グランパスU18)
今日の初戦を勝ってチームとして勢いにのりたかったのですが負けてしまいました。失点のところは崩されてやられているわけではなく、セットプレーやスローインから、自分たちの隙をつかれてやられてしまったので、自分含め、みんなで隙をつくらず安定した守備ができるように良い準備をすることや状況に応じて質の高い決断をしていかないといけないと思いました。個人のところはポジショニングや予測をした良い準備のなかで決断のスピードをあげれるようにしないといけないと感じました。まだグループ1位を狙えるのでみんなで勝ちにいきたいと思います。

浦田樹 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉U-18)
初戦で勝ち点を取ることができなかったのが残念です。前半は芝が長いピッチに対応ができずあまり良い攻撃ができませんでした。後半は修正して、良い攻撃ができたと思います。明日の試合は、2点差以上で勝って1位通過で順位決定戦に行けるようにチーム一丸となって戦います。

町田浩樹 選手(鹿島アントラーズユース)
初戦を勝利で飾ることができず悔しいです。ボールを保持する時間が長かったものの、ボールスピードがあがらずフィニッシュまでもって行くことができませんでした。逆にセットプレーやスローインから2失点をしてしまい、DFとして多くの課題が残った試合でした。まだ優勝の可能性が充分に残っているので下を向くことなく、今日の試合で出た課題をしっかりと修正し、明日のウクライナ戦に向けて良い準備をしていきたいです。

スケジュール

第21回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント
8月20日(水) 1 - 2 対 U-17スロバキア代表(ナパイェドラ)
8月21日(木) 17:00 対 U-17ウクライナ代表 (クロメルジーシュ)
8月23日(土)   順位決定戦
日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

Official Sponsor

Official Supplier

Supporting Companies

Match Sponsor

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー