btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、大学生を相手に1-0で勝利し、国内キャンプを打ち上げる

ニュース

U-17日本代表、大学生を相手に1-0で勝利し、国内キャンプを打ち上げる

2017年10月02日

U-17日本代表、大学生を相手に1-0で勝利し、国内キャンプを打ち上げる

練習試合 vs 常葉大学浜松キャンパスサッカー部
2017年10月1日(日) キックオフ時間15:00(35分×3本)
御前崎NEXTAフィールド(静岡)

U-17日本代表 1-0(1本目0-0、2本目1-0、3本目0-0)常葉大学浜松キャンパスサッカー部

得点
70分 久保建英(PK)

1本目
谷晃生、鈴木冬一、小林友希、菅原由勢、喜田陽、椿直起、平川怜、福岡慎平、上月壮一郎、宮代大聖、久保建英

2本目
梅田透吾、鈴木冬一、監物拓歩、馬場晴也(→池髙暢希)、菅原由勢、福岡慎平(→喜田陽)、奥野耕平、平川怜、久保建英、中村敬斗、宮代大聖(→山﨑大地)

3本目
鈴木彩艶、井上樹、山﨑大地、馬場晴也、池髙暢希、上月壮一郎、奥野耕平、山本理仁、椿直起、中村敬斗、ブラウンノア賢信

マッチレポート

U-17日本代表は1日(日)、常葉大学浜松キャンパスサッカー部と練習試合を行い、1-0で勝利しました。

前日の練習で3対3+GKや9+GK対10などを通じて、攻撃のビルドアップやゴール前の崩しを詰めたU-17日本代表。「ゲームで出し切って、一週間後に向けてコンディションを作っていこう。みんながギラギラしている状態で臨もう」と森山監督は選手たちに声をかけ、この日の練習試合に臨みました。

1本目、U-17日本代表は立ち上がりからボールを保持し、東海リーグで上位争いを繰り広げる常葉大学浜松キャンパスサッカー部の隙を探していきます。8分、MF福岡慎平選手からのパスに対してFW宮代大聖選手がDFの裏へふわりとしたシュートを放ちますが、GKに防がれます。続く9分、MF平川怜選手のボールを受けたMF鈴木冬一選手がゴール前へ低いクロスを送りますが、これは合いません。ディフェンシブな相手に対してなかなかリズムが作れない日本ですが、18分、MF上月壮一郎選手のパスから宮代選手がヘディングシュート。これは、惜しくもバーをたたきます。相手に決定的なチャンスは与えないものの、決定機を作れないまま1本目を0-0で終えます。

メンバーやポジションを変えて臨んだ2本目。チャンスを伺うU-17日本代表は58分、FW久保建英選手が中央をドリブルで突破し、DF菅原由勢選手へ。ふわりと上げたパスにFW中村敬斗選手が反応してシュートを放つもこれはオフサイドになります。本番を見据えてシステムチェンジにもトライしながら、相手の連動した守備になんとか糸口を見つけようとボールを追っていきます。69分、DF池髙暢希選手がヘディングでゴールを狙いますがバーに。得点はその直後でした。中盤のMF奥野耕平選手が左の鈴木冬一選手へパス、平川選手を経由して鈴木冬一選手がペナルティーエリア内の久保選手へマイナスのボールを送ります。突破を試みた久保選手がファウルで倒され、PKを得ます。これを久保選手が冷静に決め、貴重な1得点を挙げます。

1-0で折り返して迎えた3本目。「ボールをテンポよく動かして、相手をはがしていこう」「ミスしてもチャレンジしよう」という言葉を監督から受け、追加点を狙いにいきます。80分、左サイドから上月選手が切り込んでDFのあいだへパス、FWブラウンノア賢信選手のシュートは左ポストに当たります。85分には椿選手が左サイドから一気にドリブルで持ち込み、コーナーキックを獲得。DF山﨑大地選手がヘディングシュートを狙いますが決まりません。試合はこのまま1-0で終了。試合後には、見学に訪れた方々に菅原選手がチームを代表して挨拶。「ここに来るまでに、たくさんの方が支えてくれました。目標を達成するためには僕たちが力を一つにすること、またみなさんの声援が一つになることが大事だと思います」と応援を呼びかけると、地元の子どもたちから「頑張ってください!」と掛け声が飛んでいました。

チームは2日(月)にインドに向けて出発し、8日(日)の初戦・対ホンジュラス戦に向けてグワハティで調整を続けます。

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
今日は選手たちのコンディションを考慮したなかで、プレー時間を調整しました。得点をもっと取りたかったですが、1得点を挙げ、相手にそれほど隙を与えずに堅い試合ができた。バーやポストに当たった決定機がありましたが、これをもう一つ決められれば、堅く勝利がつかめると思います。我慢の時間帯が多かったですが、こういう試合は本番でもあるでしょうし、相手のハードワークと連動した守備のおかげでいいシミュレーションができました。5日間のキャンプを経て、攻守の確認やチームとしての狙いごとが頭の中では選手たちに浸透してきました。あとは連携や個人のひらめきを中で作り出していく作業になります。足元をしっかり踏み固めて、一歩一歩進みながら、隙を作らずに勝てる勝率を1%でも上げていく戦いをしていきます。

GK #1 谷晃生 選手(ガンバ大阪ユース)
チームとしてもう少し点が決められればよかったですが、最終的に勝てたことは今後につながると思います。(大会に向けては)環境にどれだけ溶け込んで、自分たちの力を素でどれだけ出せるかが大事です。今はわくわくした気持ちや楽しみな部分が大きいですが、現地に入って試合が近づくにつれて、緊張も出てくると思います。そこでチームが一つになって、スタッフや応援してくれる人ともども一つになれれば、上まで行けると思います。一つでも多くの試合ができるようにチーム一丸となってやっていきたいです。

DF #2 池髙暢希 選手(浦和レッズユース)
個人的にはミスが多く、課題の多い試合になりました。自チームでやりなれているポジションでしたが、うまく幅を取れず攻撃の起点となれませんでした。サイドバックのポジションでも、良い場面もあったものの、ポジション取りが遅く、前線に良いボールを配球できなかったので、これを少しでも改善して大会に臨みたいです。良い直前キャンプだったので、インドでも、まずは初戦に向けて最高の準備がしたいです。早くインドの環境に慣れていきたいです。

MF #18 鈴木冬一 選手(セレッソ大阪U-18)
このまま自分のコンディションを保ちつつ、チームのコンディションも上げていきたいです。今までやってきたなかで、今回のU-17ワールドカップは3年間の集大成。みんなのレベルがすごく上がってきていると感じています。アシストや得点にどんどん絡んでいって、攻守両面で通用できるように世界で戦ってきたいです。

スケジュール

9月27日(水) PM トレーニング
9月28日(木) AM/PM トレーニング
9月29日(金) AM/PM トレーニング
9月30日(土) PM トレーニング
10月1日(日) 1-0 練習試合 vs 常葉大(御前崎NEXTA FIELD)
10月4日(水) AM/PM トレーニング
10月5日(木) PM トレーニング
FIFA U-17ワールドカップ インド2017
10月6日(金) PM トレーニング
10月7日(土) PM 公式トレーニング
10月8日(日) 20:00  vs ホンジュラス
(Indira Gandhi Athletic Stadium)
10月9日(月) PM トレーニング
10月10日(火) PM トレーニング
10月11日(水) 17:00 vs フランス
(Indira Gandhi Athletic Stadium)
10月13日(金) PM トレーニング
10月14日(土) 17:00 vs ニューカレドニア
(Vivekananda Yuba Bharati Krirangan Stadium)
10月15日(日) TBC  移動またはトレーニング
10月16日(月) TBC トレーニング
10月17日(火) 17:00/20:00 ラウンド16
10月18日(水) 17:00/20:00 ラウンド16
10月19日(木) TBC トレーニング
10月20日(金) TBC トレーニング
10月21日(土) 17:00/20:00 準々決勝
10月22日(日) 17:00/20:00 準々決勝
10月23日(月) TBC トレーニング
10月24日(火) TBC トレーニング
10月25日(水) 17:00/20:00 準決勝
10月26日(木) TBC トレーニング
10月27日(金) TBC トレーニング
10月28日(土) 17:00/20:00 3位決定戦/決勝戦

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※練習会場の駐車場はスペースが限られています。お停めいただけない場合がありますこと、あらかじめご了承ください。

FIFA U-17 ワールドカップインド2017

大会期間:2017年10月6日(金)~10月28日(土)

日本代表戦:
第1戦 10月08日(日) 23:30 vs. ホンジュラス代表
第2戦 10月11日(水) 20:30 vs. フランス代表
第3戦 10月14日(土) 20:30 vs. ニューカレドニア代表
※時間は全て日本時間

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP