JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表、マレーシアとの練習試合に快勝 AFCビーチサッカー選手権

ニュース

ビーチサッカー日本代表、マレーシアとの練習試合に快勝 AFCビーチサッカー選手権

2017年03月02日

ビーチサッカー日本代表、マレーシアとの練習試合に快勝 AFCビーチサッカー選手権

練習試合 vs マレーシア代表
2017年3月1日(水) キックオフ時間16:00(現地時間) 試合時間(12分×3)
Batu Buruk Beach トレーニングピッチNo2(マレーシア/トレンガヌ)

ビーチサッカー日本代表 7-0 (第1ピリオド3-0、第2ピリオド4-0、第3ピリオド0-0) ビーチサッカーマレーシア代表

得点
2分 大場崇晃(ビーチサッカー日本代表)
4分 中原勇貴(ビーチサッカー日本代表)
11分 大場崇晃(ビーチサッカー日本代表)
13分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)
14分 大場崇晃(ビーチサッカー日本代表)
16分 河合雄介(ビーチサッカー日本代表)
20分 坂田淳(ビーチサッカー日本代表)

スターティングメンバー
GK 照喜名辰吾
FP 茂怜羅オズ、飯野智之、大場崇晃、後藤崇介

サブメンバー
GK 河合雄介
FP 磯裕章、小牧正幸、原口翔太郎、中原勇貴、赤熊卓弥、坂田淳

マッチレポート

4日(土)に開幕するビーチサッカーAFC選手権に向けてマレーシアで最終調整しているビーチサッカー日本代表は、昨日に続き現地時間1日(水)16時よりトレーニングマッチに臨み、この日はビーチサッカーマレーシア代表と対戦しました。

この日はAFC選手権の開催国であるマレーシア代表との試合とあって、ピッチの周りを多くの観客が見守る中、日本ボールでキックオフ。

第1ピリオドから日本が積極的に相手ゴールに迫り。多くのチャンスを作ります。そして2分には左サイドで得たフリーキックを大場崇晃選手が直接決めて早速先制します。続く4分には相手のミスを見逃さずに高い位置でボールを奪い、ゴール前にいた中原勇貴選手が冷静に決めて2-0。さらに11分には大場選手がペナルティキックを一度は相手ゴールキーパーに止められますが、こぼれ球を押し込み3-0として第1ピリオドを終えます。

第2ピリオドに入り、日本はさらに攻撃の勢いを増します。13分に茂怜羅オズ選手が高い位置で相手のボールを奪いそのままシュートを決めて4-0とすると、その直後の14分に相手ゴール前でのコンビネーションから最後は大場選手が決めて5-0と突き放します。さらに16分にGK河合雄介選手のシュートが相手DFに当たりコースが変わってそのままゴールに決まり、20分には坂田淳選手が獲得したペナルティキックを決めて7-0で第2ピリオドを終えます。

第3ピリオドでも、日本ペースが続き相手ゴールに迫りますが、決定力に欠け追加点を奪うことができません。試合終盤には茂怜羅オズ選手がゴールキーパーのユニフォームを来て、フィールドプレイヤーを5人とし、パワープレーを試しました。その後は得点を奪えないまま7-0で終了し、日本はAFC選手権前最後のトレーニングマッチを勝利で終えました。

選手コメント

FP #8 大場崇晃 選手(東京ヴェルディBS)
今日は午前中にチームミーティング、午後はマレーシア代表とトレーニングマッチを行いました。午前中のミーティングでは、午後の試合について話し合い、最後にこのアジア予選(AFC選手権)の目標を改めてチーム全員で共有しました。午後に行われたマレーシア戦では、スコアこそ7-0で勝利することができましたが、細かいミスや修正すべき点が見つかったので選手間で更に深く話し合って改善して、まずは初戦であるカタールとの試合に向けて最高の準備をしたいと思います。初戦までの残り少ない時間、選手一人一人が沢山の想いを背負って、更に強い気持ちで戦う準備をしたいと思います。

FP #4 磯裕章 選手(東京ヴェルディBS)
今日は、マレーシア代表とのワールドカップアジア予選(AFC選手権)前最後のトレーニングマッチでした。結果は7-0で勝つことができましたが、チームや個人として修正しなければいけないところがありました。アジア予選まで限られた時間の中で、個人としてもチームとしても足りない部分を埋めることができるように、残りの時間を大切にしていきたいと思います。日本から応援して頂いてる方々はたくさんいると思うので、最後の最後までチーム一丸となって、必ずワールドカップ出場権を獲得し、アジアで優勝して日本へ帰りたいと思います。

スケジュール

2月25日(土) PM トレーニング
2月26日(日) AM/PM トレーニング
2月27日(月) TBC トレーニング
2月28日(火) 3-2 トレーニングマッチ vs ビーチサッカーバーレーン代表
(トレンガヌ/ピッチ2)
3月1日(水) 7-0 トレーニングマッチ vs ビーチサッカーマレーシア代表
3月2日(木) TBC トレーニングマッチ予定
3月3日(金) TBC トレーニング
AFCビーチサッカー選手権マレーシア2017
3月4日(土) TBC トレーニング
3月5日(日) TBC トレーニング
3月6日(月) 11:30 vs カタール代表(トレンガヌ/ピッチ1)
3月7日(火) 11:30 vs イラク代表(トレンガヌ/ピッチ1)
3月8日(水) 11:30 vs アラブ首長国連邦代表(トレンガヌ/ピッチ1)
3月9日(木) TBC トレーニング
3月10日(金) 14:00 or 16:00 準決勝(トレンガヌ)
3月11日(土) 14:00 or 16:00 3/4位決定戦または決勝(トレンガヌ)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー