JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表候補 トレーニングキャンプ@沖縄 4日目(10/21)レポート

ニュース

ビーチサッカー日本代表候補 トレーニングキャンプ@沖縄 4日目(10/21)レポート

2014年10月22日

ビーチサッカー日本代表候補 トレーニングキャンプ@沖縄 4日目(10/21)レポート

4日間にわたって実施したトレーニングキャンプも最終日となり、この日は地元チーム(ソーマプライアとFCうるまの混成チーム)との練習試合を行い、6-0で勝利しました。
選手たちは皆、この合宿期間でトレーニングしてきたディフェンスや攻撃の型、セットプレーなどを一つ一つ確認しながら、高い意識で試合に臨みました。

コメント

マルセロ・メンデス 監督
今回の合宿は、チーム戦術の理解とセットプレーのオプションを増やすことにテーマを絞って行いました。若手もベテランも私の要求をよく理解し、最終日の練習試合では成果を発揮してくれたと思います。練習したセットプレーからの得点を含む6得点という結果にも満足しましたが、コンパクトなディフェンスを徹底して、失点しなかったことにも大変意義があったと思います。
今後行われるインターコンチネンタルカップとアジアビーチゲームズにも、手応えをもって臨むことができます。選手たちのコンディションも良さそうなので、良い戦いをしてきたいです。

杉田哲司 選手(湘南SPREAD1545)
自分は代表合宿参加するのは5月以来だったので、戦術理解に差があることが心配でしたが、合宿中に監督がきめ細かく指導してくれたので、徐々に理解を深められ、最終日の試合でも力を発揮出来たと思います。
個人の力が短い期間で飛躍的に上がることはありませんが、チームとしての力を高めることはできるので、次に向けて一歩一歩全力で取り組んでいきたいと思っています。最後に、この環境を整えてくくれた全ての人、チームメイトに感謝します。

赤熊卓弥 選手(ドルソーレ北九州)
今回の合宿で、セットプレーなど新しく覚えるチームの約束事が増えたので、それらをしっかり理解し、試合で発揮できるようにしていきたいと思います。
また、チームの雰囲気もさらに良くなり、来月の大会に向けていい準備ができていると思います。自分のチームに帰ってからも、短い期間ですが、大会に向けてしっかりトレーニングを積んで、頑張っていきたいと思います。

大場崇晃 選手(ドルソーレ北九州)
練習試合では、この合宿中に取り組んできたセットプレーから得点出来たので、次の大会でもこの積み重ねを生かして、質を上げていきたいと思います。
守備でも、チーム全員が監督の考えを理解し、しっかり完封して終えることができたのは自信になりました。ドバイ(インターコンチネンタルカップの開催地)でもしっかり結果にこだわって、良い結果が出せるように頑張りたいです。

スケジュール

10月18日(土) PM トレーニング
10月19日(日) AM
PM
トレーニング
トレーニング
10月20日(月) AM
PM
トレーニング
トレーニング
10月21日(火) AM トレーニング
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー