JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、メキシコとの初戦に惜敗 ~第23回国際ユースサッカーin新潟~

ニュース

U-17日本代表、メキシコとの初戦に惜敗 ~第23回国際ユースサッカーin新潟~

2019年07月14日

U-17日本代表、メキシコとの初戦に惜敗 ~第23回国際ユースサッカーin新潟~

国際ユースサッカーin新潟 vs. U-17メキシコ代表
2019年7月13日(土) キックオフ時間16:30 試合時間90分(45分ハーフ)
スポアイランド聖籠(新潟)

U-17日本代表 1-2(前半1-1、後半0-1)U-17メキシコ代表

得点
21分 唐山翔自(U-17日本代表)
27分 失点(U-17メキシコ代表)
89分 失点(U-17メキシコ代表)

スターティングメンバー
GK:野澤大志ブランドン
DF:藤田譲瑠チマ、半田陸、鈴木海音、畑大雅
MF:相良竜之介、横川旦陽、成岡輝瑠、三戸舜介
FW:唐山翔自、杉浦力斗

サブメンバー
GK:ヒル袈依廉
DF:村上陽介、下川太陽
MF:山内翔、田中聡、中野桂太、中野瑠馬
FW:武内翠寿

交代
60分 相良竜之介 → 中野瑠馬
60分 杉浦力斗 → 武内翠寿
85分 中野瑠馬 → 中野桂太

マッチレポート

7月9日(火)より新潟県に集合して活動を開始したU-17日本代表は13日(土)、U-17メキシコ代表との第23回国際ユースサッカーin新潟の初戦を迎えました。どちらのチームも10月下旬にブラジルで開幕するFIFA U-17ワールドカップへの出場を決めており、現在の自分たちの実力を測る絶好の機会です。試合前に森山監督からは「今大会は優勝と内容の両方を求めて戦う。自分たちの時間を増やして相手の足を止めよう」と伝えられました。
前半は両チームとも冷静な立ち上がりから互角の展開が続き、どちらも大きなチャンスを作ることができません。しかし、徐々に日本がボールを保持する時間が増え、相手エリアでのプレーが増えます。すると、21分にペナルティエリア前中央でFW#11唐山翔自選手がボールを受け、豪快なミドルシュートを放ちます。惜しくもゴールバーに当たりますが、跳ね返りのボールをFW#18杉浦力斗選手が無人のゴールにヘディングで決めて1-0とします。その後も日本ペースが続くかと思われましたが、27分にバックパスのミスから相手FWに詰められて同点に。前半のうちに再度勝ち越したかった日本ですが、その後は決定的なシーンを作ることができず、1-1で前半を終了します。
後半も日本が先にチャンスを作りますが枠を捉えずことができず、得点には繋がりません。得点を奪えずにいる日本は単純なミスが増えていきます。このミスを見逃さなかったメキシコは89分、左コーナーキックから流れたボールでセンタリングを上げ、最後はヘディングで追加点を決めて1-2に。なんとか追いつこうと攻め続けた日本でしたが、ゴールは遠く、大会初戦は黒星スタートとなりました。

U-17日本代表は14日(日)にU-17ボスニア・ヘルツェゴビナ代表との第2戦に挑みます。

選手コメント

DF #2 鈴木海音 選手(ジュビロ磐田U-18)
今日の試合は、前半は決して悪くない内容でしたが少ないチャンスを決められ同点にされてしまい、後半も自分たちのミスが多くなり逆転されてしまい負けてしまって悔しいです。U-17ワールドカップのグループも決まりとうとう本番という雰囲気の中、負けてしまったことは悔しいですが、残りの2試合に勝ち、これからの練習や試合で今日の試合、今大会の経験を生かしていきたいです。

DF #16 藤田譲瑠チマ 選手(東京ヴェルディユース)
大会初戦のメキシコ代表戦を終えて、世界に通じるものと通じないものがはっきり見えたと思うので、これからはその通じるものを磨き、通じなかったものを克服できるようにしていきたいと思います。大会も残り2試合あるので、チームで団結して、2試合全て勝って、実りある遠征にしたいと思います。

MF #10 成岡輝瑠 選手(清水エスパルスユース)
今日のメキシコ戦は先制できたものの、自分たちのミスから流れを渡してしまい、難しい試合にしてしまいました。練習からやってきたテンポ良くボールを動かし相手を揺さぶる攻撃というものがなかなか出来ず、ゲーム展開が早くなってしまいました。
個人としてはパスミスやトラップミス、持ちすぎてボールを失う場面など、単純なミスが多くあり、集中を欠いたプレーが続きた試合でした。受ける前の準備であったり、受け方をもっと考えてシンプルにやるところとチャレンジするところの判断をしっかりして、次からの試合に生かしていきたいです。

FW #18 杉浦力斗 選手(興国高)
今日のメキシコ戦では先制点を取ることが出来たものの、チームとして決定機を決め切れなかったのが課題でした。最後の最後に身長のある選手に決められてしまい、海外の選手はそこで試合を決める力を持っているなと思いました。今回の新潟遠征でアピールしてワールドカップのメンバーに入れるよう頑張っていきたいです。

スケジュール

第23回国際ユースサッカーin新潟
7月13日(土) 1-2 対 U-17メキシコ代表
(スポアイランド聖籠)
7月14日(日) 16:30 対 U-17ボスニア・ヘルツェゴビナ代表
(五十公野公園陸上競技場)
7月15日(月・祝) 15:50 対 U-17新潟県選抜
(デンカビッグスワンスタジアム)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第23回国際ユースサッカーin新潟

大会期間:2019/7/13(土)~2019/7/15(月・祝)
会場:新潟/スポアイランド聖籠、五十公野公園陸上競技場、デンカビッグスワンスタジアム

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー