btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2015年 > 最新ニュース一覧 > FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 準々決勝イタリア戦、惜しくも一点差で敗れ、大会を終える

ニュース

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 準々決勝イタリア戦、惜しくも一点差で敗れ、大会を終える

2015年07月17日

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 準々決勝イタリア戦、惜しくも一点差で敗れ、大会を終える

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 準々決勝
2015年7月16日(木) キックオフ 17:00    試合時間 12分×3ピリオド
Espinho Stadium(ポルトガル/エスピーニョ)

ビーチサッカー日本代表    2-3(1st 1-1、2nd 0-1、3rd 1-1)  ビーチサッカーイタリア代表

得点
1分     茂怜羅オズ(日本)
12分 失点(イタリア)
22分   失点(イタリア)
26分   後藤崇介(日本)
35分   失点(イタリア)

スターティングメンバー
GK:照喜名辰吾
FP:原口翔太郎、田畑輝樹、茂怜羅オズ、後藤崇介

サブメンバー
GK:宜野座寛也
FP:赤熊卓弥、尾田博文、牧野真二、松尾那緒弥、大場崇晃、山内悠誠

マッチレポート

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 準々決勝イタリア戦、勝てば2005年リオデジャネイロ大会以来10年ぶりのベスト4進出となるこの試合、日本のスターティングメンバーに名を連ねたのはこれまでの試合と同じく、照喜名辰吾、原口翔太郎、田畑輝樹、茂怜羅オズ、後藤崇介の5人。試合前のミーティングで、マルセロ監督から「自分たちに自信をもって、常に冷静にいつものプレーをすれば必ず勝てる」という言葉を受けた選手たちは、集中した表情でキックオフをむかえました。

第1ピリオド開始20秒、キャプテンである茂怜羅オズ選手が今大会初ゴールとなるミドルシュートを決め、チームに勢いを与えます。先制後も、手を緩めることなく、果敢にゴールを狙っていきますが、追加点はなかなか奪えません。一方、イタリアにも再三チャンスを作られますが、GK照喜名選手が好セーブを連発。しかし、第1ピリオド終了間際に同点に追いつかれ、1-1でこのピリオドを終えます。

第2ピリオドは、お互いに球際で激しくぶつかりあう場面が増え、両チームとも追加点を狙っていく展開が続きます。このピリオドの中盤からは、徐々に日本がボールを支配する時間が増えていきますが、10分にピッチ中央から一瞬のスキを突かれ、鮮やかなボレーシュートを決められ、逆転されてしまいます。

最終ピリオド開始2分、負けられない日本は、ゴール左前で後藤選手がファールを受けると、自ら直接FKを決め、2-2の同点とし試合を降り出しに戻します。その後も互いにシュートを打ち合う展開が続きましたが、試合終了2分前、イタリアのカウンターから失点を喫し、残り時間僅かな状況で2-3と1点を追いかける展開に。日本は同点ゴールを狙いますが無情にもタイムアップのホイッスルが鳴り、前回大会に続き2大会連続で準々決勝敗退となってしまいました。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス監督
今日の試合を終えて、まずはこのチームの監督であることをとても誇りに思います。結果は、望んでいたものではありませんでしたが、選手たちは皆全力でプレーしていました。試合の結果は、ほんの僅かなミスから決まってしまいました。

第1ピリオドからとても良い流れで試合を進めることができていましたが、残り1分を切ったところでディフェンスのミスから失点を許してしまいました。第2ピリオドでも、殆どの時間を自分たちが、優勢に進めていたと思います。イタリアに2点目を奪われた後、同点に追いついた時には、このまま勝てると思っていました。しかし、最終ピリオドの最後の最後に相手に追加点を許してしまいました。自分が監督になってから、日本代表は確実にどんな相手にでも怯えずに、戦えるチームになったと思います。実際に今大会では、アルゼンチン、セネガルを破り、ポルトガル相手にも良い試合をしました。今回、ワールドカップの経験が浅い選手や、初めての選手がいる中で、チームは善戦したと思います。これからも、一歩ずつチームとして成長していき、2年後のバハマ大会では、さらに良い結果を残したいと思います。

茂怜羅オズ 選手(東京レキオスBS)
今日の試合を振り返ると、まずは本当に悔しい気持ちで一杯です。現地まで応援に来てくださった方や、日本から応援してくれていた方に申し訳ない気持ちで一杯です。この悔しさを忘れずに、日本に帰ってからまた次のワールドカップに向けて頑張っていきたいと思います。今回は、ベスト8で負けてしまいましたが、自分の夢であるワールドカップ優勝という目標はまだ終わっていないです。チームメイトたちと、また一から目標に向かって日々努力をしていきたいと思います。

照喜名辰吾 選手(ソーマプライア)
今回のワールドカップもまた、前回大会同様に準々決勝での敗退となってしまいました。2大会連続でここで負けてしまい、改めてベスト4の壁を超えることは難しいのだと実感しました。グループリーグを突破した後、2日間イタリア戦に向けて守り方や攻め方をしっかりと準備して試合に臨みました。今日の試合では、序盤にうまく流れをつかみ、相手の特徴を消すことができていたと思います。しかし、最終的には、個々の力の差が出てしまったのだと思います。ベスト4に行くためには、まだ何かが足りないのだと実感させられる大会になりました。2年後のワールドカップに向けて、今から個々の技術、経験値、状況判断能力等、今回イタリアが日本より長けていた部分を高めていきたいと思います。

松尾那緒弥 選手(プラシア山口)
自分にとって2回目のワールドカップも準々決勝敗退で終わってしまいました。世界一を目標にやってきたので、非常に悔しい気持ちで一杯です。また、2年後にこの大会に戻ってこれるよう、日本に戻ってからレベルアップを図り、再チャレンジしたいと思います。ビーチサッカーという競技の世界最高峰の大会で世界一へのチャレンジができたことは、自分にとってすごく良い経験になりました。たくさんの応援して下さった方たちへ、感謝の気持ちを忘れずに、またトレーニングに精進したいと思います。 

スケジュール

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015™
7月9日(木) 2-4 グループステージ vsポルトガル (Espinho Stadium)
7月10日(金) PM トレーニング (Espinho)
7月11日(土) 4-3 グループステージ vsアルゼンチン (Espinho Stadium)
7月12日(日) 12:00 トレーニング (Espinho)
7月13日(月) 4-3 グループステージ vsセネガル (Espinho Stadium)
7月14日(火) TBC トレーニング (Espinho)
7月15日(水) 12:00 公式トレーニング (Espinho)
7月16日(木) 2-3 準々決勝 vs イタリア (Espinho Stadium)

※時間はすべて現地時間です。

FIFAビーチサッカーワールドカップにおける日本の過去の戦績

開催年開催地日本の成績
1 2005  ブラジル/リオデジャネイロ 4位
2 2006 ブラジル/リオデジャネイロ ベスト8
3 2007 ブラジル/リオデジャネイロ グループステージ敗退(4位)
4 2008 フランス/マルセイユ グループステージ敗退(4位)
5 2009 UAE/ドバイ ベスト8
6 2011 イタリア/ラベンナ グループステージ敗退(4位)
7 2013 タヒチ ベスト8

過去7回出場/26試合6勝2分18敗/71得点113失点

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

Official Partner

Official Supplier

Supporting Companies

JFA.jp SITEMAP