JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、大迫選手、香川選手らが合流

ニュース

SAMURAI BLUE、大迫選手、香川選手らが合流

2016年11月08日

SAMURAI BLUE、大迫選手、香川選手らが合流

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月7日(月)、2018 FIFAワールドカップアジア最終予選のサウジアラビア戦(15日、埼玉)へ向けて、茨城県鹿嶋市内で練習を行いました。

年内最後となるサウジアラビア戦を前に、11日(金)にはカシマサッカースタジアムにてキリンチャレンジカップ2016でオマーンと対戦します。

合宿2日目のこの日、所属クラブで週末の試合を終えたFW大迫勇也選手(1.FCケルン)、MF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)、MF長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)、DF酒井高徳選手(ハンブルガーSV)とMF山口蛍選手(セレッソ大阪)が合流。さらに、練習の途中からは空港から直行したFW浅野拓磨選手(シュツットガルト)も加わって、ランニングなど軽めの調整を行いました。

一方、初日から参加しているメンバーは、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が見守る中で、狭いエリアでの1対1のデュエルや5対5の対人練習などに取り組み、約1時間半、汗を流しました。

Jリーグでプロデビューした2009年から2014年にドイツへ移籍するまで鹿島でプレーしていた大迫選手は、久しぶりの古巣での練習に「懐かしい。日本代表として帰って来ることができて嬉しい」と顔をほころばせ、オマーン戦へ向けて「一番好きなスタジアムで試合ができる。結果にこだわってやりたい」と抱負を述べています。

大迫選手は、所属クラブで今季は全試合に出場して好調を維持していますが、「ドイツでの当たりの激しさやプレースピードに慣れたことで成長につながっている」と語り、「ケルンでやっていることを代表でも出しながら、いつも以上に得点を狙いたい」と話しています。

先月のイラク、オーストラリアとの2連戦では出場機会がないまま終わって「悔しかった」と話すMF齋藤学(横浜F・マリノス)は、「マリノスに戻ってしっかりトレーニング積んだことがここに繋がっていると思うので、ここから。結果を残せるように頑張る」と語りました。

なお、FW本田圭佑選手(ACミラン)やMF清武弘嗣選手(セビージャ)ら残りの6選手は8日(火)に合流する予定です。

選手コメント

DF 酒井宏樹 選手(オリンピック・マルセイユ)
サウジアラビアは、結果も出ているチームなのでしっかり守れていると思います。セットプレーでは強くて、日本は弱いと言われていますが、僕はそうは思っていません。しっかり集中して守れば問題ないと思います。危険な位置で相手にフリーキックを与えないように心掛けることは必要です。サウジアラビア戦の戦い方はこれから詰めていくところですが、まだ時間があるので最善策を見つけて、より良いコンディションとより良い戦術でぶつかっていきたいと思います。

FW 大迫勇也 選手(1.FCケルン)
クラブと代表チームではフォーメーションも役割も違いますが、自分ができるイメージはあります。なによりドイツでプレーできていることが自信になっているので、クラブでやってきたことを代表でも出したいと思っています。クラブでやってきたことが認められたのだと思います。クラブでたくさんの試合に出ることができて、ドイツリーグでの当たりの激しさにもプレーの速さにも慣れました。レベルの高いサッカーに慣れたことが一番、自分の成長につながっていると思います。

GK 西川周作 選手(浦和レッズ)
サウジアラビア戦は必ず勝利が欲しいです。良い緊張感で挑まなければいけないですし、僕自身もしっかり準備をして臨みたいと思っています。セットプレーでやられていることは、しっかりと受け止めなくてはなりませんが、防げない失点はないと思っています。PKもFKも、もっとやれると感じているので、「ここぞ」というところで仕事をして、チームに勝ち点をもたらしたいです。GKで勝点を獲ったというくらいの勢いを見せていかなくてはいけないと感じています。

MF 齋藤学 選手(横浜F・マリノス)
このチームがワールドカップへ行くために、自分が何ができるかが大事だと思います。自分が出ることでこのチームにプラスアルファをもたらしたいですし、このチームは負けるわけにいかないので、しっかりとやりたいです。(前回の)イラク戦もオーストラリア戦も、「ここでこうしたらこうなるかな」と思いながら、仕掛ける時を意識して、いつ呼ばれてもいいように準備しながら見ていました。ピッチに立ったら誰にも負けないつもりでいます。やれることをやっていかないといけないと思っています。

MF 山口蛍 選手(セレッソ大阪)
サウジアラビア戦は今年一番重要な試合になると思っていますし、とにかく勝たなければなりません。オマーン戦もサウジアラビア戦も2試合ともホームでの試合なので、勝って1年を締めくくりたいと思っています。所属がJ2でも毎回呼んでもらっていて、試合にも使ってもらっているので、自分がピッチに立ったら、しっかり結果を残さないといけないと思っています。

JFA-TV

  • 齋藤学 選手(横浜F・マリノス) インタビュー

スケジュール

11月6日(日) 17:00 トレーニング(鹿島アントラーズグラウンド)【一般公開】
11月7日(月) 17:00 トレーニング(鹿島アントラーズグラウンド)【一般公開】
11月8日(火) PM トレーニング【一般非公開】
11月9日(水) PM トレーニング※
11月10日(木) TBC 公式会見(カシマサッカースタジアム)
公式練習(カシマサッカースタジアム)※
11月11日(金) 19:20 キリンチャレンジカップ2016
vs  オマーン代表(茨城県立カシマサッカースタジアム)
11月12日(土) 10:30 トレーニング(茨城県立カシマサッカースタジアム)【一般公開】
11月13日(日) PM トレーニング※
11月14日(月) TBC 公式会見(埼玉スタジアム2002)
公式練習(埼玉スタジアム2002)※
11月15日(火) 19:35 アジア最終予選(Road to Russia)
vs  サウジアラビア代表(埼玉スタジアム2002)

※冒頭15分のみメディア公開
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

キリンチャレンジカップ2016

2016年11月11日(金) 19:20 キックオフ(予定)
茨城県立カシマサッカースタジアム
SAMURAI BLUE(日本代表)vs オマーン代表
大会情報はこちら

※当日の会場へのアクセスは、大変な混雑が予想されます。行き・帰りの交通手段については、事前の確保をお願いいたします。
会場アクセス/交通案内

アジア最終予選(Road to Russia)

2016年11月15日(火) 19:35キックオフ(予定)
埼玉スタジアム2○○2
SAMURAI BLUE(日本代表)vs サウジアラビア代表
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー