JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 欧州遠征 国際親善試合第1戦 チェコに競り勝ち初勝利を飾る!

ニュース

フットサル日本代表 欧州遠征 国際親善試合第1戦 チェコに競り勝ち初勝利を飾る!

2015年12月08日

フットサル日本代表 欧州遠征 国際親善試合第1戦 チェコに競り勝ち初勝利を飾る!

国際親善試合 vsフットサルチェコ代表
2015年12月6日(日)キックオフ 18:00(現地時間)試合時間 40分(前後半各20分間のプレーイングタイム)
ホムトフ(City Sports Hall)

フットサル日本代表 5-4(前半0-2、後半5-2) フットサルチェコ代表

得点
9分 失点(フットサルチェコ代表)
11分 失点(フットサルチェコ代表)
24分 渡邉知晃(大連元朝足球倶楽部/中国)
27分 中村友亮(名古屋オーシャンズ)
29分 失点(フットサルチェコ代表)
32分 清水和也(フウガドールすみだ)
34分 吉川智貴(マグナ・グルペア/スペイン)
38分 小曽戸允哉(シュライカー大阪)
40分 失点(フットサルチェコ代表)

スターティングファイブ
GK:関口優志(エスポラーダ北海道)
FP:小曽戸允哉(シュライカー大阪)、西谷良介(フウガドールすみだ)、渡邉知晃(大連元朝足球倶楽部/中国)、滝田学(ペスカドーラ町田)

マッチレポート

フットサル日本代表は12月6日、フットサルチェコ代表との国際親善試合第1戦をチェコのホムトフにて行いました。

試合は前半から互いに拮抗した戦いが続く中、9分にチェコに先制点を奪われます。チェコは体格が大きいながらも、リズムを保ちながらパスを回し、一瞬のスキを突いてゴールを狙ってきます。一方の日本は自分達のペースを作ることができず、11分にもゴールを許し前半を0-2で終えます。

ハーフタイムのロッカールームでミゲル監督は、「前半は自分達のペースにできなかったが、もう一度集中し直そう!守備で相手に圧力をかけながら、必ず先にゴールを奪おう。そうすれば必ず逆転できる。勝利を掴みにに全員で立ち向かおう!」と選手たちに叱咤激励しました。

すると後半、その監督の期待に応え、24分に渡邉知晃選手のゴール1点を取り返すと、完全に日本ペースとなり、集中した守備と、安定したパス回しで相手を支配。27分には中村友亮選手のゴールで同点に追いつきます。その後すぐに失点を許しますが、チームの勢いは衰えず、32分には清水和也選手の代表初ゴールで再び同点に追いつくと、34分吉川智貴選手、38分小曽戸允哉選手のゴールで相手を突き放します。終了間際に1点を返されますが後半だけで大量5得点を奪った日本が、5-4でチェコとの第1戦を制しました。

なお、この日の試合ではスペインで活躍する吉川選手、ポルトガルで活躍する逸見勝利ラファエル選手も出場。チームの攻撃にとって非常に良いアクセントとなっていました。

選手コメント

清水和也 選手(フウガドールすみだ)
今日の試合ではリードされるも、自分たちのやるべきことをしっかりとやり勝利することが出来ました。また、代表初得点を決めることができ嬉しく思います。明日の試合はより厳しい戦いになると思います。結果にこだわり、頑張りたいと思います。

逸見勝利ラファエル 選手(SLベンフィカ/ポルトガル)
久しぶりの日本代表としての試合はとても楽しかったです。最初はタイミングを合わせるのが大変だったけど、試合をしていくうちにリズムを掴めました。しっかり勝つことも出来たし、また明日も頑張りたいです。

渡邉知晃 選手(大連元朝足球倶楽部/中国)
チェコ代表との第1戦は5-4で勝利することが出来ました。クロアチア代表との2連戦で勝利することができなかったので、今日の試合はチームとして結果にこだわって臨みました。前半は2点リードされて折り返し、クロアチア戦同様苦しい展開でしたが、後半に立て直し、自分たちの流れに持っていくことができました。流れの中からも得点をあげることができ、パワープレーにおけるディフェンスも集中して守ることができました。明日がこの遠征ラストの試合になります。集大成として、チーム一丸となりしっかり勝って終わりたいと思います。

スケジュール

11月26日(木) AM/PM トレーニング
11月27日(金) AM/PM トレーニング
11月28日(土) PM トレーニング
11月29日(日) 3-4 国際親善試合 vs フットサルクロアチア代表
11月30日(月) PM トレーニング
12月1日(火) 0-4 国際親善試合 vs フットサルクロアチア代表
12月3日(木) PM トレーニング
12月4日(金) PM トレーニング
12月5日(土) PM トレーニング
12月6日(日) 5-4 国際親善試合 vs フットサルチェコ代表
12月7日(月) 18:00 国際親善試合 vs フットサルチェコ代表

※時間は全て現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー