JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ワールドカップ予選へ、埼玉で練習開始

ニュース

ワールドカップ予選へ、埼玉で練習開始

2015年06月13日

ワールドカップ予選へ、埼玉で練習開始

SAMURAI BLUE(日本代表)は6月12日、2018 FIFAワールドカップアジア2次予選初戦のシンガポール戦(16日、埼玉スタジアム2OO2)へ向けてさいたま市内で練習を行いました。
この日の午前中、前日4-0で快勝したイラク戦を戦った横浜市内から移動したチームは、ホテルでリラックスした後、夕方からの練習に臨みました。

イラク戦に先発したメンバーは和やかな雰囲気の中、ランニングやストレッチなど軽めの調整でしたが、それ以外の選手たちは1時間半強、練習に取り組みました。
パスなどの基本技術の練習から取り組み、5対5のミニゲームでは3人目の動きと速さを意識して相手ゴールを狙う動きを繰り返しました。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)らのゴールや武藤嘉紀選手(FC東京)の動きに「ブラボー!」、「いいよ!」などと声をかけていました。

トレーニング最後のシュート練習では、ボレーシュートを強化。旧ユーゴスラビア代表FWとしても活躍した指揮官は、ゴール脇から様々なバウンドのボールを出す一方で、押さえて打つのに苦労する選手が出ると足首の使い方などを実演して見せ、押さえた弾道のシュートの打ち方を選手たちに伝授していました。

GK組は先発した川島永嗣選手(スタンダール・リエージュ)以外の3選手が、スルーパスに抜けてくる選手への対応などに取り組みました。
ハリルホジッチ監督の下で初めて合宿に参加している原口選手は、「結構技術的なことを教えてくれますし、戦術やメンタルも全て教えてくれる。僕が一歩上へ行くには、すごく良い監督かと思う」と話しています。
チームは13日以降も調整を続け、16日のシンガポール戦に臨みます。

選手コメント

原口元気 選手(ヘルタ・ベルリン)
埼玉スタジアムは自分にとってはすごくいい思い出のあるスタジアム。そこでやるというのはモチベーション上がります。代表のユニフォームを着て埼スタに戻って来られたのは良いことだと思いますし、これが続けられるようにしたいです。ピッチに入ったら、慣れている景色の方が全然やりやすいので、良いイメージを持ってできるのではないかなと思います。(イラク戦で)トップ下でプレーして難しさはありましたが、得点も真ん中から生まれたので、前を向いた時にはゴールにより近くて仕掛けやすい位置だと思います。

谷口彰悟 選手(川崎フロンターレ)
試合に出たというのはすごく大きかったと思います。周り全部がサポーターという感じでスタジアム全部が青で染まっていて、本当に心強かったです。でも自分の出来はまだまだで、特に何もしていないという感じです。自分の良さはまだ出せていないと思うので、もっとやらないとダメだと感じています。練習でもベーシックなことを細かく言われますが、そういうところが大事だと自分も思っているので、良い練習だと思います。

西川周作 選手(浦和レッズ)
横浜でしっかり勝って埼玉に乗り込めて、チームはすごく雰囲気が良いので、この雰囲気を維持しながらみんなで頑張っていきたいと思います。必ずチャンスは来ると思っていますし、そのために準備をしています。出場のチャンスを貰ったら、しっかりとしたプレー、評価されるプレーをしていかないと生き残れないと思いますし、とにかくチームのために貢献できるプレーをしたいと考えています。ワールドカップの戦いは始まっています。まずは初戦、しっかり勝って突き進んでいきたいと思います。

酒井宏樹 選手(ハノーファー96)
昨日の試合は相手のコンディションなどもあったので判断しづらいところはありますが、勝ったのが全てだと思います。代表に呼ばれるのは光栄なことです。今は内田選手が怪我で外れているのでチャンスを貰えていると思うので、もっと上へ行って追いつかなかればと思っています。地に足をつけてやらないといけないですし、自分のプレーで貢献できるようにしたいです。日本代表がレベルアップしている今だからこそ、競争は必要だと思います。 

スケジュール

6月1日(月) PM トレーニング
6月2日(火) AM/PM トレーニング
6月3日(水) 17:00 トレーニング
6月4日(木) 17:00 トレーニング
6月5日(金) 17:00 トレーニング
6月6日(土) 17:00 トレーニング
6月7日(日) 17:00 トレーニング
6月8日(月) PM トレーニング
6月9日(火) PM トレーニング
6月10日(水) PM 公式練習
6月11日(木) 4-0 キリンチャレンジカップ2015
VS. イラク代表(神奈川/日産スタジアム)
6月12日(金) PM トレーニング
6月13日(土) PM トレーニング
6月14日(日) PM トレーニング
6月15日(月) 未定 公式練習
6月16日(火) 19:30
キックオフ(予定)
2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼
AFCアジアカップUAE2019 予選
VS. シンガポール代表(埼玉/埼玉スタジアム2002)

※ スケジュールを変更する場合があります。

2018FIFA ワールドカップロシア アジア2 次予選兼AFC アジアカップUAE2019 予選

SAMURAI BLUE(日本代表) vs シンガポール代表
6月16日 19:30 キックオフ(予定) 
埼玉/埼玉スタジアム2002
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー