JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > 世界のパワーとスピードを想定して大学生との合同トレーニング ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

ニュース

世界のパワーとスピードを想定して大学生との合同トレーニング ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

2019年05月26日

世界のパワーとスピードを想定して大学生との合同トレーニング ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

6月7日(金)に開幕するFIFA女子ワールドカップフランス2019に臨むなでしこジャパンは、世界の頂点を目指して千葉県内で5月22日(水)からトレーニングキャンプに臨んでいます。

前日から負荷の高い本格的なトレーニングが始まり、この日は早稲田大学ア式蹴球部の選手に協力を仰ぎ、合同トレーニングを行いました。

世界に出て相対する強豪国を想定して、これまでも同様に男子とのトレーニングを積み重ねてきたなでしこジャパン。この日もスピードとパワーで勝る大学生を相手に主に守備のトレーニングに時間を割きました。サイドでの1対1の対人守備では食らいついていく守備を、そして上げられるクロスに対してゴール前に入ってくる相手に対して体を当ててゴールを守ります。その後は相手のダイナミックなサイドチェンジに対する守備ラインのお互いの距離感やスライドのスピード、戻るポジションなどを確認し、守備ブロックが崩された時の対応についてもトレーニングしました。男子大学生のスピードとパワーを欧米の強豪国に見立てたトレーニングの合間に自分たちのプレーを振り返る選手たちの表情は、これまでのリラックスしたものとは打って変わって真剣そのものでした。

練習終了後にはSAMURAI BLUE(日本代表)の森保一監督がサプライズで登場。昨年のFIFAワールドカップロシア大会に当時コーチとして出場した森保監督の激励の言葉に、選手一同驚きと喜びを隠せませんでした。

そしてこの日の午後は、二子玉川で実施された日本代表サポーティングカンパニー・朝日新聞社による応援イベント「なでしこのちから」に高倉麻子監督と選手21名が出演。晴天に恵まれた週末のショッピングセンターということで1,500人を超えるファン・サポーターが集まり、ワールドカップに挑むなでしこジャパンに大きな声援を送りました。その後は日本サッカーミュージアムに移動し、館内を周ってなでしこジャパン特別展示コーナーを見学。ここでも多くの方の応援を感じる時間となりました。

なでしこジャパンは26日まで国内でトレーニングキャンプを行います。

コメント

SAMURAI BLUE(日本代表)森保一 監督
なでしこジャパンがワールドカップに向けて練習していると聞いたので、激励に来れるのかなと思っていましたが、逆にいい刺激をもらいました。すごく緊張感のあるトレーニングをしていましたし、チームとして目標に向かっていくというコミュニケーションを取りながら練習しているところが、我々の活動にも活かしたいなと、いい刺激をもらいました。目的を持った練習が行われていて、緊張感があっていいトレーニングしているなと思いました。世界一を獲るのは簡単なことではないと思います。我々男子も世界一を獲ることを目標にして頑張っていますので、女子から学んで高みを目指してやっていきたいと思います。日頃最大限の努力をしていると思うので、大会前に悔いの残らないようにその努力を、準備を続けてほしいともいます。期間中はプレッシャーがあったり、厳しい試合の連続だと思いますが、楽しむことを忘れずに頑張ってほしいなと思います。

選手コメント

DF #12 南萌華 選手(浦和レッズレディース)
今日のテーマはディフェンスラインで距離感を保ってスライドすることを目的にトレーニングしました。まず大事なのはクロスを上げさせないようにすることですが、展開された時の距離感やボランチとの受け渡し、マークの確認、早い準備が大事になってきます。海外に出る前にこのタイミングでトレーニングできてよかったです。森保監督の言葉一つ一つに重みを感じました。これから男子も試合が多くあるので、一緒に戦っていきたいです。明日も大学生にも協力してもらっているので、いい緊張感を持って取り組みたいです。

DF #22 清水梨紗 選手(日テレ・ベレーザ)
サイドバックとして、ディフェンスラインをコンパクトに保っている中でもサイドでの1対1の場面は出てくるので、まずはそこで負けないことは要求されています。大学生は外人選手のようにシンプルにパワーとスピード使ってくれて、いい練習になりました。自分は1対1でもっと勝たないといけないので、大学生相手でもボールを奪えるようにならないと、と思っています。森保監督にはエールを頂いて、頑張らないと思いました。

DF #23 三宅史織 選手(INAC神戸レオネッサ)
今日のトレーニングでは、みんなでコミュニケーション取って細かい確認が取れたので良かったと思います。海外のチームは1対1で勝つのは難しい相手が多いので、そこで人数を多くかけて、狭いエリアで奪えるように、特にスピードがない日本人というところを意識してスライドの部分を強調したトレーニングになりました。明日も大学生とのトレーニングになりますが、今しかミスできる時はないので、思い切りやりたいです。森保さんが来てくれたことは驚きました。チームに言葉をかけてもらい、日本を背負っているなと改めて思いました。

スケジュール

なでしこジャパン(日本女子代表)のスケジュールはこちら

FIFA女子ワールドカップフランス 2019

大会期間:2019年6月7日(金)~2019年7月7日(日)

グループステージ:
2019/6/11(火) 01:00キックオフ(日本時間)
vs アルゼンチン代表

2019/6/14(金) 22:00キックオフ(日本時間)
vs スコットランド代表

2019/6/20(木) 04:00キックオフ(日本時間)
vs イングランド代表

TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー