JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 AFC U-16女子選手権直前合宿2日目 マッチレポート

ニュース

U-16日本女子代表 AFC U-16女子選手権直前合宿2日目 マッチレポート

2015年10月29日

U-16日本女子代表 AFC U-16女子選手権直前合宿2日目 マッチレポート

AFC U-16女子選手権を目前に控えるU-16日本女子代表のトレーニングキャンプは2日目を迎え、この日は神奈川大学(女子)とのトレーニングマッチ(30分×4本)を行いました。

試合開始早々、日本はチャンスを掴みます。右サイドでボールを受けたFW高橋はな選手がGKと1対1となり冷静にゴールへ流し込み、日本が先制します。続く13分にも、ゴール前で相手DFのボールを奪いシュートを放つも今度はGKに阻まれます。日本はその後も攻め続けますが、追加点を奪うことができず、1-0で1本目を終了します。

2本目に入り45分、ゴール中央でボールを受けたFW宮澤ひなた選手からパスを受けた高橋選手がシュートを放つも、惜しくもゴールにはなりません。64分にはMF井芹夏稀選手が相手のパスをカットすると、FW小嶋聖良選手、FW三浦晴香選手と繋いでゴール前に折り返すも、相手にクリアされます。

2本目は無得点で終え、大幅にメンバーを代えて挑んだ3本目。79分に三浦選手が相手ボールを奪い、ゴール前のFW遠藤純選手がパスを受けシュート、これが決まり2点目を得ます。その直後の80分に失点を喫しますが、83分、90分と続けて得点を重ね、4-1で3本目を終了します。

4本目に入り105分には、CKのこぼれ球を三浦選手が押し込み5点目を挙げ、最終スコアを5-1としてトレーニングマッチを終えました。

選手コメント

FW #7 宮澤ひなた 選手(星槎国際高校湘南)
U-16日本女子代表としての合宿が始まりました。前回までは、日本代表候補でしたが、今回は日本代表としての活動ということもあり、今まで以上に強い気持ちで来ました。その気持ちをAFC選手権で出して、必ず優勝してワールドカップの出場権を獲得し、日本に帰国します。そのために、国内合宿では、常に全力でプレーをして、AFC選手権に向けて万全な準備をしていきたいです。

DF #16 金平莉紗 選手(日ノ本学園高校)
U-16女子代表としての活動がスタートしました。今回からは候補ではなく、代表としての活動になるので、今まで以上に緊張しています。5日間の国内合宿では勝つための準備をしっかりしていきたいです。本大会では必ず優勝し、ワールドカップへの出場権を手に入れたいと思います。しっかり準備して、責任と誇りを持って、戦いたいと思います。

DF #15 金勝里央 選手(浦和レッズレディースユース)
今回は、大会の直前合宿なので、海外の選手相手でも通用するように強いパスだったり、セットプレーを中心に練習しました。少しのミスでも失点につながってしまうので、細かいことまで気をつけることを意識して取り組んでいきたいです。中国に行ったら、一つ一つの自分のプレーに責任をもって、悔いの残らないようにしたいと思います。辛いことでもチームワークでのりきって、みんなで力を合わせて優勝したいと思います。

MF #17 菅野奏音 選手(日テレ・メニーナ)
今日の練習は、しっかりと自覚を持って取り組みました。アジアへ行っても通用するような強いパスやクロスボールなどを中心に練習しました。AFC選手権では、少しのミスやパスのズレが勝敗を分けてしまうので、国内キャンプでは、今まで以上に細かいところまで意識していきたいです。中国に行ったら、慣れない環境だと思いますが、出来るだけ良いコンディションで試合に臨めるようにしたいと思います。チーム一丸となって、絶対にアジアで優勝します。

スケジュール

10月27日(火) PM トレーニング
10月28日(水) AM
5-1
トレーニング
トレーニングマッチ vs 神奈川大 (女子)
10月29日(木) AM/PM
15:30
トレーニング
トレーニングマッチ vs JFAアカデミー福島 (女子)
10月30日(金) AM/PM トレーニング
10月31日(土) 14:30 トレーニングマッチ vs アスルクラロ沼津
11月2日(月) AM/PM トレーニング
11月3日(火) AM/PM トレーニング
AFC U-16女子選手権中国2015  
11月4日(水) AM/PM トレーニング
11月5日(木) 15:00 vs ウズベキスタン (Xinhua Road Stadium)
11月6日(金) AM/PM トレーニング
11月7日(土) 15:00 vs チャイニーズ・タイペイ (Xinhua Road Stadium)
11月8日(日) AM/PM トレーニング
11月9日(月) 15:00 vs 朝鮮民主主義人民共和国 (Xinhua Road Stadium)
11月10日(火) AM/PM トレーニング
11月11日(水) AM/PM トレーニング
11月12日(木) 15:00/19:00 準決勝 (Xinhua Road Stadium)
11月13日(金) AM/PM トレーニング
11月14日(土) AM/PM トレーニング
11月15日(日) 15:00/19:00 3位決定戦/決勝 (Xinhua Road Stadium)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-16女子選手権中国2015

日本はグループB。グループAは中国、タイ、イラン、韓国。
本大会の上位2チームがFIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン2016の出場権を獲得。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー