JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE キルギス・ビシケクでトレーニング開始 ~FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選~

ニュース

SAMURAI BLUE キルギス・ビシケクでトレーニング開始 ~FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選~

2019年11月12日

SAMURAI BLUE キルギス・ビシケクでトレーニング開始 ~FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選~

FIFAワールドカップ2022カタール アジア2次予選 キルギス代表とアウェイで戦うSAMURAI BLUEは11日(月)、キルギスの首都ビシケクでトレーニングを開始しました。

昨日20時間を超える移動を経てキルギスへ到着したJリーグクラブ所属の7選手は朝3時過ぎにホテルに到着、試合そして移動の疲れを少しでも回復するために体を休めました。その間、ヨーロッパのクラブに所属する川島永嗣選手(RCストラスブール)、シュミット・ダニエル選手(シントトロイデンVV)、長友佑都選手(ガラタサライSK)、吉田麻也選手(サウサンプトン)、酒井宏樹選手(オリンピック・マルセイユ)、植田直通選手(セルクル・ブルージュKSV)の6人も合流しました。

そして夕方、13選手はビシケクでの初のトレーニングを行いました。トレーニング会場はキルギスリーグで10回の優勝経験を持つFCドルドイのグラウンドで行いました。チームが到着するとクラブのプレジデント、民族衣装をまとったスタッフより、歓待していただきました。また、トレーニング前にはキルギスにいる日本人の子どもたちと写真撮影を行いました。

トレーニングは週末のリーグ戦、そして長時間の移動による疲労を考慮し、ランニング、そしてボールを使った負荷の軽いメニューをこなして、約60分で終了しました。

12日(火)のトレーニングからは23選手全員が揃い、14日(木)のキルギス戦に向けた準備を進めていきます。

監督・選手コメント

SAMURAI BLUE(日本代表)森保一 監督
週末それぞれ活動をしてきて、そして長旅を経てここまで集まってくれましたが、みんな疲れもみせずに、また試合に向けて良い準備をしようという気持ちも感じ取れました。
キルギス戦まで限られた時間でのトレーニングとなりますが、選手一人一人がベストのコンディションをつくることと、チームとしてキルギスに勝利できるように戦うイメージを共有しようと選手には話しました。
完全アウェイの中での戦い、難しい試合、厳しい試合になるということを覚悟して、一日一日限られた時間の中で良い積み上げをして試合に望みたい。
相手も必死で戦ってくると思うので、最初の球際、切り替えのスピードで負けずに、上回っていけるようにしたいです。
この試合もこれまでのアジア予選同様、勝ち点3を取れるように良い準備をして戦いに備えたいですし、2次予選突破に向けて前進できるようにイメージを持って戦いたいです。
我々に隙や油断がうまれないようにしたい。試合をやる前に勝ち点を3とれている試合は無いということをチームとして認識して、試合に臨みたい。
ただ、ここまで選手たちは隙や油断をみせることなく戦ってきているので、今回もいい準備をして戦えると思います。

DF 長友佑都 選手(ガラタサライSK)
先の予選のことも考えて、ここでしっかり勝ち点3を積み上げておかないと、この先が難しくなってくると思っています。
勝つことにこだわってやりたいです。
ビシケクはちょうどいい気候、そんなに暑くもなく、寒すぎることもないので良いコンディションでプレーできると思います。
立ち上がりから、こちらがプレッシャーをかけていい形で入りたい。
ファンの皆さんが期待してくださっていると思うので、しっかり期待に応えられるように。
内容も結果も最高のサッカーを見せたいと思います。

MF 橋本拳人 選手(FC東京)
ビシケクは思ったより寒くて、びっくりしましたが、暑すぎるよりはいいと思います。
相手のホームなので勢いをもってくると思うので、それに負けないようにこちらも勢いもってやることが大事になります。
ここまで自分たちのサッカーを90分間続けられていますし、しっかり準備もできていて、試合の入りもいいと思うので、それは続けていくことが必要です。
絶対に勝たないとけいけない試合、自分の力を最大限発揮して、勝利に貢献したい。

FW 鈴木武蔵 選手(北海道コンサドーレ札幌)
3連勝してきていますが、簡単な試合はありませんでした。
アウェイの移動、コンディショニングの中でも勝利は必要なので、ひたむきにしっかり自分たちのプレーを続けていけば勝利は見えると思う。
サッカーの基本的な部分は外してはいけない、球際、攻守の切り替え、相手に走り勝つという部分、そこで勝らなければ、どんな相手とやっても難しい試合になると思います。そのサッカーの最低限のところは相手に勝るということは大事だと思います。
3月から呼ばれていてまだゴールを決められていないので、ゴールという明確なものでアピールできたらと思います。
そのためには、いつもコンサドーレでやっている自分のプレーを出せれば自ずとそこはついてくると思うので、そこはしっかりやっていきたい。
泥臭くゴールと結果を求めてやっていきたいと思います。

  • SAMURAI BLUE(日本代表)森保一 監督 インタビュー

  • 長友佑都 選手(ガラタサライSK/トルコ)インタビュー

  • 橋本拳人 選手(FC東京)インタビュー

  • 鈴木武蔵 選手(北海道コンサドーレ札幌)インタビュー

スケジュール

FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選 対 キルギス代表
11月11日(月) PM トレーニング
11月12日(火) PM トレーニング
11月13日(水) TBC 公式会見・公式練習
11月14日(木) 17:15 FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選
兼AFCアジアカップ中国2023予選

対 キルギス代表(Dolen Omurzakov Stadium)
11月16日(土) 18:00 トレーニング(J-GREEN堺)※一般公開

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは都合により変更となる場合があります。

2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選

キルギス代表 対 SAMURAI BLUE(日本代表)
開催日時:2019年11月14日(木) 17:15(日本時間20:15)キックオフ(予定)
会場:キルギス/Dolen Omurzakov Stadium

大会情報はこちら

2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選 特設ページ
 
2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選 特設ページ

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー