JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 AFC U-16選手権2018予選の開催地インドネシア・ブカシに到着

ニュース

U-15日本代表 AFC U-16選手権2018予選の開催地インドネシア・ブカシに到着

2017年09月18日

U-15日本代表 AFC U-16選手権2018予選の開催地インドネシア・ブカシに到着

AFCU-16選手権2018予選に出場するU-15日本代表は9月16日(土)、大会開催地であるインドネシアに向かいました。

午前10時50分成田空港を出発し、およそ7時間のフライトを経て、インドネシアのジャカルタに到着しました。その後バスで2時間半移動し、開催都市であるブカシのホテルに到着したのは午後の8時。チームは夕食をとりその日はホテルで移動の疲れを癒しました。

翌17日(日)から現地での最終調整がスタート。午前中はミーティングを行い、先日の鹿島アントラーズユースとのトレーニングマッチのフィードバックを行って成果や課題を共有し、その後チーム全員でホテル周辺を散歩、日中の気温35度のインドネシアの気候に順応するよう努めました。

午後は練習会場に移動して、現地で初めてのトレーニングを行いました。トレーニングの前半は、国内合宿から継続しているムービングプリパレーションや3分間ランニングでの心拍数の測定を実施、その後は1人1つボールを持ち、ドリブルやリフティングなどをスピードの緩急を持って行い、自身のコンディションやインドネシアの気候、芝の状態を確かめました。

その後、四角形のパス&コントロールのトレーニングを行い、パスやコントロールの質、3人目の関わり、ボール状況を見て判断することを意識しました。

次に2対2+1フリーマン、4対4+1フリーマン+2サーバーを行い、守備の意識やプレッシャーのある中でのプレーの質を高めました。

最後にクロスからのフィニッシュのトレーニングでタイミングやコンビネーションなどゴール前のプレーの質を追求しました。

夕食後には、木村浩吉ユースナショナルチームダイレクターよりレクチャーがありました。そこでは「今回はAFC予選突破が目標だけれども、その先のA代表を目指して欲しい」と話し、各カテゴリーの日本代表の歴史の映像を見て、AFC選手権を突破し、世界を目指すには何が必要なのかといったメッセージを選手に送りました。

明日18日(月)もトレーニングを実施し、19日(火)の公式練習を経て、20日(水)に初戦となるU-15グアム代表戦を迎えます。

選手コメント

GK #23 ジョーンズレイ 選手(大宮アルディージャジュニアユース)
今回日本代表に選出されてすごく光栄に思います。またそれと同時に、日の丸を背負う責任をすごく感じています。今日が開催地のインドネシアに来て初めてのレーニングでした。気候とピッチが日本と違う中で一つ一つのキャッチングや、コントロールを意識してトレーニングを行いました。チームの雰囲気もすごく良いと思います。国内で良い合宿ができて団結が高まり、これからの練習でさらに高めていき、初戦に向けてチームとしても個人としてもコンディションを上げていきたいと思います。

DF #21 菅原一真 選手(FC東京U-15深川)
前回、怪我で不参加となってしまいましたが、また日の丸を付けて戦うチャンスをもらえたので、自分の力を全部出し切りたいと思います。
インドネシアは気温が高いけれど、湿度があまり高くないのですぐに体が慣れました。
今日は開催地での初めての練習で、みんな集中して取り組んでいたので、このままの勢いでアジア一次予選を突破したいと思います。そして、自分の武器を存分に出していきたいと思います。

MF #13 近藤蔵波 選手(セレッソ大阪U-15)
今日インドネシアに入って初めてのトレーニングを行いました。ここインドネシア、ブカシの気候は日本より少し暑いと感じていますが、チームの状態や雰囲気も上がってきて、内容の良いトレーニングができました。今晩のミーティングでもあったように、自分たちの目標は、AFC選手権を突破することだけではなく、将来A代表としてプレーし、ワールドカップで優勝することだと改めて思いました。そのためにもまずこのU-15年代でアジアや世界で優勝できるように、まずこの予選しっかり3連勝して、個人的にも常にゴール、結果にこだわって、全員で突破できるように頑張ります。

スケジュール

9月12日(火) AM
PM
トレーニング
チームビルディング
9月13日(水) AM/PM トレーニング
9月14日(木) PM トレーニング
9月15日(金) 1-1 練習試合 vs 鹿島アントラーズユース
9月17日(日) PM トレーニング
9月18日(月) PM トレーニング
9月19日(火) PM トレーニング
AFC U-16選手権2018予選 グループJ
9月20日(水) 16:00 vs グアム(Wibawa Mukti Stadium)
9月21日(木) AM トレーニング
9月22日(金) 19:00 vs シンガポール(Wibawa Mukti Stadium)
9月23日(土) AM トレーニング
9月24日(日) 16:00 vs マレーシア(Wibawa Mukti Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※A~Jグループの各グループ1位(10チーム)と2位チームの中から成績上位5チームに開催国を加えた計16チームが、2018年10月に開催されるAFC U-16選手権2018の出場権を獲得します。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー