JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-16女子 2017年 > AFC U-16女子選手権タイ2017 > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 グループリーグ第2戦 3-0で勝利し決勝トーナメント進出決定 ~AFC U-16女子選手権タイ 2017~

ニュース

U-16日本女子代表 グループリーグ第2戦 3-0で勝利し決勝トーナメント進出決定 ~AFC U-16女子選手権タイ 2017~

2017年09月15日

U-16日本女子代表 グループリーグ第2戦 3-0で勝利し決勝トーナメント進出決定 ~AFC U-16女子選手権タイ 2017~

AFC U-16女子選手権タイ2017 第2戦 vs U-16バングラデシュ女子代表
2017年9月14日(木) キックオフ時間17:00(現地時間) 試合時間90分(45分ハーフ)
IPE Stadium(タイ/チョンブリ)

U-16バングラデシュ女子代表 0-3(前半0-3、後半0-0)U-16日本女子代表

得点
13分 田中智子(U-16日本女子代表)
31分 中江萌(U-16日本女子代表)
39分 山本柚月(U-16日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:山下莉奈
DF:新井美夕、渋谷巴菜、長江伊吹、後藤若葉
MF:山本柚月、木下桃香、石田千尋、加藤もも
FW:中江萌、田中智子

サブメンバー
GK:大場朱羽、福田史織
DF:富岡千宙、松田紫野
MF:伊藤彩羅、瀧澤千聖、中尾萌々、岩井蘭、渡邊凜
FW:大澤春花、善積わらい、百濃実結香

交代
HT 中江萌 → 百濃実結香
73分 石田千尋 → 岩井蘭
82分 加藤もも → 瀧澤千聖

マッチレポート

グループステージ突破がかかったバングラデシュ戦。

緊張が漂う中、選手が入場。現地時間17:00(日本時間19:00)にキックオフ。

開始2分、山本柚月選手がゴール前中央の田中智子選手にスルーパスを出すも、タイミングが合いません。その直後の3分、左サイドでボールを持った山本選手がドリブルでゴール前中央まで運び、シュートを放つもキーパーの正面を突きます。

試合が動いたのは12分、直接フリーキックを得た日本は、キッカー山本選手がグラウンダーのパス、1タッチでコースを変えた田中選手が狙いすましたゴール。1-0とします。

23分、ハーフラインでボールを奪った木下桃香選手がドリブルからシュートまで持ち込みますが、クロスバーに直撃しゴールとなりません。

30分、田中選手からのパスを受けた中江萌選手がドリブルでボールを運びフィニッシュ、2-0とします。

その後も得点を奪いに行く日本は、39分、山本選手が右サイドでボールを受け、ドリブルシュートが決まり3-0とし前半を終えます。

後半、更に得点が欲しい日本は開始直後から攻め続けますが、得点に繋がりません。65分、加藤もも選手が、中央から後藤若葉選手へパス、シュートを放ちますが、キーパー正面となります。71分、石田千尋選手から右サイドからのクロスを田中選手がシュートキーパー正面となりゴールとなりません。その後も得点がほしい日本は選手交代を行い攻め続けますが、3-0のまま試合を終えました。

次戦は、9月17日(日)にグループリーグ第3戦、朝鮮民主主義人民共和国と対戦します。

チームは明日もトレーニングを行います。

選手コメント

GK #1 山下莉奈 選手(セレッソ大阪堺ガールズ)
今日の試合は勝てたことは良かったですが、点数を3点しか決められなかったことは課題です。ゴール前まではいけていることが多くあり、シュートも打てていましたが、キーパーに取られたり、クロス上げた時にゴール前に入れなかったり、キーパーにセーブされることがとても多かったです。そこをもっと徹底すれば、もう少しは点は決められたと思いました。攻めている時間が多かったので、リスク管理をすることを意識しながらプレーしました。確実に点数を決められるようにしていかないといけないなと思いました。
次の試合は、朝鮮民主主義人民共和国との試合なのでそれまでに少しでもレベルアップして試合に望めるようにトレーニングから意識していきたいと思います。

MF #17 木下桃香 選手(日テレ・メニーナ)
W今日はバングラデシュと試合をしました。前半はボールに関わる人数が少なかったため思うようにボールがまわせず、自分たちのペースで試合を運ぶことができませんでした。後半は相手がブロックを作ってきた中で、崩すこともできず、決めきることもできませんでした。全体として、ボールに関わるということや、決定力に欠けていたと思います。結果としては勝つことはできましたが、課題が多く残る試合となりました。今日出た課題を今後のトレーニングで改善し、次の試合に活かしていきたいです。

FW #23 百濃実結香 選手(セレッソ大阪堺ガールズ)
今日は後半から出場しました。攻撃の面では得意の裏へ抜け出すことができましたが、決める所を決められなかったり、クロスの入るタイミングが合いませんでした。守備は飛び込まずに相手からボールが離れたところで奪いきれたので良かったです。しかしこの試合でチームの雰囲気を変えたり、盛り上げたりすること、FWの仕事である、「得点をとること」ができませんでした。どんな状況でもチームを良くしていける、点を決められるなどチームに貢献できる選手になるために、トレーニング・試合を集中して行っていきたいです。

スケジュール

AFC U-16女子選手権タイ2017
9月10日(日) AM/PM トレーニング
9月11日(月) 5-0 第1戦 vs オーストラリア(IPE Stadium)
9月12日(火) AM/PM トレーニング
9月13日(水) AM/PM トレーニング
9月14日(木) 3-0 第2戦 vs バングラデシュ(IPE Stadium)
9月15日(金) AM/PM トレーニング
9月16日(土) AM/PM トレーニング
9月17日(日) 18:00 第3戦 vs 朝鮮民主主義人民共和国(Chonburi Stadium) 
9月18日(月) AM/PM トレーニング
9月19日(火) AM/PM トレーニング
9月20日(水) 16:00/19:30 準決勝(Chonburi Stadium)
9月21日(木) AM/PM トレーニング
9月22日(金) AM/PM トレーニング
9月23日(土) 16:00/19:30 3位決定戦/決勝(Chonburi Stadium)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-16女子選手権タイ2017

大会期間:2017年9月10日(日)~2017年9月23日(土)
※上位3チームがFIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018に出場。
招集メンバーや日程など大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー