JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > 第17回アジア競技大会 なでしこジャパン、準決勝に3-0で勝利し決勝進出

ニュース

第17回アジア競技大会 なでしこジャパン、準決勝に3-0で勝利し決勝進出

2014年09月30日

第17回アジア競技大会 なでしこジャパン、準決勝に3-0で勝利し決勝進出

第17回アジア競技大会(2014/仁川)
2014年9月29日(月) 17:00キックオフ  試合時間90分
Incheon Football Stadium(韓国/仁川)

なでしこジャパン   3-0(前半1-0、後半2-0)  ベトナム女子代表

得点
24分   阪口夢穂(なでしこジャパン)
53分   長船加奈(なでしこジャパン)
74分   菅澤優衣香(なでしこジャパン)

スターティングメンバー
GK:山根恵里奈
DF:有吉佐織、北原佳奈、長船加奈、羽座妃粋
MF:阪口夢穂、中島依美、宮間あや、川澄奈穂美
FW:髙瀬愛実、増矢理花

サブメンバー
GK:海堀あゆみ
DF:岩清水梓、臼井理恵
MF:木龍七瀬、猶本光
FW:吉良知夏、菅澤優衣香

交代
HT 中島依美  → 吉良知夏
64分 髙瀬愛実 → 菅澤優衣香
74分 阪口夢穂 → 猶本光

マッチレポート

決勝進出をかけたベトナム女子代表との戦いは、霧雨のなかキックオフを迎えました。
試合序盤、ベトナムの早いアプローチもあり、日本はボールを持っているものの、なかなかおさまらない時間帯が続きます。それでも17分には前線でパスを受けた髙瀬選手が反転してシュート、また23分には羽座選手のクロスを高瀬選手が落として増矢選手がシュートを放つなど、攻める姿勢を見せます。

24分、コーナキックからこぼれてきたところ、宮間選手がゴール前にクロスを入れます。相手GKがこれを弾きますが、さらにこぼれたボールを阪口選手が落ち着いて決め、まずは先制点を得ます。その後、35分にはスルーパスに抜け出した有吉選手がGKと1対1になるもシュートは惜しくもGKに阻まれます。逆にベトナムは日本のボールを奪うと一気に前へと運びますが、日本の最終ラインを崩しきるまでにはいたりません。

後半、中島選手に替わって吉良選手がピッチへ、そのまま左サイドハーフに入ります。すると53分、コーナーキックから長船選手がダイナミックなヘディングを決め、2-0に。74分には、髙瀬選手に替わって途中出場した菅澤選手がコーナキックのチャンスを決めて3-0とします。このまま試合は終了し、日本は3大会連続の決勝進出を決めました。

他会場で行われた準決勝のもう一試合「韓国対朝鮮民主主義人民共和国戦」は、朝鮮民主主義人民共和国がアディショナルタイムに劇的ゴールを決め、試合を制しています。
アジア大会連覇を目標に挑む最後の試合、決勝 対 朝鮮民主主義人民共和国戦は、10月1日(水)20:00キックオフです。

 

コメント

佐々木則夫 監督
予想以上にベトナムのボールが取れなかったという反省点がありますが、選手たちはイメージ通りにやってくれましたし、次につながるゲームにしてくれました。攻撃面ではサイドからの仕掛けや縦へのパスなどいい部分も出ましたが、守備面においては、決勝戦に向けてコントール、パススピードともに質を上げ、さらに連携を取らなければいけません。いままで準備してきたことは変わりませんので、いかに金メダルを取るか、強い気持ちを持って挑みたいと思います。

阪口夢穂 選手(日テレ・ベレーザ)
点を取りたい気持ちはありましたが、たまたまです。ボールがいいところに来てくれました。宮間選手が蹴るいいボールをダイレクトで決めたいところで、なかなか得点に結び付けられずにいたので、こぼれ球でも決めることができてよかったです。
決勝戦まで中1日しかないので、いかに疲労を回復してやるかが大事になります。試合を重ねるごとにコンビネーションも良くなっていますし、誰が出てもいいように頑張ります。ただ決勝戦は相手のスピードが全然違うと思うので、最初は戸惑う部分があると思います。気を引き締めなおして臨みます。

菅澤優衣香 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
得点を決められたことは良かったですが、チャンスがあったなかで何回も外しているので、そこは改善したいです。新しい選手もいるなか、今までなでしこジャパンが築いてきたサッカーはまだまだできていません。決勝まで中1日。相手の怖いところをつぶして無失点でおさえ、そのなかでFWとして点を獲りたい。勝つだけですので、チーム一丸となって頑張ります。

なでしこジャパン マッチスケジュール

9月15日(月) 0-0 対 中国 Namdong Asiad Rugby Field
9月18日(木) 12-0 対 ヨルダン Namdong Asiad Rugby Field
9月22日(月) 3-0 対 チャイニーズタイペイ Munhak Stadium
9月26日(金) 9-0 準々決勝 対 香港 Hwaseong Sports Complex Main Stadium 
9月29日(月) 3-0 準決勝 対 ベトナム Incheon Football Stadium
10月1日(水) 20:00 決勝 対 朝鮮民主主義人民共和国 Munhak Stadium
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー