JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > 6選手合流 23人全員で練習 ~新潟合宿2日目~

ニュース

6選手合流 23人全員で練習 ~新潟合宿2日目~

2014年10月08日

6選手合流 23人全員で練習 ~新潟合宿2日目~

SAMURAI BLUE(日本代表)は10月7日、キリンチャレンジカップ2014ジャマイカ戦と国際親善試合のブラジル戦へ向けて新潟市内で合宿2日目の活動を行い、台風の影響などで到着が遅れていたFW本田圭佑選手(ACミラン)ら6人が合流して、23選手全員がそろって汗を流しました。

台風一過で晴天に恵まれたこの日、GK3人を除いたフィールドプレーヤー20人はいくつかのグループに分かれて、パス交換や6対2、6対3のボール回し、クロスボールに合わせるシュート練習などを行いました。
その後、二手に分かれて5対5のミニゲームを実施すると、スタンドから見守っていた約5000人のファンからグランド上の選手たちへ声援や歓声が沸き起こり、競技場は賑やかな雰囲気に包まれました。

本田選手、DF長友佑都選手(インテル)、MF田中順也選手(スポルティング)と同様に、MF田口泰士選手(名古屋グランパス)は台風のために交通機関が乱れて一日遅れのスタートとなり、「(代表合宿の)出だしとしては最悪です。初めてなので遅れるのは嫌でした」と残念そうでしたが、ミニゲームでは角度のないところからシュートを決めるなど、積極的な動きを見せていました。

また、GK川島永嗣選手(スタンダード・リエージュ)と共に、所属クラブの試合日程で合宿2日目からの合流になったFW岡崎慎司選手(1.FSVマインツ)は、長旅の疲れを感じさせない軽快な動きでゴールを決めていました。

ハビエル・アギーレ新監督のもとで未勝利の現状に本田選手は、「もちろん、勝ちに行きたいです。(ミランで)手応えとして感じている部分を、そのままこちらでも出せればいい」と話しました。
日本代表は10日に新潟・デンカビッグスワンスタジアムでジャマイカと、14日にシンガポール・ナショナルスタジアムでブラジルと対戦します。

コメント

FW 本田圭佑 選手(ACミラン)
合流は遅れましたが、前回も一緒にやっているメンバーが大半なので、確認という点は前よりもやりやすさがあります。クラブで手応えとして感じている部分を、そのまま代表チームでも出せればいいのですが、チームメイトとどこまで理解できるかという課題もあり、調整時間も少ないので、優先順位を決めて的を絞って対応していかないといけません。ワールドカップ後、自分の物差しを一から作り直している最中ですが、それに伴う意識の変化は、大会前とは180度ぐらい大きく変わったことは間違いないと思います。僕自身はゲームメイクより、前で勝負して、前で脅威になる個を追求しています。数的優位で回すのは日本の良さでもありますが、数的優位でないと回せないという課題が過去何年もありました。それを解決するために日本代表は前進していかないとなりません。それを長所にしていければ、ファンも魅了できる日本代表が出来ると思います。

MF 柴崎岳 選手(鹿島アントラーズ)
緊張感は変わらないですが、前回よりは慣れています。前回同様、自分のプレーというのを出して周りに理解してもらう必要はありますし、短いスパンでの合宿なので、1日1日、やれる時にしっかりと、互いの共通理解などを深めていきたいです。インサイドハーフはしっかりフィールドを往復して、アンカーやサイドバック、ワイドの選手や1トップの選手と距離感を近くしないと、相手にセカンドボールを拾われて、チームとして機能性が出ないと思うので、しっかりハードワークしていきたいです。

MF 田口泰士 選手(名古屋グランパス)
初参加なので楽しんでやろうと思っていました。分からないことは聞いていますし、みんな、丁寧に教えてくれます。本田選手や長友選手とは一緒にやったことはないですし、ずっとテレビで観ていたので、「こういう人たちと一緒にやるんだな」と、気が引き締まる思いがしました。あまり考え過ぎないで、自然体でやりたいと思っています。

FW 岡崎慎司 選手(1.FSVマインツ)
調子が良いかは分からないのですが、体は動いているので、チャレンジ出来ていますし、やれることを増やしています。昨年は点を獲ることで精いっぱいでしたが、今年はチームのリズムを良くするためにどうするかを考えながらやっています。チームが勝ちきることに自分が貢献できるかです。来たボールを決めることは出来るようになっているので、「なんとかしてくれ」というボールでも点を獲れるようになるかが、自分の成長の目安だと考えています。

JFA-TV

  • 本田圭佑インタビュー

  • 柴崎岳選手インタビュー

  • 田口泰士選手インタビュー

キリンチャレンジカップ2014

10月10日(金) 19:25キックオフ(予定)
SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ジャマイカ代表
新潟/デンカビッグスワンスタジアム
詳しくはこちら

国際親善試合

10月14日(火) 18:45キックオフ [ 日本時間 19:45](予定)
SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ブラジル代表
シンガポール/ナショナルスタジアム
詳しくはこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー