JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 大会初戦に向け前日会見、公式練習を行う AFC U-16選手権2018予選

ニュース

U-15日本代表 大会初戦に向け前日会見、公式練習を行う AFC U-16選手権2018予選

2017年09月20日

U-15日本代表 大会初戦に向け前日会見、公式練習を行う AFC U-16選手権2018予選

インドネシア・ブカシにて開催されるAFC U-16選手権2018予選に出場するU-15日本代表は、9月19日(火)、大会開幕を明日に控え、15時より試合会場であるWibawa Mukti Stadiumにて公式練習を行いました。

公式練習前にはホテルにて前日会見が行われ、出場4カ国の監督が一堂に会し、それぞれ大会に向けて意気込みを語りました。U-15日本代表の有馬賢二監督は「これまで良い準備ができ大会を迎えることができます。当然予選突破は目標ですが、自分たちが今まで積み上げてきたものを選手たちと共に表現し、この予選で出し切りたいと思います。」と明日の初戦に向けて意気込みを語りました。

その後スタジアムでの公式練習に移りました。大会レギュレーションにより1時間のみと短い時間でしたが、大会前最後のトレーニングでコンディションの調整や戦術の確認を行いました。

ウォーミングアップを行なった後、3対1のボール回しや2人1組でロングボールのキックを行い、トレーニングピッチとは違う芝の状況を確かめました。その後、ピッチの縦の長さをペナルティエリアまで短くして11対11+1フリーマンのゲームを行い、その後は短い時間でしたが、フルピッチでゲーム形式のトレーニングを行いました。

そして最後にセットプレーを確認するため、2チームに分かれてコーナーキックやフリーキックなど様々な状況を想定し、ポジショニングや危険な場所をどう守るのか、また切り替えの意識をもう一度高く持ちました。選手たちは1プレーが終わるごとにコミュニケーションをとり、入念に確認しました。

夕食後のミーティングでは、廣山望コーチから本日のマッチコーディネーションミーティングで話された大会のレギュレーションをチームで共有し、いよいよ明日から2019年のワールドカップに向けた戦いが始まるという雰囲気になりました。

明日20日(水)、現地時間16時、Wibawa Mukti Stadiumにて、U-15グアム代表と第1戦を戦います。

選手コメント

GK #12 佐々木雅士 選手(柏レイソルU-15)
今回代表に選ばれて素直に嬉しく思いました。そして責任と自覚を持ってピッチの中でも外でも行動しようと思いました。オフザピッチでは、チームメイトと明るく過ごすことができてコミュニケーションもよく取れていると思います。オンザピッチでは、インドネシアに入ってから少しずつ自分もチームもコンディションが良くなって、質の高い練習ができています。明日から始まる予選では自分たちの目標でもあるU-17ワールドカップ優勝のために一試合一試合勝ちにこだわって、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいです。

DF #16 田中芳拓 選手(清水エスパルスジュニアユース)
この予選に向けての日本代表に選ばれた時は正直嬉しいとともに自覚を持たないといけないと思いました。ピッチ外では荷物を持つ、水を準備する、ピッチ内では自分から声を出して自分がチームを引っ張っていくという気持ちでチームに貢献していきたいです。自分のストロングポイントは身長が低い分、他の人より早く考えて動き、良いポジションを取ることができることと、インターセプトなので試合ではこの部分を出していきたいです。インドネシアは暑いですが少しは慣れてきて、良い試合ができると思います。明日は初戦という大事な試合になります。チームとして良い入りをして勝って勢いをつけたいです。個人としては出るか出ないかは分からないですがチームのために全力でやりたいと思います。

FW #18 吉田有志 選手(セレッソ大阪U-15)
今回久々に代表に選ばれて嬉しく思うと同時に日の丸を背負うという強い責任感を感じました。明日からいよいよ予選が始まります。今日の公式練習も非常に良い雰囲気で出来たし、みんなとても良い準備ができていると思います。明日の試合は、自分はFWなので目に見える結果を出してチームの勝利に貢献できるようにしたいです。今まで積み上げて来たものを全て出して、チーム一丸となって大事な初戦、絶対に勝ちたいと思います。

スケジュール

9月12日(火) AM
PM
トレーニング
チームビルディング
9月13日(水) AM/PM トレーニング
9月14日(木) PM トレーニング
9月15日(金) 1-1 練習試合 vs 鹿島アントラーズユース
9月17日(日) PM トレーニング
9月18日(月) PM トレーニング
9月19日(火) PM トレーニング
AFC U-16選手権2018予選 グループJ
9月20日(水) 16:00 vs グアム(Wibawa Mukti Stadium)
9月21日(木) AM トレーニング
9月22日(金) 19:00 vs シンガポール(Wibawa Mukti Stadium)
9月23日(土) AM トレーニング
9月24日(日) 16:00 vs マレーシア(Wibawa Mukti Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※A~Jグループの各グループ1位(10チーム)と2位チームの中から成績上位5チームに開催国を加えた計16チームが、2018年10月に開催されるAFC U-16選手権2018の出場権を獲得します。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー