JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > 強豪カナダに快勝し、オリンピックに向け好発進 ~なでしこジャパン国際親善試合 カナダ女子代表戦

ニュース

強豪カナダに快勝し、オリンピックに向け好発進 ~なでしこジャパン国際親善試合 カナダ女子代表戦

2019年10月07日

強豪カナダに快勝し、オリンピックに向け好発進 ~なでしこジャパン国際親善試合 カナダ女子代表戦

なでしこジャパン(日本女子代表)は6日(日)、IAIスタジアム日本平でカナダ女子代表との国際親善試合に臨みました。

FIFA女子ワールドカップフランス2019以来、初の試合を迎えたなでしこジャパンは、ピンクの2023年女子ワールドカップ招致PRシャツを着て入場。ユニフォームのネーム、背番号もピンクという特別仕様で、FIFAランキング7位(9月27日発表)の強豪カナダに挑みました。

ワールドカップを戦ったキャプテンDF熊谷紗希選手、MF中島依美選手、FW菅澤優衣香選手らが先発した日本は、立ち上がりから素早くボールを回します。すると6分、中島選手のアシストからFW岩渕真奈選手が先制点を奪いました。

その後も日本は手を緩めることなく攻撃を仕掛け、カナダのエースFWクリスティーヌ・シンクレア選手に対しては、日本守備陣がしっかりケアしながら試合を進めます。

42分には、MF三浦成美選手が相手選手と接触した影響で途中交代となりましたが、代わって出場したMF籾木結花選手も攻撃のリズムをつくっていきました。

反撃を試みるカナダは、56分にシンクレア選手がシュートを放ちましたが、GK山下杏也加選手がセーブ。63分にFW遠藤純選手が途中出場すると、日本攻撃陣は再び勢いを取り戻し、65分にMF長谷川唯選手が狙ったシュートをGKステファニー・ラベー選手が弾くと、籾木選手が右足で押し込んで日本が2-0のリード。その7分後には、岩渕選手の横パスを受けた長谷川選手が決め3-0としました。

終盤にも途中出場選手の活躍は続きます。92分、FW田中美南選手が放ったシュートのこぼれ球を、今度はFW小林里歌子選手が押し込んで4-0。なでしこジャパンは、来年の東京オリンピックに向けて好スタートを切りました。

試合詳細はこちら

試合後、日本選手・スタッフは、2023年女子ワールドカップ招致PRのバナーを手に、8,123人が集まったスタジアムを一周。ピンクのアイテムを身に着けてチームを後押ししてくれたサポーターの声援に応えました。

なでしこジャパンは、7日(月)にカナダとのトレーニングマッチ(一般非公開)を経て、今回の活動を終えます。

監督・選手コメント

なでしこジャパン 高倉麻子 監督
「スタジアムをピンクに染めてなでしこジャパンを応援しよう!」キャンペーンのもと、ピンクのものを身につけるなど、たくさんの方に応援いただいたことに感謝します。4-0は完勝に見えますが、内容ではちょっともたついた時間やミスが多く見られました。世界のトップに立つと考えた時には、まだプレーの細かい修正はできると思います。ただ選手たちは強い気持ちで戦ってくれましたし、修正すべきところは今後伸びていけるところと理解し、これからも1日1日を大切に成長していきたいです。

DF #16 宮川麻都 選手(日テレ・ベレーザ)
緊張せずに試合に入ることができました。自分が得意とするビルドアップや積極的な攻撃参加はできたと思いますが、多くクロスを上げることなど、もっとできることはあったとも思います。ワールドカップに出られなかった悔しさを感じて、日本に帰国してからチームで自分に足りなかったものを見つめてきたつもりです。まだまだ課題はありますが、あの悔しさを今日につなげることができたと思います。

MF #10 籾木結花 選手(日テレ・ベレーザ)
(得点シーンは)こぼれ球を狙っていたので決め切れたのはうれしいですし、自信になる反面、自分で前に運んでコンビネーションでゴールを奪い切るところは、まだ課題としてあると思います。自分が背番号10にふさわしいかは分かりませんが、やるべきことは変わりません。自分に矢印を向けてこれからもプレーしていきます。代表メンバーはこれからも少しずつ代わっていくかもしれませんが、オリンピックに向けてチームにどう貢献できるか、考え続けていきたいです。

FW #8 岩渕真奈 選手(INAC神戸レオネッサ)
この1週間で準備したことは、ある程度出せたと思います。ただ前半にミスが多いと高倉監督が言っていた通り、自分たちでリズムを崩したところが多少ありました。今日はそれで失点することはなかったですが、そこをもう一度見直してさらに上を目指せたらいいと思います。それでもオリンピックへのいいリスタートでした。ここがゴールではないので、とにかく上を目指して、こういった試合を継続していきたいと思います。

スケジュール

日付時間内容一般公開
9月30日(月) 15:30 トレーニング(J-STEP 西グラウンド)
10月1日(火) 9:45 トレーニング(J-STEP 西グラウンド)※キャンセル  → ✕
15:30 トレーニング(J-STEP 西グラウンド)
10月2日(水) 9:45/15:30 トレーニング(J-STEP 西グラウンド)
10月3日(木) 9:45 トレーニング(J-STEP 西グラウンド)※キャンセル  → ✕
15:30 トレーニング(J-STEP 西グラウンド)
10月4日(金) 9:45 トレーニング(J-STEP 西グラウンド)※キャンセル  → ✕
15:30→15:00 トレーニング(J-STEP 西グラウンド)
10月5日(土) AM 公式練習・公式会見
10月6日(日) 4-0 国際親善試合 対カナダ女子代表
(IAIスタジアム日本平)
10月7日(月) PM トレーニングマッチ ×

国際親善試合

なでしこジャパン(日本女子代表)対 カナダ女子代表
開催日時:
2019年10月6日(日) 14:30キックオフ(予定)
会場:静岡/IAIスタジアム日本平

大会情報はこちら
チケット販売概要はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー