JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表 国際親善試合 活動レポート(6/19)

ニュース

ビーチサッカー日本代表 国際親善試合 活動レポート(6/19)

2015年06月20日

ビーチサッカー日本代表 国際親善試合 活動レポート(6/19)

合宿3日目、ビーチサッカー日本代表はアメリカとの国際親善試合を翌日に控え、午前・午後の2部練習を行いました。朝9時にウォーミングアップを開始。ピッチの周囲を全員でランニングしたあと、パス練習でテクニックの強化をしていると、突然のスコール。選手たちは激しい雨に打たれながら練習を続けました。

しばらくして雨が止むと、今度は容赦ない日差しの下、ピッチ全体を使って戦術練習。昨日に続きディフェンスを意識したトレーニングを重ね、体に覚え込ませていきました。続いて、攻撃面での戦術練習を行い、声を掛け合いながら連係してフィニッシュまで、新しいメンバーも頭をフル回転させて、しっかりとトレーニングしました。

午前練習の最後は、シュート練習。サイドからドリブルで仕掛けてのシュートやオーバーヘッド、フリーキックやPKの練習をし、選手たちは次々に気持ちよさそうにゴールネットを揺らせ、およそ2時間の午前練習を終えました。

午後2時半からは、親善試合の対戦相手・アメリカ代表が、観客席の設営が完成したピッチで公式練習を行いました。昨夜沖縄に到着したばかりのアメリカ代表は疲れも見せず、ウォーミングアップから戦術練習まで1時間半しっかりとトレーニングし、ピッチの感触を確かめました。アメリカ代表監督は、「日本はいいチームで、勝てる相手でもあるし、負かされる相手でもある。いいライバルとして対戦を楽しみにやってきた」と笑顔でコメントし、沖縄の暑さについても「マイアミに似ているので問題ない」と勝利への自信を覗かせていました。

午後4時からは日本代表が最終調整を行いました。強風の中、試合開始時間と同時刻の4時からおよそ1時間、紅白戦の中でチームワークを図り、最後はシュート練習でリラックスムードの中、前日練習を終えました。いよいよ迎える国際親善試合は20日(土)と21日(日)の両日行われ、ともに午後4時キックオフです。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス 監督
親善試合に向けていい準備ができました。明日、明後日は、この合宿で強化してきた守備の部分を意識することと、アジア予選で課題となったフィニッシュの部分をどれだけ改善できたかを確認できると思います。皆さんが試合を観に来て、選手一人一人に声を掛けていただければ、ワールドカップ前の選手たちのいいモチベーションになると思います。絶対勝つという気持ちで、いい試合ができるように100%の力を出したいと思います。

茂怜羅オズ 選手(東京レキオスBS)
前回のワールドカップは、準々決勝でブラジルに負けた悔しさが残っています。今回はベスト8ではなく、優勝を狙いたいです。まずは明日、明後日の親善試合で日本の皆さんにビーチサッカーの試合を見てもらって、そのおもしろさをぜひ味わってほしいです。勝つことはもちろん、できればオーバーヘッドで点をとって、ビーチサッカーの魅力を皆さんにお見せしたいと思います。

後藤崇介 選手(東京レキオスBS)
明日は親善試合ですが、仮想ポルトガルということで、ワールドカップの初戦と同じようにチームとしてしっかりと戦うことが大切です。個人的には、今日おじいちゃんが亡くなったのですが、お葬式にも行けないので、おじいちゃんのためにもゴールを決めたいと思います。皆さんには、ビーチサッカーの魅力であるゴールが多く入るところや砂の上のアクロバティックなプレーを見てもらいたいです。

JFA-TV

 

  • マルセロ・メンデス 監督インタビュー

  • 茂怜羅オズ 選手(東京レキオスBS)インタビュー

  • 後藤崇介 選手(東京レキオスBS)インタビュー

スケジュール

6月17日(水) PM トレーニング
6月18日(木) AM/PM トレーニング(宜野湾市トロピカルビーチ)
6月19日(金) AM/PM トレーニング(宜野湾市トロピカルビーチ)
6月20日(土) 16:00 国際親善試合 vs.  アメリカ代表(宜野湾市トロピカルビーチ)
6月21日(日) 16:00 国際親善試合 vs.  アメリカ代表(宜野湾市トロピカルビーチ)

国際親善試合

ビーチサッカー日本代表 vs ビーチサッカーアメリカ代表
6月20日(土)・21日(日) 16:00キックオフ(予定) 14:00 観戦用仮設スタンド入場可能(予定)
沖縄/宜野湾市トロピカルビーチ ※入場無料

詳細はこちら

今後の予定

FIFAビーチサッカーワールドカップ ポルトガル2015(ポルトガル/エスピーニョ)
7月9日(木) 14:30 グループステージ第1戦 vs. ポルトガル (日本時間 22:30キックオフ)
7月11日(土) 16:00 グループステージ第2戦 vs. アルゼンチン (日本時間 7/12 0:00キックオフ)
7月13日(月) 16:00 グループステージ第3戦 vs. セネガル (日本時間 7/14 0:00キックオフ)
7月16日(木)   準々決勝
7月18日(土)   準決勝
7月19日(日)   3位決定戦/決勝戦
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー