JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、テヘラン到着後初練習

ニュース

SAMURAI BLUE、テヘラン到着後初練習

2015年09月06日

SAMURAI BLUE、テヘラン到着後初練習

SAMURAI BLUE(日本代表)は9月5日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア2次予選の第3戦アフガニスタン戦へ向けて、試合開催地であるイランの首都テヘランに到着し、夕方から市内で練習しました。

日本からの長旅を考慮して、ランニングやフィットネストレーニングなどを中心に軽めの調整になり、ボールを使った練習はGKを含め3グループに分かれてのパスまわしだけになりましたが、選手たちはリラックスした雰囲気で体を動かしました。

強い陽射しで気温30℃近い暑さながらも湿度が低く、選手たちは動くとすぐに口が渇くと異口同音に話していました。また、テヘランは1200~1500メートルの高地にあるため、ボールの弾み方などが通常とは変わる可能性があります。

DF吉田麻也選手(サウサンプトン)は現地ならではの特性について、「今日はまだそれほど分からないが、乾燥もしているし、芝も日本や欧州と違うので、その感覚は掴まないといけない」と話していました。

アフガニスタンとの試合は、同国の国内情勢により国外での開催となり、隣国イランでの開催となりました。完全なホームではありませんが、アフガニスタンから比較的近いために、多くの同国サポーターがテヘラン市内のアザディスタジアムに足を運ぶと見られています。

代表戦出場56試合を数える吉田選手は、「それがアジアでの中東のチームとのアウェイの戦い」と指摘。また、MF遠藤航選手(湘南ベルマーレ)も、「どういう雰囲気になるのか分からないが、やることは変わらない。しっかり勝ち点3 をとることに集中したい」と話しました。

なお、この日はテヘラン在住の日本人の子どもたちとその家族に練習が公開され、間近に見るSAMURAI BLUEの選手たちの姿に、練習場のスタンドから熱い視線と声援を送っていました。練習前にはピッチの上で、選手たちにヴァイッド・ハリルホジッチ監督やコーチ陣も加わって、一緒に笑顔で記念写真に納まりました。

アフガニスタン戦は、8日16:55(日本時間20:55)開始予定です。

選手コメント

DF 吉田麻也 選手(サウサンプトン)
セットプレーでは得点を狙っていきたいですし、僕だけでなくてチームとして獲れるようにしなくてはいけません。ただ、セットプレーのやり方が今までと多少違って、ボールの質と入り方とで両者が合致しないといけないので、もう少し練習が必要だと思います。試合で合わせていって、予選の中で成長していかないといけないと考えています。1勝しただけで、まだなにも勝ち獲っていないので、勝ち点を積み上げて行くことが必要です。

MF 原口元気 選手(ヘルタ・ベルリン)
アウェイもホームでもやることは変わりません。準備して、チャンスを待つだけです。ブンデスリーグでも途中から出ることはよくありますし、その方がスペースもあったりして、逆に僕自身が生きるプレーができるので、僕自身はあまり苦ではありません。もちろん、スタメンの方がいいですが、活躍できるイメージを持って臨んでいます。

FW 本田圭佑 選手(ACミラン)
今日の練習では思ったより暑くなかったので、それを確認できただけでも良かったです。現時点のグループ内の順位は重要ではありません。終わったときに満足いく順位にいれば問題ないので、今は目の前の質、結果、パフォーマンスに集中しています。FKで安定した精度は見せられていないことは分かっていますが、ここまでしっかりと決めるところで決めてきたので、大事に「ここだ」という時にプレッシャーに打ち勝つ形で結果を残せればいいかなと思っています。

MF 遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)
ここで勝てれば突破へ向けて前進できます。自分が試合に出られるかまだ分かりませんが、準備をしっかりやるだけです。今度の相手はゴール前で体を張ることや球際の部分などで、シンガポールやカンボジア以上の強さがあると予想できるので、まずはそういうところで負けないことは意識したいです。

JFA-TV

  • 長友佑都 選手(インテル・ミラノ/イタリア)インタビュー

  • 米倉恒貴 選手(ガンバ大阪)インタビュー

  • 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)インタビュー

スケジュール

9月3日(木) 3-0 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼 AFCアジアカップUAE2019 予選
vs  カンボジア代表(埼玉スタジアム2002) 
大会情報はこちら
9月4日(金) AM トレーニング
9月5日(土) PM トレーニング
9月6日(日) PM トレーニング
9月7日(月) 17:00 公式練習(アザディスタジアム)
9月8日(火) 16:55 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼 AFCアジアカップUAE2019 予選
vs  アフガニスタン代表(アザディスタジアム)
大会情報はこちら

2018FIFA ワールドカップロシア アジア2 次予選 兼 AFC アジアカップUAE2019 予選

SAMURAI BLUE(日本代表) 対 アフガニスタン代表
2015年9月8日(火) 21:25 キックオフ(予定)
イラン/アザディスタジアム

大会情報はこちら
在イラン日本大使館からのお知らせ~アフガニスタン代表戦を観戦される皆様へ~

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー