JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、非公開練習で攻撃の戦術を確認

ニュース

SAMURAI BLUE、非公開練習で攻撃の戦術を確認

2015年09月07日

SAMURAI BLUE、非公開練習で攻撃の戦術を確認

SAMURAI BLUE(日本代表)は9月6日、テヘラン市内で2日後に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア2次予選のアフガニスタン戦へ向けて練習を行いました。

テヘラン入り2日目のこの日は前日よりも暑さも落ち着つき、選手たちはランニングやフィジカルトレーニングなどで体を動かしました。3グループに分かれて狭いエリアでボールを受けてパスを出す練習では、切り替えとパスのスピードを意識して取り組みました。その後は非公開にして行われ、チームは攻撃を中心に戦術練習に時間を割きました。

MF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)は、標高1,200~1,500メートルの高地にあるテヘランに入って初めての本格的な練習を終えて、「ちょっと標高が高いので、スプリントの後などは息切れがする」と、当地ならではの環境に違いを感じているようですが、「明日の練習でしっかり調整する。もっとゴールの前に入って行く姿勢を出してプレーしたい」と話しています。

アフガニスタン戦は同国の情勢不安のために中立地での開催になりましたが、隣接する本国から多くのサポーターが来ると予想され、相手のホームとして変わりはなさそうです。
香川選手は、「この前の相手よりは少し前に出てくると聞いている。そうなったらスペースができるので、そういうのは絶対にものにしていきたい」と意気込んでいます。また、得点についても、「次はしっかり決められるように準備して、ボールをしっかり枠に飛ばすことに集中したい」と語りました。
FW興梠慎三選手(浦和レッズ)も得点への意識を高めているようで、「プレーのチャンスを貰っているので結果を出したい。ゴールにこだわっていきたい」と話しています。

一方、3日前のカンボジア戦で、右サイドバックを務めたDF酒井宏樹選手(ハノーファー96)と左右のバランスをうまく取りながら攻撃参加したDF長友佑都選手(インテル・ミラン)は、「今日は強度の高い、いい練習ができた。この間の試合の課題を修正するトレーニングもできた。(プレーは)良くなるんじゃないかと思う」と話し、試合ごとのチームの上積みに手応えと期待を感じている様子です。

日本とアフガニスタンの過去の対戦は、1951年のニューデリーで行われたアジア競技大会まで遡り、日本が2-0で勝利しています。

選手コメント

DF 長友佑都 選手(インテル・ミラノ)
今日動いてみて、湿気が全くないここの気候と環境に慣れなくてはいけないと感じましたが、いいトレーニングができたので、体も慣れていくと思います。アウェイの環境や連戦を言い訳していたら、これから勝ち進んでいけません。ワールドカップは連戦で戦わないといけないのですから。しっかりとコンディションを維持して、自分のプレーでチームに貢献できるようにするだけです。僕は前の選手が気持ち良くプレーできるようなサポートをしたいと考えているので、武藤選手にも「僕を囮にしてどんどん入って、シュートも狙って行け」と言ってあります。もっともっとコミュニケーションをとってやっていきたいと思います。

MF 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント)
暑さはあっても湿度が低い方がやりやすいです。カンボジア戦よりも、もっと運動量を抱負にして、ボールを受ける回数を前半から増やしてゴール前に入って行く姿勢を出したいと思っています。ゴール前に入るスピードを上げたり、緩急をつけることを意識して、入り方のスピード感を修正していかなければいけないと思っています。どんどん自分から動き出すことを意識してプレーしたいです。得点は、あまり考え過ぎずに、来たボールをしっかりと打つこと、ボールを枠にしっかり飛ばすことに集中したいです。

FW 興梠慎三 選手(浦和レッズ)
移動の疲れはみんなだいぶとれたと思います。試合まで時間があるので、そこで合わせられたらいいと思います。いいトレーニング出来たと思います。試合出場のチャンスをもらっているので、チームが勝つことが前提ですが、自分としても結果が欲しいので、次にまたプレーのチャンスをもらったら、そこにこだわっていきたいと思っています。まだ自分を出せていないと思うので、ゴール前での仕事がもっとできるようにしたいです。自分の特長を周りの選手にもっと理解してもらえるように、練習からアピールしたいと思います。

DF 米倉恒貴 選手(ガンバ大阪)
凄く乾燥していますが、試合には特に気候の問題はないと思います。練習ではこの前の試合の改善点を細かくやりました。常に試合を見て自分が出たらとイメージして、チャンスがあればしっかり自分を出せる準備をしています。ガンバで左サイドバックをやることはないですが、代表に来て練習でやることでコツを掴みたいですし、両方できればメリットになると思っています。すごく良い選手が代表にいるので、その中で自分もしっかり成長していきたいです。

JFA-TV

スケジュール

9月3日(木) 3-0 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼 AFCアジアカップUAE2019 予選
vs  カンボジア代表(埼玉スタジアム2002) 
大会情報はこちら
9月4日(金) AM トレーニング
9月5日(土) PM トレーニング
9月6日(日) PM トレーニング
9月7日(月) 17:00 公式練習(アザディスタジアム)
9月8日(火) 16:55 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼 AFCアジアカップUAE2019 予選
vs  アフガニスタン代表(アザディスタジアム)
大会情報はこちら

2018FIFA ワールドカップロシア アジア2 次予選 兼 AFC アジアカップUAE2019 予選

SAMURAI BLUE(日本代表) 対 アフガニスタン代表
2015年9月8日(火) 21:25 キックオフ(予定)
イラン/アザディスタジアム

大会情報はこちら
在イラン日本大使館からのお知らせ~アフガニスタン代表戦を観戦される皆様へ~

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー