JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > AFCビーチサッカー選手権カタール2015 大会初戦を白星で飾る!

ニュース

AFCビーチサッカー選手権カタール2015 大会初戦を白星で飾る!

2015年03月24日

AFCビーチサッカー選手権カタール2015 大会初戦を白星で飾る!

AFCビーチサッカー選手権カタール2015
2015年3月23日(月)    キックオフ 17:30    試合時間 12分×3ピリオド
Katara Beach(カタール/ドーハ)

ビーチサッカー日本代表 5-3(1st 3-3、2nd 2-0、3rd 0-0) ビーチサッカークウェート代表

得点
5分     後藤崇介(日本)
8分     失点(クウェート)
11分   茂怜羅オズ(日本)
12分   失点(クウェート)
12分   失点(クウェート)
12分   茂怜羅オズ(日本)
13分   後藤崇介(日本)
21分   茂怜羅オズ(日本)

スターティングメンバー
GK:  照喜名辰吾
FP:   尾田博文、茂怜羅オズ、後藤崇介、大場崇晃

サブメンバー
GK:  杉田哲司
FP:   田畑輝樹、牧野真二、赤熊卓弥、松尾那緒弥

登録外メンバー
GK: 原口翔太郎、山内悠誠

交代
全員出場(杉田以外)

マッチレポート

ついに開幕を迎えたAFCビーチサッカー選手権カタール2015。グループステージ初戦の対クウェート戦は、暑さをもたらした日中の太陽も沈み、17:30という涼しい時間帯でのキックオフとなりました。なお、この試合の前に行われた、同グループの中国対ベトナム戦はPK戦の末、中国がベトナムを破り、大会規定によりPK戦での勝利の場合は、勝ち点が1ポイントのみ与えられ。これにより、日本が規定時間内に勝利し勝ち点3を獲れば、グループ首位に立てる事が分かった中で試合が始まりました。

第1ピリオドは、初戦ということもあり、慎重な試合の入り方の中、互いにミスやファールが目立った出だしとなりました。そんな中、5分に大場崇晃選手が打ったシュートを相手ゴールキーパーが弾いたところを、後藤崇介選手が詰め、日本が先制します。しかし、その3分後にはミスからボールを失い相手に同点ゴールを許します。その後、茂怜羅オズ選手のミドルシュートで2対1とリードを奪うも、終盤立て続けに2失点を喫し、2対3と1点ビハインドで第1ピリオドを終えました。

このチームの課題の一つでもある、大会初戦の試合の入り方が、この試合でも浮き彫りになる展開でした。

しかし、第2ピリオドでは、日本がようやく硬さがとれ相手を圧倒します。まずは、ピリオド開始1分に得たPKを後藤選手が決め同点にすると、その1分後には茂怜羅選手がフリーキックを決め逆転に成功。さらにピリオド終盤には、茂怜羅選手がハットトリックとなる鮮やかなオーバーヘッドを決め、相手を突き放します。

最終ピリオドでは、得点こそとれなかったものの、相手も無失点に抑え、終始ペースをつかんだ試合展開で、大会初戦を白星で飾りました。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス監督
大会初戦という事もあり、今日の試合はとても難しい試合でした。対戦相手のクウェートは、日本と同様に大会前にドバイで直前合宿を行い、非常に良い準備が出来ていたと思いますし、今日の初戦に対する気持ちがとても強いように思いました。日本は難しい試合ながら、とても良い試合をしたと思います。もちろん明日のベトナム戦に向けて、改善する点はありますが、このままの良いリズムで勝ち続けたいと思います。

茂怜羅オズ 選手(東京レキオスBS)
ワールドカップ出場権をかけたアジアの予選は難しいし、特に今日の初戦は難しい試合でした。若干緊張したせいか、思い通りのプレーが出来ない事が多かったですが、とにかく勝つことが出来て良かったです。チームのみんなが、監督からの指示通りに決まり事を守ってプレーしていた点が良かったと思います。個人的には、ハットトリックでチームの勝利に貢献できたのでよかったです。明日の試合も難しい試合になるかもしれませんが、勝利出来るように精一杯頑張りたいと思います。

照喜名辰吾 選手(ソーマプライア)
どんな対戦相手に限らず、毎回アジア予選の初戦は苦戦しています。今日の試合でも、予想通り試合の入り方があまりよくなく、第1ピリオドをビハインドで終えました。しかし今のチームは、状況によってその都度戦い方を上手く変える事ができます。この試合でもリードを奪われた後、そしてその後逆転した後で戦い方を変えて最終的には自分達のペースで試合を決める事が出来ました。明日以降の試合では、決定機にもっと得点できるように改善しなければならないと思いますし、試合の入り方に気をつけて、常に自分達のペースで楽な試合運びが出来るようにしていきたいと思います。 

スケジュール

3月17日(火) PM トレーニング
3月18日(水) AM/PM トレーニング
3月19日(木) AM トレーニング
3-1 トレーニングマッチ vs ビーチサッカーアゼルバイジャン代表
3月20日(金) AM トレーニング
3月21日(土) PM トレーニング
3月22日(日) TBC トレーニング
3月23日(月)AFCビーチサッカー選手権カタール2015
5-3 vs クウェート(Katara Beach)
3月24日(火) 17:30 vs ベトナム(Katara Beach)
3月25日(水) 17:30 vs 中国 (Katara Beach)
3月26日(木) TBC 準々決勝 (Katara Beach)
3月27日(金) TBC 準決勝 (Katara Beach)
3月28日(土) TBC 決勝戦/3位決定戦(Katara Beach)
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー