JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 日本・中央アジア交流大会 00ジャパン始動

ニュース

U-15日本代表 日本・中央アジア交流大会 00ジャパン始動

2015年03月25日

U-15日本代表 日本・中央アジア交流大会 00ジャパン始動

3月25日(水)からJ-GREEN堺(大阪府堺市)で開幕するSPORT FOR TOMORROW 日本・中央アジアU-15サッカー交流大会に出場するU-15日本代表の活動がスタートしました。9月に行われるAFC U-16選手権2016予選を突破し、来年開催される本大会で「FIFA U-17ワールドカップ2017」の出場権を獲得することが当面の目標となります。今回のメンバーは2月末に56名が参加した東西キャンプから選ばれた18名が中心となります。

23日の午後に集合し、この日は2部練習を実施しました。初日は視野とスペースを常に確保することをテーマとし、3対2、4対4+2フリーマン、6対6の練習を実施。森山監督は「相手、味方のスペースを見て、アングルを変えたり、距離を変更したりして、常に次のプレーのアイディアを持つこと」とプレーを何度も止め、自ら見本を見せながら選手に指導しました。24日の練習は限られた時間の中、守備練習や攻守の切り替えなど翌日の実戦を意識して行い、最後はポジション別に分かれて、各々の課題に対しての対応を再確認して終了しました。

夜のミーティングでは東西キャンプで良かったプレーを映像で見ながら、どのようなプレーが現状出来ているか、何が良いプレーなのか、イメージを共有しました。森山監督からは「明日の初戦は全員がピッチ上でリーダーシップを発揮し、自ら考えてプレーすること。体を張って全力でプレーして欲しい」と語りかけました。最後には日の丸に全員で名前を書きモチベーションを高め、ミーティングを締めくくりました。明日は“00ジャパン”初の交流試合。強豪相手にこれまで学んだことを思い切りピッチで表現していきます。

※“00ジャパン”:2000年生まれの選手たちが中心となる本チームの呼称。FIFA U-17ワールドカップ2017の出場を目指す。

選手コメント

DF 13 作田龍太郎 選手(ヴィッセル神戸U-15)
今回の遠征では、少しでも質を高めるために味方・相手選手への距離の保ち方、動き出しのタイミング、パスのアングルに意識して取り組んでいます。クロスの質もまだまだ改善が必要なので、よりチャンスが生まれやすいようにチームで練習して来ました。また、今回選出されたことで、日頃より周りのチームメートや家族から素晴らしいサポートを受けていることを改めて感じました。明日は大事な初戦なので、必ず勝ちたいと思います。

DF 2 徳永悠大 選手(ジュビロ磐田U-15)
途中から合流したので緊張した部分もありましたが、午後の練習で溶けこむことが出来ました。オーバーラップするタイミングに課題があるので、本日午後に学んだ相手選手との距離の取り方やボールの貰い方を明日は実践してみたいと思います。明日の試合では強豪相手にどこまで攻守面で出来るか思い切り試したいです。

MF 6 粟野健翔 選手(ベガルタ仙台ジュニアユース)
今回U-15代表に選出されたことは大変嬉しく思います。今日までの練習で、まだまだオフの動き方やボールが来るまでの予測が足りないと感じています。また、東キャンプの際に対戦したセレッソ大阪U-18にフィジカル面で全く勝てなかったので、チームでも早めに練習に行くなどして、トレーナーに学びながら体幹やフィジカル面の強化に取り込んでいます。明日から強豪チームと何試合も実践を重ねることで課題を克服して、勝利に繋げたいと思います。

スケジュール

3月23日(月) PM トレーニング(J-GREEN堺) 
3月24日(火)  AM/PM トレーニング(J-GREEN堺)
日本・中央アジアU-15サッカー交流大会
3月25日(水) 15:20 vs.  ウズベキスタンU-15(J-GREEN堺)
3月26日(木) 10:50 vs. イランU-15(J-GREEN堺)
PM トレーニング(J-GREEN堺)
3月27日(金) 9:30 vs. アフガニスタンU-15(J-GREEN堺)
14:00 vs. 京都サンガF.C.U-15(J-GREEN堺)
3月28日(土) AM トレーニング(J-GREEN堺)
  PM 交流イベント(Jリーグ観戦)
3月29日(日) AM 順位決定戦(J-GREEN堺)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

※日本・中央アジアU-15サッカー交流大会
本年より開催する日本と中央アジア諸国間のユース年代のチームを招聘したサッカー交流大会。日本国政府が主導する国際貢献策「SPORT FOR TOMORROW」プログラムの一環として、日本スポーツ振興センターの支援を受けて実施。
詳細はこちら

日本・中央アジアU-15サッカー交流大会参加チーム

グループAグループB
U-15タジキスタン代表
FC東京U-15深川
U-15キルギス代表
U-15トルクメニスタン代表
JFAアカデミー(福島・熊本宇城)U-15
U-15ウズベキスタン代表
京都サンガF.C.U-15
U-15アフガニスタン代表
U-15イラン代表
U-15日本代表 

今後の予定

4/12~19 インドネシア遠征 
5/19~24 海外遠征を予定(調整中) 
 7/21~30  海外遠征
 8/25~29 トレーニングキャンプ(国内)
9/3~11 トレーニングキャンプ
9/12~20 AFC U-16選手権2016予選
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー