btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2015年 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表、強豪アルゼンチンに競り勝ち、グループリーグ突破へ大きく前進

ニュース

ビーチサッカー日本代表、強豪アルゼンチンに競り勝ち、グループリーグ突破へ大きく前進

2015年07月12日

ビーチサッカー日本代表、強豪アルゼンチンに競り勝ち、グループリーグ突破へ大きく前進

FIFAビーチサッカーワールドカップ ポルトガル2015   グループステージ第2戦
2015年7月11日(土) キックオフ 16:00    試合時間 12分×3ピリオド
Espinho Stadium(ポルトガル/エスピーニョ)

ビーチサッカー日本代表    4-3 (1st 0-1, 2nd 4-1, 3rd 0-1)   ビーチサッカーアルゼンチン代表

得点
2分     失点(アルゼンチン)
15分   後藤崇介(日本)
16分   松尾那緒弥(日本)
21分   失点(アルゼンチン)
21分   後藤崇介(日本)
24分   大場崇晃(日本)
32分   失点(アルゼンチン)

スターティングメンバー
GK: 照喜名辰吾
FP: 原口翔太郎、田畑輝樹、茂怜羅オズ、後藤崇介

サブメンバー
GK: 宜野座寛也
FP: 赤熊卓弥、尾田博文、牧野真二、松尾那緒弥、大場崇晃、山内悠誠

マッチレポート

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015初戦ポルトガル戦を落とした日本は、初戦でセネガルを破ったアルゼンチンとの対戦、グループステージ突破に向けて絶対に負けられない試合となりました。日本-アルゼンチンの試合前に行われた、同グループ、ポルトガル対セネガル戦でセネガルが勝利した為、アルゼンチンは、日本に勝利すれば早くもグループステージ突破を決められる試合となりました。また、奇しくもアルゼンチンは、今年1月の南米遠征時に、相手のホームで2試合を行い2戦2敗した相手です。

日本のスタメンは、初戦と同じ5人で試合をスタートしました。
第1ピリオドキックオフ直後から、お互いにシュートを打ち合いますが、共にゴールは奪えません。

開始2分、中央で相手にFKを与えてしまい、それを直接決められ、初戦ポルトガル戦と同じ形で先制点を与えてしまいます。失点後、落ち着きを見せた日本は、ボールをキープする時間が増え、チャンスを作りますが、相手の固い守りを崩せず、そのまま0-1で第1ピリオドを終えます。

第2ピリオド、序盤から日本が試合の主導権を握り、15分にゴール前でオーバーヘッドを試みた後藤崇介選手がFKを得ると、これをゴール左にしっかりと決め、同点に追いつきます。さらにその2分後には、茂怜羅オズ選手が浮き球のパスを、相手ディフェンダーとGKの間に上手く通すと、松尾那緒弥選手が倒れこみながら、頭で合わせ2試合連続ゴールを奪い、逆転に成功します。21分には、相手に再び同点となるゴールを決められるも、その直後のキックオフから、茂怜羅オズ選手からの絶妙なタイミングで出されたパスから、後藤崇介選手が左足のボレーシュートを決め、リードを奪います。第2ピリオド終了前には、GK照喜名選手からのスローイングを、後藤崇介選手がダイレクトでつなぎ、最後は大場崇晃選手が決め、このピリオドに一気に4得点しリードをさらに広げます。

最終ピリオドは、お互い一歩も譲らずプレーしますが、意地を見せたアルゼンチンが、32分に一点を返します。しかし、その後、何度かチャンスを与えるも、粘り強く最後まで守り切った日本が4-3で第2戦目にして、大会初勝利を飾りました。

この試合の結果を受け、日本がいるグループAは、4チーム全てが1勝1敗で並ぶ混戦状況となりました。

日本の次の試合は、7月13日(月)16:00(現地時間)、※日本時間:7月14日(火)0:00 からグループステージ突破をかけて、セネガル代表との大一番をむかえます。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス監督
今日の試合は、0-1とビハインドの状況の中でも、選手たちはみな落ち着いて自分たちのプレーをしていました。その結果が勝利に繋がりとても嬉しく思います。アルゼンチンは、とてもオーガナイズされたチームだったので、常に集中を切らさずに、作戦通りにプレーする事が重要でした。4-2とリードを奪った後は、何度も点差を広げられるチャンスがあったのですが、決めきれませんでした。その結果、相手に1点差まで詰められましたが、最後まで集中して守り切れたので、結果には満足しています。次のセネガル戦にも、集中して臨み、良い結果を残し、グループステージを突破したいと思います。

田畑輝樹 選手(東京レキオスBS)
今日は、とにかく負けられない試合だったので、勝利出来て良かったです。試合立ち上がりからみんな集中していて、攻守ともに自分たちが狙っていた形を上手く作れていたと思います。初戦ポルトガルに負けた後も、みんな下を向かずに前向きに自分たちのプレーが出来た事が勝因だと思います。ただ、次の試合に勝利しないと意味が無いので、またチーム一丸となり、セネガルに勝利して、ノックアウトステージ進出を目指したいと思います。

後藤崇介 選手(東京レキオスBS)
今日の試合の中で感じたことは、自分たちのミスで試合を難しくしていた時間帯が多かったと思います。もっとシンプルにプレーすれば、もっと良い形が作れて良い結果に繋がると思います。個人的には、2ゴールをあげましたが、チームメイトが良いボールを自分に回してくれたおかげだと思います。どんどんコンディショニングも上がってきているので、引き続きみんなの為にプレーし、ゴールを決めて、次のセネガル戦も必ず勝ちたいと思います。

スケジュール

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015™
7月9日(木) 2-4 グループステージ vsポルトガル (Espinho Stadium)
7月10日(金) PM トレーニング (Espinho)
7月11日(土) 4-3 グループステージ vsアルゼンチン (Espinho Stadium)
7月12日(日) 12:00 トレーニング (Espinho)
7月13日(月) 16:00 グループステージ vsセネガル (Espinho Stadium)
7月14日(火) TBC トレーニング (Espinho)
7月15日(水) 12:00 公式トレーニング (Espinho)
7月16日(木) 15:30 <グループステージ1位突破の場合>
準々決勝 vs グループB2位 (Espinho Stadium)
7月17日(金) 12:00 トレーニング (Espinho)
7月18日(土) 18:30 <グループステージ1位突破の場合>
準決勝 (Espinho Stadium)
7月19日(日) 17:00
18:30
3/4位決定戦 (Espinho Stadium)
決勝 (Espinho Stadium)
7月20日(月) TBC 未定
7月21日(火) TBC 未定

※時間はすべて現地時間です。

FIFAビーチサッカーワールドカップにおける日本の過去の戦績

開催年開催地日本の成績
1 2005  ブラジル/リオデジャネイロ 4位
2 2006 ブラジル/リオデジャネイロ ベスト8
3 2007 ブラジル/リオデジャネイロ グループステージ敗退(4位)
4 2008 フランス/マルセイユ グループステージ敗退(4位)
5 2009 UAE/ドバイ ベスト8
6 2011 イタリア/ラベンナ グループステージ敗退(4位)
7 2013 タヒチ ベスト8

過去7回出場/26試合6勝2分18敗/71得点113失点

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015™

2015年7月9日(木)~7月19日(日)
グループステージ第3戦
日本時間:7月14日(火) 00:00キックオフ(予定)
ビーチサッカー日本代表 vs ビーチサッカーセネガル代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP