JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 チェコ遠征 活動レポート(8/18)

ニュース

U-17日本代表 チェコ遠征 活動レポート(8/18)

2014年08月19日

U-17日本代表 チェコ遠征 活動レポート(8/18)

8月16日から2日間静岡市内でトレーニングを行い、SBSカップ(U-19日本代表vsU-19韓国代表)を観戦したU-17日本代表は、試合観戦後に静岡から羽田空港に移動しました。そして17日深夜に羽田空港を出発し、ドバイ、ウィーンを経由し、18日夕方に大会会場となるチェコ/ズリーンに到着しました。

ウィーン空港ではサイ・ゴダード選手がチームに合流。18名の選手が全員揃いました。
約1日かけての移動だったため、選手の表情にも疲れが見えましたが、長旅の疲れを早く取り除くためにホテル周辺のトレーニング会場でランニングとストレッチを行いました。
ホテル周辺は緑が多くきれいな町並みになっており、とてもリラックスできる穏やかな環境になっています。明日は午前午後とトレーニングを行い、20日のスロバキア戦に向けての準備を行います。

選手コント

長沼洋一 選手(サンフレッチェ広島F.C.ユース)
今回も代表に選出されて大変嬉しく思いますし、感謝の気持ちで一杯です。移動がとても長く、疲れがたまっていますが、コンディション管理も選手として必要な事なので、コンディションを整えて試合に臨めるようにしたいです。また大会に参加するので勝敗にこだわり、優勝して終われるように頑張りたいと思います。

スケジュール

第21回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント
8月20日(水) 17:00 対 U-17スロバキア代表(ナパイェドラ)
8月21日(木) 17:00 対 U-17ウクライナ代表 (クロメルジーシュ)
8月23日(土)   順位決定戦
日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

Official Sponsor

Official Supplier

Supporting Companies

Match Sponsor

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー