JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、合宿開始 ~ワールドカップ最終予選サウジアラビア戦へ~

ニュース

SAMURAI BLUE、合宿開始 ~ワールドカップ最終予選サウジアラビア戦へ~

2016年11月07日

SAMURAI BLUE、合宿開始 ~ワールドカップ最終予選サウジアラビア戦へ~

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月6日(日)、キリンチャレンジカップ2016のオマーン戦(11日、鹿嶋)と2018 FIFAワールドカップアジア最終予選第5戦のサウジアラビア戦(15日、埼玉)へ向けて、茨城県内で合宿を開始しました。

北風が冷たく感じられる夕暮れ時に始まった初日の練習には、選出メンバー25人のうち、国内組を中心に約半数の12人が参加。最初にヴァイッド・ハリルホジッチ監督から選手たちに、「重要なサウジアラビア戦へ向けて、チームが一つになって戦わなければならない」と話がありました。

この日の朝帰国したMF小林祐希選手(SCヘーレンフェーン)、帰国便の都合で空港から練習場に直行してきたMF原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)とDF酒井宏樹選手(オリンピック・マルセイユ)はランニング中心の別調整でしたが、彼ら以外の選手たちは、GK西川周作選手(浦和レッズ)とGK東口順昭選手(ガンバ大阪)も加わって、ミニゴール4つを置いて5対5のミニゲームを実施。リラックスした雰囲気の中で、1時間ほど体を動かしました。

フル代表へ初選出となった20歳のMF井手口陽介選手(ガンバ大阪)は初日を終えて、「緊張はしたが、すごく楽しい雰囲気でできていると思う。ここからが勝負。ポジションを取れるように、どんどんアピールしていきたい」と話しています。

また、6月のキリンカップでプレーした後にオランダへ渡った小林選手は、今回は海外組の一人としての参加です。オランダリーグでの数か月を経て、スプリントの回数、カバーリングの意識と空中戦の競り合いに変化が出ていると自己分析。「(所属先で)アシストもゴールもしていないのに代表に呼ばれたのは、それ以外の成長が認められたのだと思う」と語り、「遠慮することなく、普段通りやりたい」と意気込んでいました。

このほかの海外組の選手たちは、所属クラブの試合の都合で7日(月)と8日(火)にかけて順次帰国し、チームに合流する予定です。

選手コメント

MF 井手口陽介 選手(ガンバ大阪)
身近でやってきた選手たちが代表入りしているので、少なからず「自分も」という思いはありました。今回呼んでもらえてすごく嬉しかったです。課題としていた攻撃面でも自信を持って試合に臨めているので、それが招集につながっているのではないかと自分では思っています。でも、代表に入っただけでは意味がないので、ここからが勝負です。出番が来たら、いつでも自分の力を100%出せるように準備をしていきたいですし、監督の評価に応えられるように結果を出していきたいです。

DF 植田直通 選手(鹿島アントラーズ)
今回のオマーン戦はカシマスタジアムでの試合なので、たくさんの鹿島ファンの方が来てくださると思います。その方たちの前で代表としての姿をしっかりと見せたいです。リオ五輪のメンバーがどんどん代表入りしていますが、これを続けて、僕もこれから選ばれ続けていかなければいけないですし、あの時のメンバーがこの代表に入ってもっと成長しないといけないという自覚もあります。そこは、責任感を持ってやっていきたいです。これからは選ばれるだけでなく、試合に出て、しっかりと先に進みたいです。

DF 槙野智章 選手(浦和レッズ)
自分を含めて後ろの選手は(警告の)カードを貰っている選手も数多くいるので、総力戦になると思います。誰が出ても質が落ちないようなプレーをしないといけないですが、決して誰かの代わりではなくて、自分の色を出していかないと良くないと思っています。僕らはワールドカップへ行くために、勝点3を取るためのゲーム運びをしなければなりません。そのためにも、まずは失点しない、高い守備力を出さなくてはならないと考えています。今回は親善試合がありますが、これまで試合に出ていない選手にはチャンスですし、2戦目を前にチームの士気を高めるためにも非常に大事な一戦になると思っています。

MF 小林祐希 選手(SCヘーレンフェーン)
代表に選ばれていない間も、自分が入ったら同じ熱量で戦わないといけないので、ずっと気になって全試合をしっかり見ていました。香川選手や清武選手からポジションを奪うのは難しいことは分かっていますが、楽しみなミッションだと捉えています。彼らに追いつき追い越せで、取り組んでいかなければなりません。ただ、僕も本田選手も香川選手も清武選手もみんなチームが勝つために必要な選手の一人です。誰に遠慮することなしに、普段通りにやりたいと思います。チームのやり方に合わせながら、自分の色を出したいと思います。

JFA-TV

  • 井手口陽介 選手(ガンバ大阪)インタビュー

  • 植田直通 選手(鹿島アントラーズ)インタビュー

  • 小林祐希 選手(SCヘーレンフェーン/オランダ)インタビュー

スケジュール

11月6日(日) 17:00 トレーニング(鹿島アントラーズグラウンド)【一般公開】
11月7日(月) 17:00 トレーニング(鹿島アントラーズグラウンド)【一般公開】
11月8日(火) PM トレーニング【一般非公開】
11月9日(水) PM トレーニング※
11月10日(木) TBC 公式会見(カシマサッカースタジアム)
公式練習(カシマサッカースタジアム)※
11月11日(金) 19:20 キリンチャレンジカップ2016
vs  オマーン代表(カシマサッカースタジアム)
11月12日(土) 10:30 トレーニング(茨城県立カシマサッカースタジアム)【一般公開】
11月13日(日) PM トレーニング※
11月14日(月) TBC 公式会見(埼玉スタジアム2002)
公式練習(埼玉スタジアム2002)※
11月15日(火) 19:35 ASIAN QUALIFIERS
vs  サウジアラビア代表(埼玉スタジアム2002)

※冒頭15分のみメディア公開
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

キリンチャレンジカップ2016

2016年11月11日(金) 19:20 キックオフ(予定)
茨城県立カシマサッカースタジアム
SAMURAI BLUE(日本代表)vs オマーン代表
大会情報はこちら

アジア最終予選(Road to Russia)

2016年11月15日(火) 19:35キックオフ(予定)
埼玉スタジアム2○○2
SAMURAI BLUE(日本代表)vs サウジアラビア代表
大会情報はこちら

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー