JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、オランダ戦へ向けて練習再開

ニュース

なでしこジャパン、オランダ戦へ向けて練習再開

2015年06月20日

なでしこジャパン、オランダ戦へ向けて練習再開

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015に出場中のなでしこジャパンは6月19日、バンクーバー市内で練習を再開し、23日(日本時間24日)に迎えるノックアウトステージ1回戦(ラウンド16)のオランダ戦へ向けて調整に励みました。

グループステージを3連勝で1位通過したチームは、前日18日に大会に入って初めてのオフを取り、日中は思い思いに過ごしました。
この日、快晴の空と強い日差しの下、選手たちは明るくリラックスした様子で練習場に到着。グランドに出ると円陣を組んで短いミーティングを行い、佐々木則夫監督の「今日から気持ちを入れ替えて一戦一戦しっかり戦っていこう」という言葉で練習をスタートしました。
報道陣に公開された冒頭15分では、選手たちは明るい表情でランニングやストレッチなどで体を動かし、その後は非公開になりましたが、そこでも選手たちの気合いの入った掛け声がグランドの外までこだましていました。
日本はグループステージ3試合でチームの23選手全員が出場し、選手たちはそれぞれに手ごたえを感じているようです。

大会前の負傷から復帰してエクアドル戦の80分から交代出場した岩渕真奈選手(FCバイエルン・ミュンヘン)は、「このくらいやれると思えた、自分にとって大きな10分だった」と振り返り、今後へ向けて「チームのアクセントになりたい」と語っています。
オフを挟んで「頭もリフレッシュした」と言う主将の宮間あや選手(岡山湯郷Belle)は、「1試合ずつ成長していくような姿勢でやっていきたい」と話しました。

なお、FIFAはグループステージ全36試合での記録を公表しました。それによると、ゴール総数は107で1試合平均2.97ゴールを数え、観客動員は885,369人で1試合平均24,594人をマークしました。また、今大会最高観客数は、開催国カナダの初戦の中国戦が開催(同日にオランダ対ニュージーランド戦も開催)された6月6日のエドモントンで、合計53,058人を動員しています。

大会は20日の首都オタワでのドイツ対スウェーデンを皮切りに、ノックアウトステージ1回戦の試合が23日までの4日間に各地で行われます。

選手コメント

MF #8 宮間あや 選手(岡山湯郷Belle)
ここからどうやって戦っていくかだと思います。(これまでの)良いところと課題と両方ありますが、一つひとつ課題を潰してやっていくしかないと思っていますし、1試合ずつ成長していくような姿勢で戦っていきたいです。エクアドル戦では多少高い位置でボールを動かせるところもあったので、その質を高められるようにしていきたいと思います。オランダは縦に速いという印象です。サイドアタッカーがしっかりしているので、そこをきちんと止めて自分たちのリズムにしないといけないと思っています。

MF #13宇津木瑠美 選手(モンペリエHSC/フランス)
オランダは全体的に大きな選手が多いですし、FWに18歳の若い選手がいるという岩渕選手からの情報もあるので、警戒しなければいけないというのはもちろんあります。でも、ここまで来たらどこのチームも自分たちよりはフィジカルがありますし、スピードもあってパワーもあってということは分かり切っていることなので、自分たちの形というものに主眼を置いて、自分たちに何ができていて何ができていないかということに集中してやっていきたいと思います。

FW #16岩渕真奈 選手(FCバイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
ここからは、負けたら終わりの試合が続くので、チームとしてしっかり準備したいと思います。もう少し点が獲れたらチームとして波に乗っていけると思いますが、一番大事なのは「勝つ」という部分で、ここまで勝てているのはチームとして良いことです。その中で自分がアクセントになれたら良いと思っています。オランダは予選プレーオフの時から見ていました。(バイエルンでチームメイトの)ミーデマン選手は若くてパワーがあって、代表選手として期待されている選手です。良い選手ですが、負けたくありません。点を獲らないと勝てないので、しっかり準備をして、攻撃の選手としてシュートの部分などしっかり意識してやっていきたいです。

FW #15 菅原優衣香選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
(ここまでの試合では)なかなかゴールを奪えない場面や、チームメイトとの連動したプレーでずれがありました。オランダ戦まで時間があるのでしっかりと連係を高めていきたいと思います。シュート数も少ないので、遠くから打つことも必要になってくると思いますし、決定力を高めていきたいです。最後まで諦めずに、与えられた時間でFWとしてチームに少しでも貢献できるプレーをしたいと思います。

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015

決勝トーナメント ラウンド16
なでしこジャパン(日本女子代表) vs オランダ
日本時間 6/24(水)11:00 キックオフ(予定)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー