JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ハリルホジッチ新体制で本格的な練習を開始 ~岡崎、川島両選手も合流~

ニュース

ハリルホジッチ新体制で本格的な練習を開始 ~岡崎、川島両選手も合流~

2015年03月25日

ハリルホジッチ新体制で本格的な練習を開始 ~岡崎、川島両選手も合流~

SAMURAI BLUE(日本代表)は3月24日(火)、大分市内でキリンチャレンジカップ2015 対 チュニジア戦(27日(金)、大分/大分スポーツ公園総合競技場)へ向けた合宿2日目に入り、本格的な練習を開始しました。

夕方から約2時間行われた練習では、ピッチ上に選手・スタッフ全員が集まって短いミーティングを行い、時折笑い声が漏れる和やかな雰囲気の中、ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督の話が5分ほど続きました。

その後、選手はランニングでウォームアップ。狭いエリアでのフィジカルトレーニングでは、フィールドプレーヤーが4人一組でリズムとラインを合わせながら動くことを確認していました。

ハリルホジッチ監督は選手がランニングする間、手元のメモを確認したり、ピッチ上に置かれたマーカーやロープなどの間でリフティングをしてボールの感触を確かめるなど、本格練習開始へ余念がない様子でした。

その後は報道陣に非公開として、チームは守備を中心とした戦術練習に取り組みました。
この日の練習には、所属クラブの日程の都合で合流が遅れていたFW岡崎慎司選手(1.FSVマインツ)とGK川島永嗣選手(スタンダール・リエージュ)の2人も参加。両選手はチームの他の選手らとは別にランニングを主とした回復トレーニングに取り組み、早めに練習を切り上げました。

しかし、FW興梠慎三選手(浦和レッズ)は怪我のために不参加となり、チームを離れました。代わりの選手は招集されていません。

また、昨夜から今朝にかけて宿舎でチーム・ミーティングを行い、過去のFIFAワールドカップでの試合映像を見ながら自分たちのプレーの確認を行いました。

岡崎選手は、「今朝のミーティングでワールドカップでの反省点などを改めて映像で見て、監督からいろいろな課題点を指摘されて、まだ伸びると言われました。なるほどと思いましたし、すごく大事なことに気付かされたと思います」と話していました。

チームは27日(金)にチュニジア代表とハリルホジッチ新体制での初陣を迎え、その後は東京へ移動して、31日(火)にJALチャレンジカップでウズベキスタン代表と東京スタジアムで対戦します。

選手コメント

FW   宇佐美貴史 選手(ガンバ大阪)
ポジショニングや寄せる距離が今までにないくらい徹底していて、しっかり求めてくる監督だという印象です。自分としては、攻守のバランスを取りながら、自分の攻撃の良さをチームに溶け込ませられるのが一番いいですし、守備から攻撃に変わった時にどれだけ自分のプレーをこなせるかだと思っています。代表には代表の空気があるし、レベルがあるし、やり方があります。久しぶりだという感じは受けました。監督が変わって最初の合宿ということで、全体でピリピリした感じはありますが、そういう中でやれるのは自分にとっていい経験になります。競争は始まっている?その通りだと思います。

DF   槙野智章 選手(浦和レッズ)
今日はビデオを見ての練習で、いままで出来なかったこと、直さなくてはいけないところなど修正の話がありました。監督の指示はわかりやすいですし、ダメな部分、向上させるところを指摘しています。新しい監督が来て、選手は横一線のスタートです。今まで呼ばれていた人もいますが、国内組と海外組を分けるということも監督は言っていないので、自分は「国内組でもこれだけできる」というところや、監督のやりたいサッカーをいち早く理解してピッチの上で表現できればと思っています。

GK   西川周作 選手(浦和レッズ)
やるところはやると集中させる監督だと思います。今日はピリッとした中でいい練習ができましたし、監督が狙おうとしているサッカーが、今日少し見えた気がして非常に面白かったです。GKはいつも3人だったので4人は新鮮です。FIFAワールドカップ予選になったら、また3人に絞られると思いますが、みんなで一緒にやって、どんどんレベルアップできればいいと思っています。

GK   川島永嗣 選手(スタンダール・リエージュ)
監督が変わって、もう一回ここから日本代表がスタートします。残せなかった結果を見つめ直してどれだけやっていけるかが、新しい監督との新しいテーマだと思います。FIFAワールドカップで監督がアルジェリア代表で結果を残したのは、サッカー哲学があってそれがチームに浸透したからで、結果は必然だったと思います。6月のFIFAワールドカップ予選へ時間がないのはその通りで、AFCアジアカップで結果を残して基盤を作れれば良かったですが、サッカーも人生も計画通りにはいかないもの。こういう状況に立たされて、監督のアイディアを吸収して表現できるようにしたいです。

FW  岡崎慎司選手(1.FSVマインツ)
監督はすごく徹底していると思いますし、今までより厳しくなると思います。でも僕は強くなりたい、上手くなりたいので楽しみです。監督は就任してまだ短い期間ですが、指摘はすごく重要なところを捉えていると思いました。自分が思っていたことが監督と同じでした。世界で戦うための最低ラインを言ってくれていると思うので、僕らはその上を目指すためにも、それに応えなければいけないですし、そういうことはすごくワクワクする感じでした。「自分たちらしさ」よりも先に、激しさなど、やらなくてはいけないことがあると思っていたので、そこへ向けてやっていければいいと思っています。 

JFA-TV

 

  • 本田圭祐 選手 インタビュー

  • 清武弘嗣 選手 インタビュー

  • 吉田麻也 選手 インタビュー

スケジュール

3月23日(月) PM トレーニング
3月24日(火) PM トレーニング
3月25日(水) PM トレーニング
3月26日(木) PM 公式練習
3月27日(金)19:30キリンチャレンジカップ2015   vs チュニジア代表 (大分スポーツ公園総合競技場)
3月28日(土) AM トレーニング
3月29日(日) AM/PM トレーニング
3月30日(月) AM/PM 公式練習
3月31日(火)19:25JALチャレンジカップ2015   vs ウズベキスタン代表 (東京スタジアム)

キリンチャレンジカップ2015

2015年3月27日(金) SAMURAI BLUE(日本代表) 対 チュニジア代表
大分スポーツ公園総合競技場 19:30 キックオフ(予定)/16:30 開場(予定)
テレビ放送:TBS系列にて全国生中継
大会情報はこちら

JALチャレンジカップ2015

2015年3月31日(火) SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ウズベキスタン代表
東京スタジアム 19:25 キックオフ(予定)/16:25 開場(予定)
テレビ放送:日本テレビ系にて全国生中継
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー