JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > FIFA女子ワールドカップフランス 2019 TOP > 最新ニュース一覧 > 大会初戦、アルゼンチンとスコアレスで引き分ける ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

ニュース

大会初戦、アルゼンチンとスコアレスで引き分ける ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

2019年06月11日

大会初戦、アルゼンチンとスコアレスで引き分ける ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

なでしこジャパンは10日(月)、FIFA女子ワールドカップフランス2019の初戦となるアルゼンチン戦を迎えました。

快晴に恵まれた試合会場のパルク・デ・プランスにアナウンスされた日本のスタメンは、GKに山下杏也加選手、DFにはキャプテンの熊谷紗希選手と南萌華選手のセンターバックと、左に鮫島彩選手、右に清水梨紗選手を配置。中盤の底に杉田妃和選手と三浦成美選手を並べ、左の長谷川唯選手と右の中島依美選手、そして菅澤優衣香選手と横山久美選手のツートップが攻撃を担います。

試合は18時にアルゼンチンのキックオフで開始。直後はアルゼンチンがロングキックで押し込む時間があったものの、すぐに日本が主導権を握ります。前線からの守備でアルゼンチンに自由を与えず、高い位置でボールを奪って攻撃に転じます。9分、10分と立て続けにサイドを突破してゴール前の菅澤選手にチャンスが訪れますがゴールネットを揺らすことはできません。その後も横山選手のドリブルや三浦選手のミドルシュートでアルゼンチンゴールに迫りますが決定力を欠いて得点には至りません。一方で守備陣は熊谷選手と南選手のセンターバックを中心にアルゼンチンのツートップを完璧に押さえ込み、チャンスを与えません。お互いに決め手に欠き、スコアレスのまま前半が終了、後半に突入します。

ゴールを奪うために攻撃を強める日本は50分、横山選手の意表を突くミドルシュートを相手GKが弾いたところに菅澤選手が詰めますがシュートはバーを越えます。52分にも横山選手のチャンスメイクから、清水選手のクロスに飛び込んだ杉田選手がスルー、その後ろに走り込んだ長谷川選手がシュートを打つもこれは枠を外れて惜しいチャンスを逃します。流れを変えたい日本は、岩渕真奈選手と遠藤純選手を投入してチャンスを伺いますが、アルゼンチンの体を張った守備の前になかなか決定機を作ることができないまま時計が進みます。

発表されたこの日の来場者数は25,055人。多くの選手が経験したことがない数の注目を浴びる中での試合となりました。89分には宝田沙織選手が代表戦デビューを飾り、4分のアディショナルタイムで勝利に導くことが期待されましたが、日本は最後まで決定機を作れず、試合はそのまま0-0のスコアレスで終了しました。

初戦で勝点1を取った日本は、14日(金)15時(日本時間22時)第2戦スコットランド戦に臨みます。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
勝ち点3を取りたいという強い気持ちを持って試合に入りましたが、アルゼンチンが引き気味のポジションでゴール前を固めてくる中で、特に前半はゴールに向かうパワーと言いますか、人がいることでそこに入っていくことを恐れていました。それでは点を取ることはできませんし、積極的にゴールを目指そうということをハーフタイムに話しました。後半はゴールに向かうパワーは増したかなと思いますが、最後まで変化をつけられず、相手のリズムで試合をしてしまったと思います。ワールドカップはランキング通りにいく大会ではありませんし、初戦の難しさを考えれば、勝ち点1を取れたことをポジティイブに捉えて、次の試合に向かっていくだけです。

GK #18  山下杏也加 選手(日テレ・ベレーザ)
今日の試合は融合的なポゼッションができず、この結果を招いてしまったと思います。相手のボールに食いついて、逆サイドを空けられたのですが、そこをうまく使えず、難しいパスを選択したり、出し手と受け手のアイデアが足りなかったかなと思います。スコットランドが今日の試合を見ていれば、プレッシャーも少なく、自信を持って臨んでくると思います。そこは自分たちが招いた結果なので、決勝ラウンドに進むために絶対に勝たないといけない次の試合で、自分たちがどう責任を持って戦えるかが一番大事だと思います。

FW #13 宝田沙織 選手(セレッソ大阪堺レディース)
初めてのワールドカップで、監督に名前を呼ばれた時は嬉しかったです。思ったより緊張はしなくて、リラックスして入ることができました。ピッチに入る前、監督には「残り時間が少ないので、最後はシュートを思い切り打って終わって」と言われました。初戦は引き分けてしまいましたが、勝ち点1を取れたことは悪くないと思います。次のスコットランド戦ではゴールという結果を出したいですし、少ない時間でもシュートをたくさん打ってチームの勝利に貢献したいです。

スケジュール

なでしこジャパン(日本女子代表)のスケジュールはこちら

FIFA女子ワールドカップフランス 2019

大会期間:2019年6月7日(金)~2019年7月7日(日)

グループステージ:
2019/6/11(火) 01:00キックオフ(日本時間)
vs アルゼンチン代表

2019/6/14(金) 22:00キックオフ(日本時間)
vs スコットランド代表

2019/6/20(木) 04:00キックオフ(日本時間)
vs イングランド代表

TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー