JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > フットサル女子 2015年 > AFC女子フットサル選手権マレーシア2015 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本女子代表 グループステージ第3戦 vsフットサル中国女子代表に勝利し、準決勝に進出

ニュース

フットサル日本女子代表 グループステージ第3戦 vsフットサル中国女子代表に勝利し、準決勝に進出

2015年09月24日

フットサル日本女子代表 グループステージ第3戦 vsフットサル中国女子代表に勝利し、準決勝に進出

AFC女子フットサル選手権マレーシア2015 vs フットサル中国女子代表
2015年9月23日(水) キックオフ 14:00 試合時間20分×2(プレーイングタイム)
Nilai Indoor Stadium(マレーシア/ヌグリ・スンビラン)

フットサル日本女子代表 7-1(前半5-0、後半2-1)フットサル中国女子代表

得点
3分 中島詩織(フットサル日本女子代表)
7分 加藤沙織(フットサル日本女子代表)
8分 加藤沙織(フットサル日本女子代表)
8分 関灘美那子(フットサル日本女子代表)
20分 網城安奈(フットサル日本女子代表)
33分 失点(フットサル中国女子代表)
37分 東山真依子(フットサル日本女子代表)
40分 オウンゴール(フットサル日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:山本彩加
FP:堀田えり子、関灘美那子、中島詩織、上本唯由

サブメンバー
GK:山下美幸、山本彩可
FP:加藤沙織、網城安奈、東山真依子、吉林千景、藤田靖香、高尾茜利、関かおり

交代
GK山下美幸以外全員出場

マッチレポート

フットサル日本女子代表は23日、AFC女子フットサル選手権マレーシア2015グループステージ第3戦 フットサル中国女子代表との一戦に臨みました。試合前のロッカールームで在原監督は、「昨日の試合も今日の試合も同じ一つの大事な試合。ノックアウトステージのことは考えずに目の前の試合にチーム全力で立ち向かい、最高のプレーを見せよう。」と話しました。

立ち上がりから日本は堅い守りと組織的なプレーでゲームを支配します。開始3分、関灘美那子選手が前線に蹴ったボールが中国のディフェンスラインを越え、左サイドより抜けだした中島詩織選手が上手く合わせてシュートし、早速先制点を挙げます。7分、日本ボールで左のタッチラインよりキックインした球に加藤沙織選手がダイレクトで合わせてシュート。中国のキーパーはキャッチしきれずゴールが決まります。中国は守備が崩れ、8分には中島選手がシュートしキーパーが跳ね返したボールに、再び加藤選手が素早く反応、追加点を奪います。その直後、関灘選手が中央の中国のディフェンスラインを突破して左サイドの堀田えり子選手にパスし、再度戻されたパスを受け見事ゴールを決めます。4点先制するも、日本は堅い守りを崩さず中国の攻撃を許しません。そして前半終了の直前となる20分には、中盤からドリブルで前線に抜け出した網城安奈選手が、右サイドの関かおり選手とのパスの連携で中国のディフェンスラインを崩し、見事ゴールを決め、5-0で前半を終了しました。

後半も引き続き、日本は集中して守備を固め、中国の攻撃を封じ込めます。ところが33分、フリーにさせてしまった中国選手にボールが渡り、得点を許してしまいます。後半になっての失点で前日、前々日の試合の展開が頭をよぎりますが、その後も日本は集中した守備で守りきり、37分には相手ゴール前でのパスワークで中国のディフェンスラインを崩し、最後は東山真依子選手が落ち着いてゴールを決め6点目を奪います。40分、左サイドから右サイドにパスをした中島選手のボールが相手ディフェンスに当たりオウンゴールとなり、7-1で試合は終了しました。

この結果、日本はグループステージを1位で突破し、25日(金)にグループA 2位のマレーシアと準決勝を行います。

また今回の試合で、網城安奈選手がPlayer of the Matchに選ばれました。

監督・選手コメント

在原正明 監督
今回の試合では、イエローカードの累積や疲労も考慮し一部の選手を休ませながらも、勝利という目標をしっかりと達成できたことが重要でした。グループステージの3試合を通じてみると、立ち上がりは良くて後半はスコアを前半ほど生み出せない試合が続きましたが、そのことをネガティブには捉えていません。むしろ前半にそれだけの差を生み出せたので、後半にいろいろと試すことができ、続く準決勝・決勝につながる成果を得ることができました。一日のオフを経てまた気持ちをリセットし、準決勝に向けて良い準備をしたいと思います。

FP #6   東山真依子 選手(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
予選リーグ最終戦もしっかりチームで戦うことができました。ただ、先制点が取れ、自分たちのペースで試合運びできていたので、無失点で終わりたかったのが正直な気持ちです。次の準決勝までに、予選リーグで出た課題を修正して、最高のパフォーマンスができるように、チームも自分も良い準備をして試合に臨みたいと思います。また、私たちにさらに力を与えてくれ最後まで戦うことができたのも、応援してくれた方々のおかげです。引き続き、応援よろしくお願いします。

GK #16   山本彩可 選手(LETIZIA)
本日の試合は、日本は引き分け以上で予選リーグを1位通過できるという状況でしたが、私たちは勝ちに行く、という強い姿勢で臨みました。結果大差で勝利したものの、毎試合失点を重ねている分、まだまだ課題はたくさんあると思っています。私たちはその課題としっかり向き合って一つ一つ改善していく力があるチームだと思っているので、明日のトレーニングでは共通理解を深め、万全の状態で準決勝を迎えたいと思います。日本でフットサル日本女子代表を応援して下さっている方々、遠いマレーシアの地まで応援に駆けつけて下さったサポーターの方々のためにも、必ず準決勝で勝って、決勝に進みたいと思います。

第3戦 vs 中国 ハイライト

インターネットライブ配信

AFC(アジアサッカー連盟)は、9月25日(金)19:00キックオフ(予定)[日本時間 9月25日(金)20:00キックオフ]に開催する「AFC女子フットサル選手権マレーシア2015」準決勝 フットサル日本女子代表 対 フットサルマレーシア女子代表の試合の網様をインターネットライブ配信いたします。

※回線の状況や閲覧環境により、一部ご覧いただけない場合がございます。予めご了承ください。

スケジュール

AFC女子フットサル選手権マレーシア2015
9月21日(月) 4-2 vs  ベトナム(ニライ・インドアスタジアム)
9月22日(火) 3-2 vs  タイ(ニライ・インドアスタジアム)
9月23日(水) 7-1 vs  中国(ニライ・インドアスタジアム)
9月24日(木) AM/PM トレーニング
9月25日(金) 16:30
19:00
準決勝 イランvsタイ(ニライ・インドアスタジアム)
準決勝 日本vsマレーシア(ニライ・インドアスタジアム)
9月26日(土) 16:30/19:30 3/4位決定戦・決勝(ニライ・インドアスタジアム)

※時間は全て現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC女子フットサル選手権マレーシア2015 出場国
グループA イラン、マレーシア、ウズベキスタン、香港
グループB 日本、中国、タイ、ベトナム

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー