btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2015年 > FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 > 最新ニュース一覧 > FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 グループステージ第3戦に勝利し、グループ2位でノックアウトステージ進出を決める!

ニュース

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 グループステージ第3戦に勝利し、グループ2位でノックアウトステージ進出を決める!

2015年07月14日

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 グループステージ第3戦に勝利し、グループ2位でノックアウトステージ進出を決める!

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015 グループステージ第3戦
2015年7月13日(月)キックオフ 16:00 試合時間 12分×3ピリオド
Espinho Stadium(ポルトガル/エスピーニョ)

ビーチサッカー日本代表 4-3(1st 2-0, 2nd 2-0, 3rd 0-3)ビーチサッカーセネガル代表

得点
1分 後藤崇介(日本)
10分 田畑輝樹(日本)
16分 松尾那緒弥(日本)
21分 赤熊卓弥(日本)
33分 失点(セネガル)
34分 失点(セネガル)
36分 失点(セネガル)

スターティングメンバー
GK:照喜名辰吾
FP:原口翔太郎、田畑輝樹、茂怜羅オズ、後藤崇介

サブメンバー
GK:宜野座寛也
FP:赤熊卓弥、尾田博文、牧野真二、松尾那緒弥、大場崇晃、山内悠誠

マッチレポート

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015グループステージ突破を懸けた対セネガル戦。日本対セネガルの試合前に行われた、同グループのポルトガル対アルゼンチン戦でポルトガルが勝利したため、日本がセネガルに勝利すれば、グループステージ2位通過が決まる中でキックオフを迎えました。日本のスターターは、3戦連続で、ここまで安定したプレーを見せている5名で始まりました。

第1ピリオド開始1分、後藤崇介選手がゴール前でファールを受けて得たゴール正面からのFKをしっかりと決め、日本が先制点をあげます。ここまで2試合連続で相手に先制点を奪われていた日本にとっては、とても良い出だしとなりました。その後は、セネガルの独特なリズムの中からピッチのどこからでもシュートを狙ってくるスタイルに何度か危ないシーンを迎えるも、日本は照喜名辰吾選手の再三のセーブで失点を許しません。10分には、田畑輝樹選手がゴール前から放ったFKが、一度は相手GKにセーブされるも、弾いたボールを再び田畑選手が押し込み、2点のリードを奪って第1ピリオドを終えます。

第2ピリオド、安定した守備から追加点を狙った日本は、16分に松尾那緒弥選手のハーフラインからの華麗なループシュートで3点目。21分には、牧野真二選手のパスをゴール横で受けた赤熊卓弥選手がすばやく反転しながらのシュートで4点目を奪い、第2ピリオド終了時点で4-0とリードします。

最終ピリオド序盤、試合のリズムを完全に掴んだ日本は、選手同士が短い距離でパスをつなぐ、自分たちが得意とした形でさらなる追加点を狙い続けるも、33分にパスミスから相手にボールを奪われ、失点を許します。この失点で、集中力を切らしたのか、立て続けに2ゴールを奪われ、残り時間わずかの状況で一点差まで詰め寄られてしまいます。しかし、勝ちたい気持ちで上回った日本が、最後までリードを守りきり、4-3で試合終了。グループステージ2位で、準々決勝進出を決めました。

日本の次戦の相手はBグループを1位で通過したイタリア代表。7月16日(木)17:00(現地時間/日本時間は17日(金)1:00) キックオフで、ベスト4を目指して戦います。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス 監督
グループリーグを突破して、準々決勝進出を決められたことをとても嬉しく思います。選手たちは、ほぼ完璧な試合をしました。最終ピリオドの残り時間わずかのところで、立て続けに失点をしましたが、それでも試合に勝ち切ることが出来ました。次のイタリア戦に向けて、まずは選手たちをゆっくり休めて、重要な試合に向けて準備をして行きたいと思います。

田畑輝樹 選手(東京レキオスBS)
まずは、グループリーグを突破することが出来て良かったです。今日はチームとしてやろうとしていることが出来ていたので、良い試合になったと思います。しかし、最後の数分で3失点してしまったので、次の試合では、終了のホイッスルが鳴るまで集中して試合に臨みたいと思います。次の試合までに2日間あくので、しっかりと良い準備をしたいです。個人的にはここ最近得点をとれていなかったので、今日の試合でゴールを決め、チームの勝利に貢献出来たことも良かったです。

茂怜羅オズ 選手(東京レキオスBS)
グループリーグ突破が懸かった試合に勝利する事が出来て、本当に良かったです。試合前のミーティングでマルセロ監督から指示があったことを、選手全員がしっかりと理解し、試合の中で実践出来たことが結果に繋がったと思います。試合が始まってすぐに先制点を奪えたので、そこから自分たちのペースで試合を進めることが出来ました。今の日本代表は、チームワークが非常に良く、12人どの選手が出てもみんなが同じプレーを出せる事がこのチームの強みだと思います。次のイタリア戦でも、自分たちのストロングポイントを活かして、結果を残したいです。

大場崇晃 選手(ドルソーレ北九州 )
今日の大事なグループリーグ突破がかかった試合で勝利し、次につながったのでまずは素直に嬉しいです。グループリーグ3試合を振り返って、タイプの異なる3チームを相手に自分たちの戦い方を貫いてプレーし、2勝出来たことは自分達の自信につながると思います。今回、アジア予選とはまた違ったワールドカップ独特の雰囲気を味わえているのは、自分の成長にとってもとても良いと思います。もちろん目標は優勝ですが、まずは目の前の相手であるイタリア戦に勝利したいです。イタリアは、グループリーグで対戦した3チームとはまた異なるチームですが、監督の指示のもとプレーすれば、勝利できると信じています。FIFAビーチサッカーワールドカップ第1回大会以来のベスト4を目指したいです。

スケジュール

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015™
7月9日(木) 2-4 グループステージ vsポルトガル (Espinho Stadium)
7月10日(金) PM トレーニング (Espinho)
7月11日(土) 4-3 グループステージ vsアルゼンチン (Espinho Stadium)
7月12日(日) 12:00 トレーニング (Espinho)
7月13日(月) 4-3 グループステージ vsセネガル (Espinho Stadium)
7月14日(火) TBC トレーニング (Espinho)
7月15日(水) 12:00 公式トレーニング (Espinho)
7月16日(木) 17:00 準々決勝 vs イタリア (Espinho Stadium)
7月17日(金) 12:00 トレーニング (Espinho)
7月18日(土) 17:00 準決勝 (Espinho Stadium)
7月19日(日) 17:00
18:30
3/4位決定戦 (Espinho Stadium)
決勝 (Espinho Stadium)
7月20日(月) TBC 未定
7月21日(火) TBC 未定

※時間はすべて現地時間です。

FIFAビーチサッカーワールドカップにおける日本の過去の戦績

開催年開催地日本の成績
1 2005  ブラジル/リオデジャネイロ 4位
2 2006 ブラジル/リオデジャネイロ ベスト8
3 2007 ブラジル/リオデジャネイロ グループステージ敗退(4位)
4 2008 フランス/マルセイユ グループステージ敗退(4位)
5 2009 UAE/ドバイ ベスト8
6 2011 イタリア/ラベンナ グループステージ敗退(4位)
7 2013 タヒチ ベスト8

過去7回出場/26試合6勝2分18敗/71得点113失点

FIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015™

2015年7月9日(木)~7月19日(日)
準々決勝
日本時間:7月17日(金) 1:00キックオフ(予定)
ビーチサッカー日本代表 vs ビーチサッカーイタリア代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP