JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2022年 > 最新ニュース一覧 > 女子選手向けのビーチサッカー巡回クリニックを初開催

ニュース

女子選手向けのビーチサッカー巡回クリニックを初開催

2022年04月12日

女子選手向けのビーチサッカー巡回クリニックを初開催

4月10日、高円宮記念JFA夢フィールドのピッチ・カリオカで、女子選手を対象としたビーチサッカークリニックを開催しました。これはビーチサッカー競技のさらなる普及・拡大に向けたもので、女子選手を対象とするクリニックは初の試みとなりました。

今回の参加者は、ビーチサッカー関東リーグ所属のチームから選抜された選手、九州リーグから選抜された選手、女子ビーチサッカー界で行われているツアー大会「Thetis(テティス)ツアー」参加チームから選抜された選手の計30名が参加しました。

午前中は、ビーチサッカー日本代表のコーチを務める田畑輝樹コーチと、GK河合雄介選手によるクリニックを実施しました。各リーグ等から選抜された選手たちは基礎技術が高く、田畑コーチらは「簡単な技術練習だけでなく、チームに戻った際に練習でも取り組める内容にしよう」と戦術的なパス回しも加えてクリニックを進行しました。

GKトレーニングでも、トレーニング内容の紹介から個々のプレーの指摘など、より具体的な指導が行われました。

選手たちも時折楽しそうにトレーニングをしながらも、休憩時間にコーチに質問にきたり、トレーニングの確認をしたりと、非常に前向きに参加していました。

午後には、3チームでの対抗戦も行いました。

各チームともレベルが高く、積極的なドリブルシュートや冷静なパス交換など、男子にも引けを取らないゲームを展開し、オーバーヘッドシュートでゴールを決める選手も見受けられました。

また、午前中のクリニックで取り組んだ内容を発揮する選手もおり、講師からも「世界で戦っても日本は十分通用するのではないか」という声も出ていました。

負荷の高い内容となりましたが、1日を通して天候にも恵まれ、参加した選手の表情からは充実感を感じることが出来ました。

今回、女子選手向けのクリニックは初の試みとなりましたが、参加者の中には、なでしこリーグでのプレー経験者やアンダーカテゴリーの日本女子代表に招集経験のある選手もおり、非常にレベルの高いものとなりました。また、参加者の中にはお子さんを持つ選手もおり、女子ビーチサッカーの裾野の広さが感じられました。

より多くの女子選手がビーチサッカーを楽しめる環境を拡大していくため、そして性別に関わらずビーチサッカーの魅力を広げていくため、今後もこのような取り組みを実施していきます。

講師・選手コメント

田畑輝樹 コーチ(ビーチサッカー日本代表)
今回初めて女子選抜選手を対象にビーチサッカークリニックを行いました。技術が高い事は知っていたので、今回のクリニックではビーチの基本技術を教えるというよりは持ち帰ってトレーニングできるような内容にしました。
選手達が暑い中でも楽しみながら集中して取り組んでくれたお陰で充実したクリニックになったと思います。
クリニック後は選抜チームの対抗戦で白熱したレベルの高い面白い試合を観戦することができました。
まだまだ女子ビーチサッカーの環境は整っていない状況にも関わらず、これ程レベルの高い面白い試合が観ることが出来たことは、今後のビーチサッカー界の発展に繋がっていくのかなと感じました。今後は女子・男子共に協力しながらビーチサッカー界を盛り上がるように活動もしていきたいと思います
最後にJBSF女子ビーチサッカー選抜チーム対抗戦を開催していただいた関係者の皆さんありがとうございました。

河合雄介 選手(東京ヴェルディBS)
今回初めて女子のビーチサッカークリニックをさせていただいたのですが、自分が思っていたよりもレベルが高く、一人一人の個の力があって驚きました。
今回はキーパーを5名、午前中にスローやパスなどキーパーの技術を伝えていく時に、些細な事でもしっかり伝えていく事で午後のトレーニングマッチで実行してくれていたのは嬉しかったです。
トレーニングの合間にも、ここはどうしたらいいですか?と質問するなど、向上心が伝わってくる選手が多かったです。
ビーチサッカー女子の活動が昨年からしっかりと始まって、今回の選抜クリニック開催と、しっかりスタートして段階を踏んできているので、このまま普及活動なども進展していってほしいと思います。

西村望 選手(Thetisツアー選抜:ラソアペーゴ北九州)
今回、JBSF女子ビーチサッカー選抜チーム クリニック・対抗戦にThetisツアー選抜として参加させていただきました。2021年に開催していただいた、Thetisツアー参加チームから選出されたメンバーと今回は同じチームとして活動ができたこと、とても嬉しく思います。
午前のクリニックでは、田畑コーチと河合さんのご指導のもと基礎練習やボール回し、GKはGKトレーニングを行いました。自チームでも取り入れることができるトレーニングばかりでとても貴重な時間になりました。ご指導いただきありがとうございました。
午後の対抗戦は、九州選抜と関東選抜、Thetisツアー選抜の3チームで対抗戦を行いました。どの試合もとても白熱していて、見応えのある試合だったと思います。各選抜チーム、一人一人の技術が高く、とても勉強になりました。
今回このような形で、選抜チームの活動を実施していただけたこと、夢フィールドという素晴らしい施設でビーチサッカーを楽しめたこと、心から感謝します。女子ビーチサッカーの大きな一歩だと感じて、今後も更なるビーチサッカーの普及活動に取り組んでいくとともに、自分自身も日々成長できるように頑張りたいと改めて思いました。
今回、この活動を実施するにあたり、ご尽力いただいた関係者の皆様、運営サポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー