JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、イングランド女子代表戦に向け2部練習を実施

ニュース

なでしこジャパン、イングランド女子代表戦に向け2部練習を実施

2022年11月10日

なでしこジャパン、イングランド女子代表戦に向け2部練習を実施

スペインへ遠征中のなでしこジャパン(日本女子代表)は11月9日(水)、イングランド女子代表との国際親善試合を2日後に控え2部練習を行いました。

前夜に全選手がスペイン・ムルシアへ到着し、この日から全員揃ってのトレーニングとなったチームは、気温20度を超える温かい天候の中で1日をスタートさせました。午前の練習開始前には初招集の大場朱羽選手に、JFAアカデミー福島の先輩にあたる遠藤純選手が声を掛け緊張をほぐす場面も見られるなど、チームには明るい空気感が漂います。練習はステップワークから始まり、ポゼッションや11対11での攻撃面での確認などを行い、その後はオフェンスとディフェンスの2グループに分かれ、オフェンス組とGKはクロスからのシュート練習を、ディフェンス組はサイドや低い位置からゴール前へ放り込まれるボールへの対応の練習に取り組みました。昼食を挟んで行われた午後練習は、スプリントやジャンプを含んだウォーミングアップからフィールドプレーヤーは6対4のポゼッションゲームを、GKの3選手はディフレクションを含んだシュートへの対応を行い、その後11対11で守備時におけるチームの共通理解の再確認、そしてフルピッチでのゲームをこなしました。ゲームは選手の組み合わせをさまざまに変えながら進行し、その中でも藤野あおば選手が鋭い突破からゴールやアシストを決め、また猶本光選手や植木理子選手が激しくボールを奪いにいくなど、選手それぞれに欧州チャンピオンとの対戦に出場意欲を見せました。

短い準備期間の中で午前、午後ともにトレーニングを行い、密度の濃い時間を過ごしたチームは、翌日10日(木)午後に公式練習を行い、11日(金)20:00キックオフでイングランド女子代表との試合に臨みます。日本でのTV放送は12日(土)11:00(日本時間)より、NHK BS1で録画中継予定です。

選手コメント

DF #22 清家貴子 選手(三菱重工浦和レッズレディース)
代表チームの選手としてこれほどの強豪国と対戦するのは個人的に初めてなので、その中で自分の良さをどれだけ出せるかにトライしていきたいです。国内だとスピードで突破するプレーなど、強さや速さを生かせていると思いますが、それだけでは海外の選手相手だと難しいところがあると思っています。タイミングや連係の部分でうまく相手の逆を取りながら、そこに自分の良さであるスピードや強さを上乗せして出していきたいです。
ワールドカップに向けて、チームの戦術理解をみんなでフィットさせていかなければいけませんし、その中で自分自身のアピールをしていくためにも、他の選手に負けないずばぬけたものを見せたいと思っています。大会に入ると対戦相手も普段の親善試合の雰囲気から一段階も二段階もギアを上げて別の姿を見せてくると思うので、そこに向けて自分たちは目の前の1試合、1試合をしっかり戦って準備していきたいです。

MF #15 杉田妃和 選手(ポートランド・ソーンズFC/アメリカ)
ここまでレベルの高い2チームと戦えることはめったに無かったので、自分自身すごく楽しみですし、チームとしてもワールドカップ本番に向けて、相手をイメージできる機会になると思います。チームとして良いテンションで臨んで、良い面も悪い面も明確にして修正していきたいです。
10月に続いて新しいことにも取り組んでいる中で、ミーティングで見た映像を実際にプレーしてみる難しさを感じるところもありますが、チームとしての理想がある中で場面、場面で自分がどうしなければいけないかを判断できるように、しっかり理解していきたいです。
今年はアメリカでプレーして、サイドやウイングバックも経験して、色々なポジションで考えながらプレーすることが増えました。そうして幅広く自分で感じ取りながらプレーできることは自分の強みですし、戦う相手に対して嫌がられるプレーを選べるようになったと思います。チームの中でも周りの選手に合わせてプレーをして、味方のプレーとプレーをつなぐようなことができたらと思います。

MF #20 北村菜々美 選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
10月に続いて参加していますが、まだこのチームになってから個人的には2回目の活動なので、まずはチームの中にもっと入っていけるように頑張りたいと思います。今回久しぶりに一緒にプレーする選手もいますし、たくさん声を掛け合って、コミュニケーションを取り合ってやっていきたいです。
サイドでプレーするにあたって、自分は攻撃の選手なので、チームとして逆サイドから攻め上がっている時も自分がゴール前まで入っていくようなプレーを見せたいですし、もちろん自分でもたくさんクロスを上げて、攻撃に関わる回数を増やしていきたいです。そういったプレーが来年のワールドカップに向けての自分のアピールポイントになりますし、そこを色々な人に見てほしいと思います。

国際親善試合

2022年11月11日(金) 20:00キックオフ予定(現地時間) ※日本時間12日(土) 4:00 vs イングランド女子代表
会場:Pinatar Arena(スペイン/ムルシア)

大会情報はこちら

2022年11月15日(火) 20:00キックオフ予定(現地時間) ※日本時間16日(水) 4:00 vs スペイン女子代表
会場:Estadio La Cartuja(スペイン/セビージャ)

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー