JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 コンチネンタルカップ初戦でブラジルに敗戦

ニュース

フットサル日本代表 コンチネンタルカップ初戦でブラジルに敗戦

2014年10月24日

フットサル日本代表 コンチネンタルカップ初戦でブラジルに敗戦

フットサルコンチネンタルカップクウェート2014
2014年10月23日(木) 19:30キックオフ 20分ハーフ(プレーイングタイム)
Qadsia SC Hall(クウェート/クウェート)

フットサル日本代表 0-5(前半0-1、後半0-4) フットサルブラジル代表

得点
6分 失点(フットサルブラジル代表)
25分 失点(フットサルブラジル代表)
29分 失点(フットサルブラジル代表)
29分 失点(フットサルブラジル代表)
33分 失点(フットサルブラジル代表)

スターティングメンバー
GK:川原永光
FP:小曽戸允哉、星翔太、皆本晃、仁部屋和弘

サブメンバー
GK:関口優志
FP:畠山ブルノタカシ、滝田学、中村友亮、永井義文、宮崎暁、室田祐希

登録外メンバー
FP:佐藤亮、森秀太

マッチレポート

フットサルコンチネンタルカップクウェート2014がいよいよ開幕し、初日の23日(木)は4試合が行われました。
日本は4試合目に登場し、対戦相手は強豪のブラジル代表です。

試合序盤は両者ともに硬さが目立ち、動きが少ないまま時間が過ぎましたが6分、ブラジルに先制点を奪われます。日本もチャンスを作り得点こそ奪えませんが、失点もこの1点にとどめ、後半に望みをつなぎます。

後半、セットプレーを中心に徐々にリズムをつかみ始めた日本ですが、ブラジルに要所を締められゴールを割ることができません。逆に25分、29分、29分とわずか5分の間にミスを突かれて3失点してしまいます。日本はパワープレーで反撃を試みますが33分にも失点し、大会初戦は0-5で敗れました。

選手コメント

星翔太 選手(バルドラール浦安
試合の結果は非常に厳しいものとなりました。ブラジルを相手にしたことによって、自分たちができること、できないこと、やらなければいけないこと、やってはいけないことが、はっきりするし、課題がより明確になったと思います。負けてしまった以上、今日の試合で感じたものをチェコ戦のピッチで表現しなければなりません。代表に求められるものは結果だということを忘れずにまた明日の試合に臨みたいと思います。

皆本晃 選手(府中アスレティックFC)
今日の試合は完敗でした。失点に関してはこのレベルでは絶対にやってはいけないミスからプレゼントのような失点ばかりでしたが、それ以外にも川原さんが止めてくれただけでやられかけてるシーンもありました。前線からプレスにいけてる時はかなり機能していたのでこれを何分、何回継続させられるかにすべてはかかってると思います。攻撃もなかなか良い形、ポゼッションが出来ませんでした。選手の距離感が悪く、コンビネーションがなかなか出せませんでしたが、距離感が良い時は良い形になっていました。ボールに対して圧力をかけてくる相手には必ずウィークポイントがあります。そこを上手くつけるように全員のイメージを合わせていかなければならないと感じています。ただ全部が全部、良い形が作れる訳ではありません。上手くいかないシチュエーションで如何に一人で時間を作れる選手になれるかが重要だと改めて実感しましたが、ブラジル相手だと今の自分にその力がなかったことが悔しくて仕方がありません。何としてももう一回ブラジルとやりたいので、グループステージのあと2試合何が何でも必ず勝って次に繋げたいと思います。

宮崎暁 選手(フウガドールすみだ)
初の代表での試合で、しかも相手がブラジルだったので、試合前は地に足が着いていないよう感じでした。普段あまり緊張などしない方なので、これが代表なのかなと思いました。しかし、周りのみんなが声をかけてくれたおかげで、試合がはじまる頃には試合に集中できていたと思います。内容的には、日本では経験することができないようなスピード、技術、身体の強さなどについていくことができず、世界の壁を感じました。また、個人としてレベルアップしないと、このレベルとは戦えないと感じました。しかし、これは大会なので、明日、明後日と試合が続きます。決勝戦まで勝ち上がれば、またブラジルと試合ができるチャンスもあります。今日の経験を明日以降の試合に活かせるように、一戦一戦を大切にしていきたいと思います。

スケジュール

フットサルコンチネンタルカップクウェート2014
10月23日(木) 0-5 グループリーグ第1戦 vs ブラジル
10月24日(金) 14:30 グループリーグ第2戦 vs チェコ
10月25日(土) 14:30 グループリーグ第3戦 vs グアテマラ
10月27日(月) 17:30/20:00 準決勝
10月28日(火) 17:30/20:00 3/4位決定戦または決勝戦

※ 時間は全て現地時間

日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー