JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン コンディションを整えて中国との第2戦へ~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会~

ニュース

なでしこジャパン コンディションを整えて中国との第2戦へ~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会~

2017年12月10日

なでしこジャパン コンディションを整えて中国との第2戦へ~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会~

E-1サッカー選手権の初戦・対韓国女子代表戦に勝利したなでしこジャパンは翌9日(土)、午前中にトレーニングを行いました。

トレーニング冒頭で全選手・スタッフを集めた高倉麻子監督は、「難しい大会初戦、3点を取って接戦を勝ちきれたことはとても大きい」と3-2で勝利した韓国戦を振り返ると、「最後まで足を止めずに戦ったからこその勝利。スタメンだけでなく、サブで入ったメンバーも結果を残した。試合に出場しなかった選手もきっちり準備していた。これはチームとしての勝利」とハードワークを称えました。「でもまだ1試合を終えただけ。23人全員で戦って、この大会で何かを掴み取ってさらに次につなげていこう」と第2戦の中国女子代表戦に向けて、チームを引き締め直します。

その後のトレーニングは、前日の韓国戦で出場時間が長かった選手はランニングとストレッチのリカバリーメニューで疲労回復に努め、その他の選手たちは中国戦に向けたトレーニングに精を出しました。パス&コントロール、ポゼッション、ゴールまでのコンビネーションと徐々にメニューの強度を高め、最後は2チームに別れたミニゲームでこの日のトレーニングを終えました。

夕食前には初戦を振り返るミーティングが行われ、映像を見ながら修正点などを共有しました。11日(月)の中国女子代表戦に向けてさらなる準備を進めます。

選手コメント

GK #21 松本真未子 選手(浦和レッズレディース)
初戦に勝つことができ、チーム状態はいいですし、個人的にも準備はできています。試合に出場することになれば、自分の持ち味であるシュートストップや1対1の強さを生かしてチームのピンチを救いたいと思います。そしてゴールを守ることだけでなく、そこから流れを引き寄せられるようなプレーでチームに貢献したいです。

MF #14 中里優 選手(日テレ・ベレーザ)
今回の活動が始まって1週間ほどが経ちますが、公式戦だからか、今まで以上にチームとしての一体感を感じています。それもあってチームの調子もいいと思います。これから中国戦、朝鮮民主主義人民共和国戦と2試合あり、両チームともに自分よりも体の大きな選手ばかりですが、こうした相手にも恐れずに向かっていく姿を見てほしいです。

スケジュール

EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会
12月8日(金) 3-2 第1戦 vs 韓国女子代表
(千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ))
12月9日(土) 11:00 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
12月10日(日) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月11日(月) 18:55 第2戦 vs 中国女子代表
(千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ))
12月12日(火) 11:00 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
12月13日(水) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月14日(木) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月15日(金) 18:55 第3戦 vs 朝鮮民主主義人民共和国女子代表
(千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ))

※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

JFA‐TV

  • 中島依美 選手 (INAC神戸レオネッサ) インタビュー

Instagram フォトレポート

 

Japan Football Associationさん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿 -

EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会

男女ともに、中国、日本、朝鮮民主主義人民共和国、韓国の4チーム総当りによるリーグ戦で東アジアサッカーの頂点を競います。12月8日(金)から16日(土)まで、男子は味の素スタジアム(東京)、女子は千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ/千葉)で行われます。

▼チケット好評発売中!

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー